BMW M3コンペティション(後編)

2021.11.07 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師によるBMWの高性能FRセダン「M3コンペティション」の試乗リポート後編。かつてE30型「M3」でグループAレースを戦った経験を持つ漫画界のレジェンドが、最新M3の走りを語った。

サウンドもちょうどいい

「とにかくオールマイティーな一台である!」とBMW M3コンペティションを激賞する池沢早人師先生。前半では主にかつての愛車である「M4」との比較や足まわりの印象についてうかがったが、今回は肝心の走りを中心にお聞きすることにしよう。

パフォーマンスはいかがですか?
「M3コンペティションは、すべてが素晴らしいといえます。もちろんエンジンも文句ナシですよ。最高出力510PSの3リッター直6ツインターボは、先代モデルよりも断然速さを感じさせます。そこにしなやかな足が組み合わされると、本当に超絶快感なんですよね。1991年のグループAレースに『M3スポーツエボリューション』ベースのレーシングマシンで参戦していたことを思い出しました」

レーシングマシンを思い出すほどの走りであると?
「はい。M3スポエボのレーシングマシンは、基本、とても素直な操縦性を持っていました。あまりの乗りやすさに感動したんですよ」

そうなんですか! でも、しなやか=柔らかいということでもあるかもしれないので、レーシングマシンはともかく、市販モデルではスポーツ走行をするうえで物足りなかったりしないのですか?
「いいえ、全然そんなことはないですね。むしろ『しなやかになったことで、安心して踏めるようになった』といえるんですよ。前のM4クーペの足は硬すぎて、いろいろ気を使わされましたからね」

なるほど。各種のドライブモードは試されましたか?
「はい。とはいえ今日はウエットコンディションなので、『Mドライブプロフェッショナル』の『トラック』モードは少ししか試せませんでしたが、通常の『スポーツ』モードでも十分楽しめるクルマです。サウンドもちょうどいい感じですしね」

外で聴いていると、結構迫力ある音だと感じますが?
「んー、でも車内にいる限りは『音で疲れちゃう』というほどのものではなく、『ちょっと気持ちよく聴こえてくるかな?』ぐらいのものですよ。その意味でも、このM3コンペティションは“オールマイティーなクルマ”だといえるはずです」

箱根のワインディングロードを行く「BMW M3コンペティション」。池沢先生のかつての愛車「M4クーペ」よりも「足がしなやかでパワフルな3リッター直6ツインターボエンジンも素晴らしい。オールマイティーな一台ですよ」と絶賛していた。
箱根のワインディングロードを行く「BMW M3コンペティション」。池沢先生のかつての愛車「M4クーペ」よりも「足がしなやかでパワフルな3リッター直6ツインターボエンジンも素晴らしい。オールマイティーな一台ですよ」と絶賛していた。拡大
試乗車の装着ホイールは「Mライトアロイホイール ダブルスポークスタイリング826M」と呼ばれるブラックとシルバーのバイカラー仕様で、これに前275/35ZR19、後ろ285/30ZR20サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ4 S」タイヤを組み合わせていた。
試乗車の装着ホイールは「Mライトアロイホイール ダブルスポークスタイリング826M」と呼ばれるブラックとシルバーのバイカラー仕様で、これに前275/35ZR19、後ろ285/30ZR20サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ4 S」タイヤを組み合わせていた。拡大
【BMW M3コンペティション】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4805×1905×1435mm/ホイールベース:2855mm/車重:1740kg/駆動方式:
FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:510PS(375kW)/6250rpm/最大トルク:650N・m(66.3kgf・m)/2750-5500rpm/タイヤ:(前)275/35ZR19 100Y/(後)285/30ZR20 99Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4 S)/燃費:10.0km/リッター(WLTCモード)/価格:1324万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:305.3km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:40.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:7.6km/リッター(満タン法)/7.8km/リッター(車載燃費計計測値)
【BMW M3コンペティション】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4805×1905×1435mm/ホイールベース:2855mm/車重:1740kg/駆動方式:
	FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:510PS(375kW)/6250rpm/最大トルク:650N・m(66.3kgf・m)/2750-5500rpm/タイヤ:(前)275/35ZR19 100Y/(後)285/30ZR20 99Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4 S)/燃費:10.0km/リッター(WLTCモード)/価格:1324万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:305.3km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:40.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:7.6km/リッター(満タン法)/7.8km/リッター(車載燃費計計測値)拡大
関連記事
  • BMW 428iグランクーペ ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2014.7.14 試乗記 2ドアクーペとカブリオレに続いて、「4シリーズ」のラインナップに加わった4ドアモデル「グランクーペ」。「3シリーズ」とは異なるその魅力を味わった。
  • BMW 435iグランクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.9 試乗記 拡大を続けるBMWのラインナップに、ハッチゲートを持つ“4ドアクーペ”が加えられた。このクルマを選ぶポイントはどこか? 走りや乗り心地はどうなのか? ストレート6を搭載するスポーティーモデルで確かめた。
  • 第223回:正規軍、民兵に撃墜さる 2022.1.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。最終モデルとウワサされる「日産GT-R」の最強バージョン「NISMOスペシャルエディション」で夜の首都高に出撃すると、われらが後方に1台のクルマがピッタリと張り付いた。いざリアル首都高バトルの始まりか!?
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(前編) 2021.12.23 谷口信輝の新車試乗 新型「メルセデス・ベンツCクラス」のステアリングを握った谷口信輝は、感心した様子をみせたかと思えば、なぜか怪訝(けげん)な表情に。走りのプロは、どんなところが気になったのか?
  • 第222回:「e-tron GT」で宇宙へGO! 2021.12.20 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。1年分の想定販売台数をあっさり受注したという、アウディのスーパーEV「RS e-tron GT」に試乗。姉妹車「ポルシェ・タイカン」は魅力的なEVだったが、こちらの走りはどうか。昭和のカーマニアは、いったい何を思う?
ホームへ戻る