クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

MINIクーパーSD 5ドア(FF/8AT)

うまくできている 2021.10.09 試乗記 いまや、MINIの基盤といえる「3ドア」以上の人気モデルに成長した「5ドア」。ディーゼルの上級モデル「クーパーSD」をロングドライブに連れ出し、2度目のマイナーチェンジで進化し磨きがかけられた個性と、支持を集めるその理由を探った。

現行MINIの売れ筋モデル

日本でBMW MINIが初めてお披露目されたのは、2001年秋の東京モーターショーである。「新しいMINI」も今年で早20年。古いBMCミニの半分の年齢に達したわけだ。

BMCミニの特徴を捉えて焼き直したデザインを初めて見たとき、こういうレトロデザインはモデルチェンジでどうするのだろうかと思った。でも、なんてことなかった。

2013年以来の現行MINIは英国流に言えばMkIIIに当たるが、イメージは最初から変わらない。中身を変えても、デザインはずっとキープコンセプト。そのため、BMW MINIはいまや日本全国どこへ行ってもいちばんよく見かける外車である。ここ20年間の国内販売台数はトータルで32万台以上を数える。

そのMINIのなかでも3ドア/5ドア/コンバーチブルにこのほどマイナーチェンジが施された。機構的に大きな変更はないが、フロントマスクの表情が変わり、新旧の見分けはつけやすい。試乗したのは5ドアのクーパーSD(車両本体価格427万円)である。

MINIに5ドアが加わったのは、ボディー全幅が全車1.7m超の3ナンバーになった現行3世代目からだが、MINIハッチバックの販売は5ドアが55%と、すでに3ドアを上回っているという。ディーゼルの比率も40%にのぼる。なかでも、5ドアのクーパーSDは現行MINIの売れ筋モデルである。

2度目のマイナーチェンジが行われたF55型「MINI 5ドア」。F56型「3ドア」やF57型「コンバーチブル」とともに、2021年5月に日本での販売が開始された。
2度目のマイナーチェンジが行われたF55型「MINI 5ドア」。F56型「3ドア」やF57型「コンバーチブル」とともに、2021年5月に日本での販売が開始された。拡大
今回の試乗車は、パワフルな直4ディーゼルエンジンを搭載する「クーパーSD 5ドア」。車両本体価格は427万円で、5ドアの最上級モデルに位置づけられている。
今回の試乗車は、パワフルな直4ディーゼルエンジンを搭載する「クーパーSD 5ドア」。車両本体価格は427万円で、5ドアの最上級モデルに位置づけられている。拡大
マイナーチェンジを機に、大きく変わったフロントフェイス。LEDヘッドランプが全車に標準装備され、グリル中央部がボディー同色となった。
マイナーチェンジを機に、大きく変わったフロントフェイス。LEDヘッドランプが全車に標準装備され、グリル中央部がボディー同色となった。拡大
コックピットの基本デザインはマイナーチェンジ前と同じだが、レザーステアリングホイールやタッチ式の8.8インチワイドカラーのセンターディスプレイが全車で標準装備となった。
コックピットの基本デザインはマイナーチェンジ前と同じだが、レザーステアリングホイールやタッチ式の8.8インチワイドカラーのセンターディスプレイが全車で標準装備となった。拡大

これぞMINIの足まわり

MINIの最新バージョンに乗り込んで、まず目を引くのは、ステアリングホイールの向こう、ドライバー正面にある新しいメーターだ。陸上競技トラックのようなカタチの、薄くコンパクトなマルチディスプレイに変わった。タブレット端末を思わせる、メーターの最新モードだ。見やすいだけでなく、かさのある従来のアナログメーターより圧迫感が減ったのがうれしい。

ハンドルの左側スポーク上で操作するACC(アダプティブクルーズコントロール)は、停止・発進までカバーするようになった。前走車が20km/h以下に減速しても、ETCゲートを追従走行できる。

車線逸脱を警告するレーンデパーチャーウオーニングも標準装備された。ただし警告だけで、操舵まで介入するレーンキープ機能はない。BMWのレーンキープアシストはかなりハンドルをグイグイ切ってくるタイプだから、警告で十分だと個人的には思う。

というか、このクルマにレーンキープアシストなんて要るか!? と感じるほどMINIは高速でのスタビリティーが高い。ステアリングの据わりがよくて、ストレートでもコーナーのトレースでもハンドル操作に余計な神経を使わせない。

MINIの足まわりは「ONE」から始まるどれに乗っても、基本、硬い。17インチの「グッドイヤー・イーグルF1」タイヤを履くクーパーSDも、乗り心地はけっこう揺すられるタイプだが、それもターゲットスピードの高さゆえと考えたい。どんなMINIも、街なかのお使いばかりだと、宝の持ち腐れだ。

「MINIクーパーSD 5ドア」のリアビュー。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4040×1725×1445mm、ホイールベースは2565mm。車重は1350kgと発表されている。
「MINIクーパーSD 5ドア」のリアビュー。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4040×1725×1445mm、ホイールベースは2565mm。車重は1350kgと発表されている。拡大
5インチの液晶パネルを組み込んだ「マルチディスプレイパネル」は「ONE」以外のグレードに標準装備されるアイテム。メーターパネルはステアリングポスト側に固定されており、チルト調整の際はステアリングホイールと一体で動く。
5インチの液晶パネルを組み込んだ「マルチディスプレイパネル」は「ONE」以外のグレードに標準装備されるアイテム。メーターパネルはステアリングポスト側に固定されており、チルト調整の際はステアリングホイールと一体で動く。拡大
タッチ操作が可能な「8.8 インチワイドカラーセンターディスプレイ」を全車に標準装備。写真は「スポーツメーター」を表示した様子で、エンジン出力およびトルクに関する値が確認できる。
タッチ操作が可能な「8.8 インチワイドカラーセンターディスプレイ」を全車に標準装備。写真は「スポーツメーター」を表示した様子で、エンジン出力およびトルクに関する値が確認できる。拡大
今回の試乗車は、オプションの「17インチアロイホイール テンタクルスポーク シルバー」に、205/45R17サイズの「グッドイヤー・イーグルF1アシメトリック3」タイヤを装着していた。
今回の試乗車は、オプションの「17インチアロイホイール テンタクルスポーク シルバー」に、205/45R17サイズの「グッドイヤー・イーグルF1アシメトリック3」タイヤを装着していた。拡大

SDのアドバンテージは明らか

今のMINIハッチバック系はディーゼルもガソリンも「クーパー」が1.5リッター3気筒。「クーパーS」が2リッター4気筒である。

クーパーSD用の2リッターターボは最高出力170PS、最大トルク360N・m。ディーゼルでもクーパーSの太鼓判が押されるアウトプットに不満はない。もともと0-400mよりも0-40mの生活加速に優れるのが高トルクディーゼルの強みだから、街なかではガソリンのクーパーSよりも力強いのではないかと思う。

ディーゼルの「クーパーD」(最高出力116PS/最大トルク270N・m)との比較でも、SDのアドバンテージは明らかで、感覚的に言うと、SDはより小さなアクセル開度でクーパーDよりも速く走れる。

だが、新しい1.5リッター3気筒ターボを積むクーパーDのほうが音は静かである。とくにアイドリング時の車外騒音は、ほとんどディーゼルとわからない1.5リッターに対して、2リッターはコロコロという特徴的な音が聴こえる。

変速機は8段AT。クーパーDは同じくアイシン製の7段DCTで、MTモードで積極的に走るようなときは、8段ATよりレスポンシブで楽しめる。総じてスポーツユニットとしての楽しさは3気筒のクーパーDのほうがむしろ少し上かなと感じたが、クーパーSDを指名買いする人は、そういうことよりもクーパー“S”を求めているのだろう。

「MINI 5ドア」には8種類のボディーカラーが設定されている。今回の試乗車では「チリレッド ソリッド」の外装色に、ホワイトのルーフとドアミラーが特徴となる「クラシックトリム」と「ホワイトボンネットストライプ」が組み合わされていた。
「MINI 5ドア」には8種類のボディーカラーが設定されている。今回の試乗車では「チリレッド ソリッド」の外装色に、ホワイトのルーフとドアミラーが特徴となる「クラシックトリム」と「ホワイトボンネットストライプ」が組み合わされていた。拡大
最高出力170PS、最大トルク360N・mを発生する2リッター直4ディーゼルターボエンジン。WLTCモードの燃費値は18.9km/リッター。
最高出力170PS、最大トルク360N・mを発生する2リッター直4ディーゼルターボエンジン。WLTCモードの燃費値は18.9km/リッター。拡大
2リッター直4ディーゼルターボエンジンに組み合わされるトランスミッションは8段AT。2021年5月のマイナーチェンジで、電動パーキングブレーキが採用されたのもトピックだ。
2リッター直4ディーゼルターボエンジンに組み合わされるトランスミッションは8段AT。2021年5月のマイナーチェンジで、電動パーキングブレーキが採用されたのもトピックだ。拡大
「MINI 5ドア」の荷室容量は5人乗車の通常使用時で278リッター。後席背もたれを前方に倒せば最大で941リッターに拡大できる。床面は2段階の高さ調整が可能だ。
「MINI 5ドア」の荷室容量は5人乗車の通常使用時で278リッター。後席背もたれを前方に倒せば最大で941リッターに拡大できる。床面は2段階の高さ調整が可能だ。拡大

巧みなパッケージ設定

MINIの5ドアは、3ドアより全長(+16cm)もホイールベース(+5cm)も長い。後席ドア新設による乗降性のよさは言うに及ばず、リアシートも荷室も5ドアのほうが広い。3ドアよりテールゲートのヒンジが奥にあるため、開口部が大きくて、荷物の積み降ろしもしやすい。生活者の便を考えたら、5ドアが販売の主流になるのは当然だ。

今回のマイナーチェンジから、MINIは「トリム」という新しいデザインパッケージを採用する。素の「エッセンシャル」のほかに、「クラシック」「ジョンクーパーワークス」「MINIユアーズ」の計4種類がある。試乗車はクラシックトリム(17万円)で、アルミホイールのデザインや、シート表皮や内装の加飾パネルなどがそれに対応したものになる。

一方、パドルシフトはオプション(7万5000円)である。クーパーSDなのに? と思うが、52万円のジョンクーパーワークストリムを選べば、最初から付いてくる。うまくできている。

427万円の車両本体価格もなかなかだと思うが、クラシックトリムには含まれないオプションをいろいろ載せた試乗車は、総額で500万円を超えていた。MINIも高くなったなあとため息をつくか、この20年間ほとんど賃金の上がらないこの国を嘆くか、正しいのはどっちでしょうか。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=神村 聖/編集=櫻井健一)

「MINIクーパーSD 5ドア」のサイドビュー。オーバーハングは、フロントが「3ドア」と同じ775mm、リアが3ドアよりも90mm長い700mmとなっている。3ドアよりDピラーとリアハッチゲートの傾きがなだらかなのも5ドアの特徴だ。
「MINIクーパーSD 5ドア」のサイドビュー。オーバーハングは、フロントが「3ドア」と同じ775mm、リアが3ドアよりも90mm長い700mmとなっている。3ドアよりDピラーとリアハッチゲートの傾きがなだらかなのも5ドアの特徴だ。拡大
オプションの「クラシックトリム」と「レザーパッケージ」が選択された試乗車の内装。同トリムには、ピアノブラックのインテリアサーフェスやスポーツシート、アンビエントライトなどのアイテムが含まれている。
オプションの「クラシックトリム」と「レザーパッケージ」が選択された試乗車の内装。同トリムには、ピアノブラックのインテリアサーフェスやスポーツシート、アンビエントライトなどのアイテムが含まれている。拡大
「MINIクーパーSD 5ドア」の後席。「3ドア」が2人掛けなのに対して「5ドア」では3人掛けとなる。後席の背もたれには、60:40の分割可倒機構が組み込まれている。
「MINIクーパーSD 5ドア」の後席。「3ドア」が2人掛けなのに対して「5ドア」では3人掛けとなる。後席の背もたれには、60:40の分割可倒機構が組み込まれている。拡大
「ユニオンジャック」デザインのリアコンビネーションランプは、今回のマイナーチェンジを機に全車に標準装備。リアバンパーの形状がより立体的になったのも最新モデルの特徴となる。
「ユニオンジャック」デザインのリアコンビネーションランプは、今回のマイナーチェンジを機に全車に標準装備。リアバンパーの形状がより立体的になったのも最新モデルの特徴となる。拡大

テスト車のデータ

MINIクーパーSD 5ドア

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4040×1725×1445mm
ホイールベース:2565mm
車重:1350kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 12バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:170PS(125kW)/4000rpm
最大トルク:360N・m(36.7kgf・m)/1000-2750rpm
タイヤ:(前)205/45R17 88W/(後)205/45R17 88W(グッドイヤー・イーグルF1アシメトリック3)
燃費:23.1km/リッター(JC08モード)/18.9km/リッター(WLTCモード)
価格:427万円/テスト車=501万3000円
オプション装備:レザーシートパッケージ<レザーシート、フロントスポーツシート、フロントヒートヒーター>(17万8000円)/デジタルパッケージプラス(14万1000円)/クラシックトリム(17万円)/17インチアロイホイール テンタクルスポーク シルバー<7J×17>+205/45R17タイヤ(0円)/アラームシステム(4万8000円)/ホワイトボンネットストライプ(2万1000円)/harman/kardon製HiFiラウドスピーカーシステム(11万円)/ドライビングアシストパッケージプラス(0円)/コンフォートパッケージ<電動調整式&電動可倒式自動防げんドアミラー、フロントアームレスト、ストレージコンパートメントパッケージ、オートマチックエアコンディショナー>(0円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:1622km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(6)/山岳路(2)
テスト距離:326.9km
使用燃料:26.3リッター(軽油)
参考燃費:12.5km/リッター(満タン法)/15.5km/リッター(車載燃費計計測値)

MINIクーパーSD 5ドア
MINIクーパーSD 5ドア拡大
MINIクーパーSD 5ドア(FF/8AT)【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

MINI MINI 5ドア の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。