3列シートやワイドボディーも マツダがクロスオーバーSUV拡充計画を発表

2021.10.07 自動車ニュース

マツダは2021年10月7日、2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画を発表した。

同社は2022年から2023年にかけて、米国新工場で生産する「CX-50」や、ラージ商品群の「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」を新たに導入することで、商品ラインナップの拡充を図り、中長期におけるビジネスの安定的な成長を実現するという。

CX-50は、SUVらしい存在感やオフロード性能が求められる米国に、新たなラインナップの中核として導入する予定のクロスオーバーSUV。「マツダ3」や「CX-30」などと同じスモール商品群に属し、米国アラバマ州ハンツビル市に建設したトヨタ自動車との合弁新工場「Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc.(MTMUS)」で2022年1月に生産が開始される。

ラージ商品群のCX-60、CX-70、CX-80、CX-90は、既存モデルの「CX-5」やCX-50から上の幅広い価格帯に位置するモデルで、2つの異なるボディータイプと2列または3列のシートタイプを展開する。道路や駐車場が比較的狭い欧州や日本には、2列シートのCX-60と3列シートのCX-80を、より大きなサイズや存在感が求められる北米などの市場には、ワイドボディー2列シートのCX-70と3列シートのCX-90を供給。ミッドサイズクロスオーバーSUVのラインナップを充実させる計画だ。

2022年以降導入予定のクロスオーバーSUV商品群は以下の通り(国名・地域名は主な導入市場)。

【ラージ商品群】

  • CX-60(2列シート):欧州、日本、その他
  • CX-70(ワイドボディー2列シート):北米、その他
  • CX-80(3列シート):欧州、日本、その他
  • CX-90(ワイドボディー3列シート):北米、その他

【スモール商品群】

  • CX-50:米国

またマツダは、ラージ商品群では各国での電動化ロードマップに対応し、さまざまな電動化パワートレインの選択肢を提供していくという。

電動化が進む欧州においては、直列4気筒ガソリンエンジンとモーター駆動を組み合わせたプラグインハイブリッドを中心に、新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」やクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」を直列6気筒化し、48Vのマイルドハイブリッドシステムを組み合わせることで、出力性能と環境性能を高次元に両立させる。

よりハイパワーが求められる北米では、ターボチャージャー搭載の直列6気筒ガソリンエンジンに加えて、プラグインハイブリッドを展開。クリーンディーゼルエンジンの人気が根強い日本では、直列6気筒の「SKYACTIV-D」と48Vマイルドハイブリッドの組み合わせやプラグインハイブリッドなどの導入が予定されている。

これと並行して、マツダ初の量産EVである「MX-30」の拡販や、2022年前半からの、ロータリーエンジンを発電機として活用するマルチ電動化技術を搭載したモデルの導入計画は進められ、2025年ごろからはEV専用プラットフォームの商品群を展開する見通し。これら電動化モデルの市場展開を通して、2030年には生産するすべてのモデルの電動化を完了させるとしている。

(webCG)

※写真はイメージ(「マツダCX-30」のもの)。
※写真はイメージ(「マツダCX-30」のもの)。拡大

関連キーワード:
CX-30, CX-5, MX-30, マツダ, 自動車ニュース