クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

似ているようで確かに違う! 「ホンダ・フィット」「日産ノート」「トヨタ・アクア」を比較する

2021.10.20 デイリーコラム

とどまるところを知らないコンパクトカーの人気

最近は、クルマの価格が15年ほど前の1.2~1.3倍に高まる一方で、所得は依然として伸び悩んでいる。5ナンバー車を中心としたコンパクトカーが注目されるのは当然のことだろう。混雑した街なかでも運転しやすく、その割に車内は広く、ファミリーカーとして使えるモデルも多い。燃費性能も良好で、機能や装備の割に価格は安い。

しかも最近は、内外装の質、乗り心地なども向上して満足度が高まった。クルマを乗り換えるときにボディーサイズやエンジンの排気量を小さくしても、ユーザーが不満を感じにくくなったのだ。それもあって、コンパクトカーの売れ行きはさらに伸びている。

人気のカテゴリーになったから、新型車も次々と登場してきた。2020年2月には新型「ホンダ・フィット」と「トヨタ・ヤリス」が登場し、同年11月には「日産ノート」、2021年7月には「トヨタ・アクア」がフルモデルチェンジした。いずれの車種も全高が1550mm以下だから、立体駐車場を利用しやすい。

今回は、これらの最新コンパクトカーのなかから、ファーストカーとしても使えるユーティリティーを備えたフィット、ノート、アクアの特徴を比較する。

今日に続く、“ファーストカーとしても使えるコンパクト”の先駆けとなった「ホンダ・フィット」。現行モデルのデビューはライバルより早く、2020年2月である。
今日に続く、“ファーストカーとしても使えるコンパクト”の先駆けとなった「ホンダ・フィット」。現行モデルのデビューはライバルより早く、2020年2月である。拡大
日産のBセグメントコンパクト「ノート」。現行型は3代目のモデルで、“小さなワゴン”という趣だった初代、2代目とは異なり、コンベンショナルなハッチバックスタイルで登場した。
日産のBセグメントコンパクト「ノート」。現行型は3代目のモデルで、“小さなワゴン”という趣だった初代、2代目とは異なり、コンベンショナルなハッチバックスタイルで登場した。拡大
ハイブリッド専用コンパクトとして2011年に登場した「トヨタ・アクア」。初代は「プリウスc」として海外展開もされたが、2代目については、現状は国内専売モデルとなっている。
ハイブリッド専用コンパクトとして2011年に登場した「トヨタ・アクア」。初代は「プリウスc」として海外展開もされたが、2代目については、現状は国内専売モデルとなっている。拡大

フィットは小さいながらも上質なファミリーカー

まずホンダ・フィットは、実用性に重点を置く。サイドガラスは前から後ろまでしっかり広く、フロントピラー(柱)の構造も工夫されている。インパネの上面も平らに仕上げられており、前後左右ともに視界がとてもよい。居住性も申し分なく、特に後席の足元空間はLサイズセダン並みに広い。大人4人が乗車して、長距離を快適に移動できる。

燃料タンクを前席の下に搭載するので、後席を畳むと床面高の低いボックス状の積載スペースが得られる。全高を立体駐車場が使える高さに抑えながら、荷物をタップリと積めるのだ。また後席の座面ははね上げておくこともできるので、背の高い荷物を運ぶときに便利だ。

パワーユニットは1.3リッターガソリンエンジンと、1.5リッターガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドの「e:HEV」がある。ノートとアクアはハイブリッド専用車だから、フィットでは純エンジン車を選べることが特徴だ。また、e:HEVは普段は「エンジンは発電、駆動はモーター」と役割を分担するが、高速巡航時にはエンジンがタイヤを直接駆動する。そのほうが効率に優れるからだ。

モーター駆動時の加速はスムーズで、ノイズも小さい。広い室内とも相まって、フィットのハイブリッドは運転しやすい上質なファミリーカーを買いたいユーザーにピッタリだ。価格も割安で、「ホーム」などの売れ筋グレードの場合、純エンジン車と比べたときの価格上昇は35万円以内に抑えられている。

キャラクターの異なる豊富なグレードを取りそろえる「フィット」。写真はアクティブなイメージの「ネス」(左)と上質さを追求した「リュクス」(右)。
キャラクターの異なる豊富なグレードを取りそろえる「フィット」。写真はアクティブなイメージの「ネス」(左)と上質さを追求した「リュクス」(右)。拡大
パワーユニットには1.3リッターガソリンエンジン(写真)と、1.5リッターエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを設定。純エンジン車は155万7600円からという手ごろな価格が魅力だ。
パワーユニットには1.3リッターガソリンエンジン(写真)と、1.5リッターエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを設定。純エンジン車は155万7600円からという手ごろな価格が魅力だ。拡大
シートアレンジでは、後席の座面にチップアップ機構が備わっているのがライバルとの違い。初代から受け継がれる「フィット」の特徴で、これも燃料タンクを前席の下に配する「センタータンクレイアウト」のなせる業だ。
シートアレンジでは、後席の座面にチップアップ機構が備わっているのがライバルとの違い。初代から受け継がれる「フィット」の特徴で、これも燃料タンクを前席の下に配する「センタータンクレイアウト」のなせる業だ。拡大

ライバルとは一線を画す走りが自慢のノート

日産ノートは、現行モデルで純エンジン車を廃止してハイブリッドの「e-POWER」のみにパワーユニットをしぼった。エンジンは発電機を作動させ、モーターがタイヤを駆動するから加速は常に滑らかだ。加えてモーターは瞬発力も強いため、アクセル操作に対する反応が機敏でスポーティーな走りを楽しめる。

操舵感や走行安定性も同様で、カーブを曲がるときはドライバーを中心に旋回していく感覚を味わえる。アクセルペダルを戻すことで、車両を内側に回り込ませるコントロールもしやすい。これは、ノートに採用されるプラットフォーム「CMF-B」の開発を担当した、ルノーのクルマに多くみられる特徴でもある。

ノートは内装も上質だ。開発者は「ハイブリッド専用車は価格が高めになるので、内装にも十分なコストを費やせた」という。例えばメーターには7インチカラーディスプレイを全車標準装備。シートの座り心地も適度に柔軟で、ミドルサイズセダンのような雰囲気を味わえる。総じてノートは、上質感や運転の楽しさを重視するクルマ好きにピッタリだ。

なお、ノートの特徴をさらに際立たせた車種が欲しい人は、上級シリーズとなる「ノート オーラ」も検討してほしい。

現行「日産ノート」の特徴といえば、スポーティーな走りの味つけだ。4WDモデルは最高出力68PSというパワフルなモーターをリアに積んでおり、ちょっとしたスポーツ4WD車としてのキャラクターが与えられている。
現行「日産ノート」の特徴といえば、スポーティーな走りの味つけだ。4WDモデルは最高出力68PSというパワフルなモーターをリアに積んでおり、ちょっとしたスポーツ4WD車としてのキャラクターが与えられている。拡大
インテリアの上質さは競合車種に比肩するもので、また装備も充実している。価格は最もベーシックなグレードで202万9500円と、ライバルよりちょっとお高めだ。
インテリアの上質さは競合車種に比肩するもので、また装備も充実している。価格は最もベーシックなグレードで202万9500円と、ライバルよりちょっとお高めだ。拡大
オーテックジャパンが手がけるカスタマイズモデルも含めると、ラインナップは非常に豊富。よりスポーティーな「ノート オーラ」や「ノート オーラNISMO」(写真)、独自の上質さを追求した「オーテック」、SUVスタイルの「オーテック クロスオーバー」などが存在する。
オーテックジャパンが手がけるカスタマイズモデルも含めると、ラインナップは非常に豊富。よりスポーティーな「ノート オーラ」や「ノート オーラNISMO」(写真)、独自の上質さを追求した「オーテック」、SUVスタイルの「オーテック クロスオーバー」などが存在する。拡大

多くの要素が高次元でバランスしているアクア

純エンジン車もラインナップするフィット、現行型からハイブリッド専用車となったノートに対し、トヨタ・アクアは当初からハイブリッド専用車として登場している。新型もすべての仕様がハイブリッド車で、しかもFF車では33.6~35.8km/リッター(WLTCモード)と燃費も優れている。動力性能も余裕があり、3気筒エンジンながらノイズは小さめだ。同じトヨタのヤリスと比べると、ホイールベースは2600mと50mm長く、足まわりの設定も安定志向。乗り心地も適度に柔軟で満足できる。遮音を入念に行ったので、エンジン以外のノイズも小さい。

インテリアに目をやると、上級グレードの「G」と「Z」では助手席側のアッパーボックスなどに柔らかいパッドと合成皮革を巻いてある。このクラスのコンパクトカーとしては、手触りや質感も高い。また長いホイールベースの恩恵もあり、居住空間の広さは全長が4m前後のクルマとしては余裕を感じられる。前席に身長170cmの大人が乗車してシートポジションを合わせても、後席に座る乗員の膝先には、握りコブシ2つ弱の空間がある。後席も実用性は十分と言っていいだろう。

こうして見ると、同じジャンルに属する3つのモデルだが、それぞれのキャラクターは明らかに違っている。車両全体の性格としては、ファミリー向けのフィット、ドライバー中心の運転感覚を重視したノートに対し、アクアは個性を抑えた、いわば中間的な性格だ。その代わり、走行性能や乗り心地、燃費、4人乗車時の快適性と、さまざまな機能が高水準でバランスしている。いかにもトヨタらしい、幅広いユーザーに適する買い得なハイブリッドコンパクトカーと言っていいだろう。

(文=渡辺陽一郎/写真=トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業/編集=堀田剛資)

「トヨタ・アクア」は、すべての仕様で30km/リッターを超える良好な燃費性能を実現。“しり上がり”のガラスエリアに、後ろに行くにつれて下降するルーフラインなど、エクステリアはかなりスタイリッシュだ。
「トヨタ・アクア」は、すべての仕様で30km/リッターを超える良好な燃費性能を実現。“しり上がり”のガラスエリアに、後ろに行くにつれて下降するルーフラインなど、エクステリアはかなりスタイリッシュだ。拡大
最上級グレード「Z」のインテリア。ダッシュボードなど各所にソフトパッドが採用されている。
最上級グレード「Z」のインテリア。ダッシュボードなど各所にソフトパッドが採用されている。拡大
車内には大人4人が快適に乗車できる空間を確保。ショルダーラインがキックアップしていることもあり、ライバルと比べて後席はやや“包まれ感”が強い。
車内には大人4人が快適に乗車できる空間を確保。ショルダーラインがキックアップしていることもあり、ライバルと比べて後席はやや“包まれ感”が強い。拡大
同じユーティリティー系コンパクトでありながら、異なるキャラクターを持ち合わせていたトヨタ、ホンダ、日産の3モデル。こうしたコンパクトカーを求める向きには、ぜひ自分の用途や好みに合った一台を選んでほしい。
同じユーティリティー系コンパクトでありながら、異なるキャラクターを持ち合わせていたトヨタ、ホンダ、日産の3モデル。こうしたコンパクトカーを求める向きには、ぜひ自分の用途や好みに合った一台を選んでほしい。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ アクア の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。