GRらしい走りの味を追求 トヨタのFRスポーツカー「GR86」発売

2021.10.28 自動車ニュース
トヨタGR86
トヨタGR86拡大

トヨタ自動車は2021年10月28日、新型スポーツカー「GR86」を発売した。

ボディーカラーは写真の「スパークレッド」を含む全7色がラインナップされる。
ボディーカラーは写真の「スパークレッド」を含む全7色がラインナップされる。拡大
上級グレード「RZ」のインテリア。ブラック単色またはブラック×レッドのツートンカラー(写真)が選べる。
上級グレード「RZ」のインテリア。ブラック単色またはブラック×レッドのツートンカラー(写真)が選べる。拡大
先代ではゆるやかな円弧を描いていたインストゥルメントパネルは、水平基調のデザインに改められた。
先代ではゆるやかな円弧を描いていたインストゥルメントパネルは、水平基調のデザインに改められた。拡大
7インチカラーディスプレイとLCD液晶メーターを組み合わせた「BOXERメーター」。始動時には水平対向エンジンの動きを模したアニメーションが表示される。
7インチカラーディスプレイとLCD液晶メーターを組み合わせた「BOXERメーター」。始動時には水平対向エンジンの動きを模したアニメーションが表示される。拡大

独自の味を徹底追求

GR86は、2012年に誕生した「トヨタ86」の後継モデルとなるFRスポーツカー。先代同様、スバルと共同で開発された。

2021年7月に先行デビューした兄弟車、2代目「スバルBRZ」とはベースとなるメカニズムを共有しながらも、BRZとは異なる走りの味を追求。トヨタでは「ドライバーの意のままに操れる“手の内感”」「限界域でのリニアな応答、キビキビした走り」といった“GRらしい走りの味”を持たせることに注力したという。

ボディーサイズは全長×全幅×全高(ルーフアンテナ含む)=4265×1775×1310mmで、ホイールベースは2575mm。先代のパッケージングを継承しつつ、GRブランド専用の「ファンクショナルマトリクスグリル」や、モータースポーツ参戦車両からフィードバックしたという空力アイテム(フロントエアアウトレット、サイドシルスポイラー、ダックテール)を装備し、優れた操縦応答性と走行安定性を実現したとアピールされる。

インテリアについては、水平基調のインストゥルメントパネルを採用しスイッチ類を最適に配置することで運転に集中できる空間を実現。さらなる低重心化を実現すべく、乗員のヒップポイントは従来型比で5mm低められている。サポート性に優れる軽量シートや、水平対向エンジンのピストンの動きをモチーフにしたオープニングアニメーションが見られる「BOXERメーター」なども特徴的な装備である。

2.4リッターへと排気量アップが図られた水平対向4気筒エンジン。専用のツインインジェクターを採用した燃料噴射システム「D-4S」が採用されている。
2.4リッターへと排気量アップが図られた水平対向4気筒エンジン。専用のツインインジェクターを採用した燃料噴射システム「D-4S」が採用されている。拡大
「GR86」のフロントフェンダーやエンジンフード、ルーフはアルミ製。軽量化と低重心化が追求されている。
「GR86」のフロントフェンダーやエンジンフード、ルーフはアルミ製。軽量化と低重心化が追求されている。拡大
ベーシックグレード「RC」は、交換を前提に16インチのスチールホイールを装備。エンジンルームカバーやマフラーカッターも省かれる。
ベーシックグレード「RC」は、交換を前提に16インチのスチールホイールを装備。エンジンルームカバーやマフラーカッターも省かれる。拡大
 
GRらしい走りの味を追求 トヨタのFRスポーツカー「GR86」発売の画像拡大

より強く パワフルに

新型の最大のキモは、排気量を従来の2リッターから2.4リッターに拡大した水平対向4気筒エンジンだ。アウトプットは最高出力235PS、最大トルク250N・m。絶対的な動力性能を高めつつ、レスポンスも向上させ、高回転域までストレスなく伸びるフィーリングを実現したという。AT車とMT車が選べるものの、トランスミッションの違いでアウトプットに差異はない。

車体については、フロントフェンダーとエンジンフード、エンジンアンダーカバー、ルーフにアルミ材を採用するなどして、軽量化と低重心化を追求。ボディーの剛性を先代より高めることで(横曲げ剛性は約60%、ねじり剛性は約50%アップ)、街乗りから限界走行まで、どんな速度域でも「走る楽しさ」を感じられる性能を手に入れたという。

安全性能にも配慮されており、新型では先代にはなかったスバルの予防安全・運転支援システム「アイサイト」を採用(AT車のみ)。スポーツカーでも安全・安心なカーライフが送れるよう配慮されている。

GR86のグレードと価格は以下の通り。18インチアルミホイールやウルトラスエード×本革のコンビシートなど、装備が充実した上級グレード「RZ」のほか、中間グレードの「SZ」、モータースポーツのベース車となることも視野に装備を簡素化した「RC」がラインナップされる。

  • RZ(6段AT車):351万2000円
  • RZ(6段MT車):334万9000円
  • SZ(6段AT車):319万9000円
  • SZ(6段MT車):303万6000円
  • RC(6段MT車):279万9000円

(webCG)

関連キーワード:
GR86, トヨタ, 自動車ニュース