驚きの販売台数に注目! トヨタは旧型「カローラ」の販売をいつまで続けるのか?

2021.10.13 デイリーコラム

モデルライフは10年目

去る9月6日、トヨタの「カローラ アクシオ」と「カローラ フィールダー」が一部改良を受けた。改良内容は安全装備の強化で、自動ブレーキシステムに歩行者検知機能を追加したほか、この10月から義務化された「コンライト」(=オートライト)も標準装備となった(同時に2015年3月以降に販売されたアクシオ/フィールダーが対象のソフトウエアアップグレードキットも登場)。今回の改良によって、安全性が高まったのはもちろん、新たにサポカー補助金対象になったのもメリットだそうだ。

それにしても、アクシオとフィールダーがいまだに販売されていたことに驚く向きもあるかもしれない。ご承知のように、これらはもともと11代目カローラとして2012年に発売されたモデルである。現在のカローラの主役はいうまでもなく、2018年6月にハッチバックが、2019年に9月にセダンとワゴンが国内発売となった12代目だが、「法人のお客さまを含めた幅広いニーズにも対応」するという理由から、12代目登場以降もアクシオ/フィールダーが継続販売されてきた。

こうして先代にあたるカローラが今も残っている最大の理由は、12代目カローラの全幅が5ナンバー枠を超えたことと、売れ筋のハイブリッドが1.8リッターとなって自動車税が上がってしまったことが大きい。3ナンバー化も自動車税アップも、それによって燃費が大幅に向上するとか、仕事の生産性が明確に上がるなどの目に見えるメリットがなければ、法人需要では受け入れられにくい。

これに似た例として、2009年5月の「プリウス」のフルモデルチェンジが思い出される。このとき新発売された3代目プリウスでも、パワートレインがそれまでの1.5リッターから1.8リッターに拡大された。これを受けて、従来型の2代目が法人向けに特化した「プリウスEX」として継続販売されたのだ。プリウスEXは最終的に2012年3月まで3年近くも生産が続けられた。そんなプリウスEXがお役御免となれたのは、1.5リッターハイブリッドを積んで、さらに車体サイズも5ナンバー枠におさまる「アクア」が2011年末に登場したからだ。

2021年9月6日に一部改良モデルが発売されたトヨタの「カローラ フィールダー」(写真)と「カローラ アクシオ」。より安全性が高められている。
2021年9月6日に一部改良モデルが発売されたトヨタの「カローラ フィールダー」(写真)と「カローラ アクシオ」。より安全性が高められている。拡大
トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る