「ホンダCB1100」の最後を飾る「ファイナルエディション」登場

2021.10.08 自動車ニュース
ホンダCB1100 EXファイナルエディション(キャンディークロモスフィアレッド)
ホンダCB1100 EXファイナルエディション(キャンディークロモスフィアレッド)拡大

本田技研工業は2021年10月8日、大型ネイキッドバイク「ホンダCB1100」の特別仕様車「CB1100 EXファイナルエディション」「CB1100 RSファイナルエディション」を発表した。同日から同年11月30日までの期間限定で予約の受け付けが行われ、CB1100 RSファイナルエディションは同年10月28日に、CB1100 EXファイナルエディションは同年11月25日にデリバリーが始められる。

CB1100 EXファイナルエディション(ダークネスブラックメタリック)
CB1100 EXファイナルエディション(ダークネスブラックメタリック)拡大
CB1100 RSファイナルエディション(マットジーンズブルーメタリック)
CB1100 RSファイナルエディション(マットジーンズブルーメタリック)拡大
CB1100 RSファイナルエディション(マグナレッド)
CB1100 RSファイナルエディション(マグナレッド)拡大

2010年3月にデビューしたホンダCB1100は、伝統的なスタイリングと大排気量の空冷4気筒エンジンを特徴とするオートバイ。今回のファイナルエディションをもって、およそ11年半にわたるモデルライフを終えることになる。

このうちCB1100 EXファイナルエディションには深みのある赤の「キャンディークロモスフィアレッド」と、ベーシックなたたずまいを醸し出す「ダークネスブラックメタリック」の車体色を設定。前後フェンダーをクロームメッキ仕上げとすることで、トラディショナルなイメージが強調されている。

スポーティーなネイキッドスタイルを特徴とするCB1100 RSファイナルエディションの車体色は、「マットジーンズブルーメタリック」と「マグナレッド」。前者にはブラウンのシートとブラウンゴールドのホイールが、後者にはブラックのシートとブラウンゴールドのホイールが組み合わされる。

また両モデルとも、燃料タンク上面に「Final Edition」の文字をあしらった専用ステッカーが添えられる。

価格は以下の通り。

  • CB1100 EXファイナルエディション:136万2900円
  • CB1100 RSファイナルエディション:140万3600円

(webCG)

関連キーワード:
CB1100, ホンダ, バイク, 自動車ニュース