クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第659回:セダン不人気などどこ吹く風? 絶好調な輸入車セダン5選

2021.10.18 エディターから一言
世の中はSUVブームの真っただ中。かつてクルマ選びの王道とされたセダンは本当にオワコンになってしまったのか? セダンの販売状況を調べてみた。
世の中はSUVブームの真っただ中。かつてクルマ選びの王道とされたセダンは本当にオワコンになってしまったのか? セダンの販売状況を調べてみた。拡大

新車市場を見渡すと、国内外のブランドを問わず相変わらずホットなのはハッチバックとSUVである。国産ブランドのセダンはその多くが生産終了となり、かつての勢いは感じられない。しかしそのいっぽうで、輸入ブランドのセダンに、まだまだ根強い人気があるのも事実。セダン離れが叫ばれて久しいが、変わらず高い支持を集めている輸入セダン5モデルを紹介する。

 
5年連続で年度別輸入車販売台数ランキングトップに輝く「MINI」。2020年1月~12月の販売台数は2万0195台で、この台数には「3ドア/5ドア/コンバーチブル」および、「クラブマン」「クロスオーバー」が含まれている。
5年連続で年度別輸入車販売台数ランキングトップに輝く「MINI」。2020年1月~12月の販売台数は2万0195台で、この台数には「3ドア/5ドア/コンバーチブル」および、「クラブマン」「クロスオーバー」が含まれている。拡大
BMW 3シリーズ
BMW 3シリーズ拡大
1975年に登場したE21型から数えて7代目となる最新の「3シリーズ」は、2019年3月に日本での販売が開始された。車両本体価格は495万円から999万円。2020年1月~12月の新車登録台数は8505台となり、BMWブランドのなかでトップとなる販売台数を計上している。
1975年に登場したE21型から数えて7代目となる最新の「3シリーズ」は、2019年3月に日本での販売が開始された。車両本体価格は495万円から999万円。2020年1月~12月の新車登録台数は8505台となり、BMWブランドのなかでトップとなる販売台数を計上している。拡大
日産を代表するスポーツセダン「スカイライン」は、月販320台程度で推移。かつて月販1万台以上を誇った人気車種がこの販売台数という事実だけを見ると、ユーザーのセダン離れを感じずにはいられない。
日産を代表するスポーツセダン「スカイライン」は、月販320台程度で推移。かつて月販1万台以上を誇った人気車種がこの販売台数という事実だけを見ると、ユーザーのセダン離れを感じずにはいられない。拡大

スカイラインよりビーエム

JAIA(日本自動車輸入組合)が発表した「外国メーカー車モデル別新車登録台数順位の推移」(暦年)によれば、2020年の上位20傑のうち1位~3位はCセグメントの「MINI」と「メルセデス・ベンツAクラス」、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」であり、4位がコンパクトSUVの「フォルクスワーゲンTクロス」。5位にやっと「BMW 3シリーズ」が入ってくるぐらいのものなのだ。SUVやコンパクトハッチの人気が高いのは、国内/国外ブランドを問わない現在の市況傾向といえるだろう。

その3シリーズにしてもセダンとステーションワゴンの「ツーリング」を合算した数字なので、3シリーズのセダン単体で見れば決して「バカ売れ!」「絶好調!」「うれしい悲鳴が止まりません!」というわけでもない。

とはいえ……同じ2020年における、国産セダンの状況を見れば「日産スカイライン」が月平均320台程度しか売れず、「日産シーマ」に至っては月平均約10台という「スーパーカー並みか、それ以下」という状況だ。

前述のJAIAが発表した統計によれば、2020年に最も売れた輸入セダンはBMW 3シリーズと考えられる。2020年1月~12月の新車登録台数は8505台とのことだが、BMWはモデルごとの販売内訳を正式発表していない。

関係筋にリサーチを行った筆者の見立てによれば、そのうち4割は「ツーリング」と呼ばれるステーションワゴンであるはずなので、3シリーズにおけるセダンの登録台数は8505×0.6=5103。ざっくり5000台以上はセダンとなりそうだ。クルマ好きが思う、スポーツセダン=BMW 3シリーズというイメージは間違っていないと思う。

同年の日産スカイラインの登録台数が3891台なので、その3割増しで売れたといえる。日本人は、良くも悪くもスカイラインよりビーエムを選んだのである。

メルセデス・ベンツCクラス
メルセデス・ベンツCクラス拡大
W206と呼ばれる5代目「メルセデス・ベンツCクラス」のインテリア。先にフルモデルチェンジした「Sクラス」譲りのインフォテインメントシステムやADASの採用などがトピックだ。
W206と呼ばれる5代目「メルセデス・ベンツCクラス」のインテリア。先にフルモデルチェンジした「Sクラス」譲りのインフォテインメントシステムやADASの採用などがトピックだ。拡大
新型「Cクラス」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4751×1820×1438mmで、ホイールベースは2865mm。ボディーは先代モデルよりも65mm延ばされている。
新型「Cクラス」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4751×1820×1438mmで、ホイールベースは2865mm。ボディーは先代モデルよりも65mm延ばされている。拡大

さすがのメルセデス・ベンツ

JAIAの統計では、続く6位が「ボルボ60シリーズ」の7112台。おそらくはその大半がSUVの「XC60」で、それに加えてまあまあの数の「V60」が売れているはずなので、セダンの「S60」はせいぜい1割=700台ぐらいか? それにしても「日産フーガ」と同じぐらいは売れていることになる。

テーマに沿ってセダンに注目してみると、BMW 3シリーズの次に好調だったのは、全体9位の「メルセデス・ベンツCクラス」である。2020年の登録台数は6689台とのこと。W205のモデル末期どころかド末期であったことを思えば(新型の日本上陸は2021年6月)、この数字はスゴイと言わざるを得ない。

ボディータイプごとの販売台数は未公表だが、輸入元の販売関係者にヒアリングしたところ、W205/S205のモデルライフを通しての販売比率は、おおよそW205型のセダン2に対してS205型のステーションワゴンが1の割合だったという。これは歴代Cクラスでもほぼ共通するものだ。ステーションワゴンを4割程度と多めに見積もっても、6689×0.6=4013で「4000台強」がセダンで占められた計算だ。

日産スカイラインと似た数字ではあるものの、筆者の体感ではCクラス セダンのほうがスカイラインの4倍ぐらいは見かけるような気もする。Cクラスのスターティングプライスが650万円以上であることと(スカイラインは435万円から)、販売拠点数の違いを考えれば感心するしかない。

メルセデス・ベンツEクラス
メルセデス・ベンツEクラス拡大
2020年9月にマイナーチェンジが施された最新型「メルセデス・ベンツEクラス」。進化したインフォテインメントシステムや、メルセデス・ベンツ最新の安全運転支援システムがすべてのモデルで標準装備とされるなど、改良点は多い。
2020年9月にマイナーチェンジが施された最新型「メルセデス・ベンツEクラス」。進化したインフォテインメントシステムや、メルセデス・ベンツ最新の安全運転支援システムがすべてのモデルで標準装備とされるなど、改良点は多い。拡大

以下、全体の10位から14位までは主にSUVとハッチバックが続くのだが、15位に「メルセデス・ベンツEクラス」が入ってくる。最新モデルは2020年9月に登場。Eクラス全体で4658台の登録があったが、ステーションワゴンが2割から3割の間ぐらいを占めるという。そしてワゴンのうちの1割か2割が「E220d 4MATICオールテレイン」だろうか。

となるとEクラス セダンは4658×0.7=3260で「少なく見積もっても3200台以上は売れた」ということになる。度々の繰り返しで恐縮だが日産シーマの2020年の販売台数がスーパーカー並みの108台なので、大したものである。ブランド力とマーケティングの大勝利といっていいだろう。

アウディの主力はCセグメントに移行

以降の16位から20位にはコンパクトハッチバックやSUVが入っており、21位以下のデータは未公表である。そのため、5選のうち残る2車種については「大手中古車情報サイトの掲載台数の多さ」を「絶好調」の根拠にしよう──と思ったが、中古車の掲載台数が多いということは「売れずにシコってる」という可能性も考えられるため、それを判断基準にするのは危険か。

ランキング15位のメルセデス・ベンツEクラスのセダンを追いかけるのは「アウディA3セダン」だろうか。2020年のJAIAデータによれば、A3シリーズは4800台で全体の14位に入っている。こちらもモデル末期にもかかわらず、この台数は立派だ。その8割ぐらいはハッチバックの「A3スポーツバック」と「S3スポーツバック」であるはずなので、A3セダンの2020年における登録台数は(たぶん)960台程度。だがその割に、よく見かけるような気がするのだ。

Cセグハッチのセダン版というのは、どこか寸足らずであったり、トランク部分を後付けしました感バリバリのフォルムになったりする場合が多いのだが、A3セダンの場合は「バランスのよい美しいセダン」をつくり上げることに成功している。

それゆえ、ダウンサイジングブームのなか、Cセグコンパクトセダンを求める層(の中でも比較的新車購入予算に余裕がある層)の受け皿になっているとも考えられる。加えて「教習車としても使われているから」というのも、筆者がA3セダンを妙によく見かける気がする理由……かもしれない。

ちなみに2021年4月に導入が開始された新型A3シリーズも好調で、四半期ごとの販売台数と販売ランキングは2021年4月~6月が1362台の13位、同7月~9月が1582台の11位となっており、今後は通年でのランキングが楽しみだ。

最後の1車種は……順当にいけばドイツDセグ御三家の一角である「アウディA4」のセダンということになるのだろう。だが筆者のフィールドワークによれば、A4の場合はBMWやメルセデス・ベンツとは反対にステーションワゴンである「アバント」の比率がなぜか圧倒的で、セダンは少なめである。いや「少ない」とは言い過ぎかもしれないが、それであればA3セダンのほうがまだ見かける印象がある。

アウディA3セダン
アウディA3セダン拡大
第4世代となる新型「アウディA3」は、2021年4月に上陸。写真の「A3セダン」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4495×1815×1425mmとなり、従来モデルに比べひとまわり大きくなった印象だ。
第4世代となる新型「アウディA3」は、2021年4月に上陸。写真の「A3セダン」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4495×1815×1425mmとなり、従来モデルに比べひとまわり大きくなった印象だ。拡大
デジタル化を推進した「A3」のコックピット。10.25インチのデジタルインストゥルメントクラスターや2ゾーンオートエアコン、バイワイヤ式のシフトセレクタースイッチなどが標準装備となる。標準シートのクロス部分に、リサイクルペットボトルを原料とした素材を使っているのも特徴だ。
デジタル化を推進した「A3」のコックピット。10.25インチのデジタルインストゥルメントクラスターや2ゾーンオートエアコン、バイワイヤ式のシフトセレクタースイッチなどが標準装備となる。標準シートのクロス部分に、リサイクルペットボトルを原料とした素材を使っているのも特徴だ。拡大
独立したラゲッジルームが備わる「A3セダン」。荷室容量は425リッターで、FWDも4WDも同一値となる。ラゲッジルームのサイドパネル、積載フロアなどにもリサイクル素材が用いられている。
独立したラゲッジルームが備わる「A3セダン」。荷室容量は425リッターで、FWDも4WDも同一値となる。ラゲッジルームのサイドパネル、積載フロアなどにもリサイクル素材が用いられている。拡大
内外装をリニューアルした「アウディA4」のマイナーチェンジモデルは2020年10月に登場。セダン(写真)の車両本体価格は546万円から、「アバント」は同575万円からとなっている。
内外装をリニューアルした「アウディA4」のマイナーチェンジモデルは2020年10月に登場。セダン(写真)の車両本体価格は546万円から、「アバント」は同575万円からとなっている。拡大

ラグジュアリーセダンも好調をキープ

最後の1モデルは何であろうか? 「プジョー508」はスタイリッシュに大変身を遂げたが「絶対に違う」という感じで、BMWの「5シリーズ」や「7シリーズ」もJAIAのランキング上位20位には顔を出していない。アウディの「A6」や「A8」も同様で、マセラティやアルファ・ロメオといったイタリアンブランド、そして事実上キャデラックだけになってしまったアメリカンブランドも「街で見かけないわけではないが……」という印象だ。

では何か? そう、セダン人気を支えていると思われるラスボスは「メルセデス・ベンツSクラス」である。最新モデルは2021年1月に日本導入が開始され、四半期ごとの販売台数と販売ランキングは2021年1月~3月が1502台の12位、同4月~6月が1359台の14位、同7月~9月が1101台の19位と、1300万円スタートのプライス設定にもかかわらず堂々の20位入りを果たしている。

法人需要という手堅い販売ラインがあるのも強みで、このままの調子が続けば、通年でのベスト20位入りも確実だろう。そして中古車市場での人気もほどほどに高い──ということで、絶好調な輸入車セダン5選の最終ランナーは、新旧さまざまな世代のメルセデス・ベンツSクラスということにさせていただく。

こうして見ていくと、SUV旋風が吹き荒れる新車市場にあっても輸入車のセダンは相変わらずの存在感がある。ただし、輸入車のセダンが好調なのではなく、固定ファンが多いドイツのプレミアムブランドが「流行に左右されない強さを持っている」と分析することもできる。ではなぜ歴史もネームバリューもある国産セダンが壊滅的なまでに売れなくなったのか? それについては、もしも機会があれば次回以降にご報告したい。

(文=玉川ニコ/写真=BMWジャパン、メルセデス・ベンツ日本、アウディ ジャパン、花村英典、webCG/編集=櫻井健一)

メルセデス・ベンツSクラス
メルセデス・ベンツSクラス拡大
「Sクラス」のインテリア。センターコンソールとシームレスにつながった縦型の12.8インチ有機ELメディアディスプレイを装備。このディスプレイに多くの機能を集約することにより、操作スイッチ類を大幅に削減できたという。
「Sクラス」のインテリア。センターコンソールとシームレスにつながった縦型の12.8インチ有機ELメディアディスプレイを装備。このディスプレイに多くの機能を集約することにより、操作スイッチ類を大幅に削減できたという。拡大
標準ボディーで247個、ロングボディーで263個ものLEDを用いたアンビエントライトが標準で装備される新型「Sクラス」のインテリア。最新の安全デバイスの採用と快適で上質な内装の仕立てに加え、こうした高級感あふれる演出も、顧客に歓迎される要因になっているはずだ。
標準ボディーで247個、ロングボディーで263個ものLEDを用いたアンビエントライトが標準で装備される新型「Sクラス」のインテリア。最新の安全デバイスの採用と快適で上質な内装の仕立てに加え、こうした高級感あふれる演出も、顧客に歓迎される要因になっているはずだ。拡大
7代目となる最新の「Sクラス」は、2021年1月に日本導入が開始された。標準ホイールベースが採用される「S500 4MATIC」(写真)のボディーサイズは全長×全幅×全高=5320×1930×1505mm、ホイールベースは3215mm。車両本体価格は1422万円となる。
7代目となる最新の「Sクラス」は、2021年1月に日本導入が開始された。標準ホイールベースが採用される「S500 4MATIC」(写真)のボディーサイズは全長×全幅×全高=5320×1930×1505mm、ホイールベースは3215mm。車両本体価格は1422万円となる。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ Aクラス セダン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。