トヨタがコンパクトSUVの「ライズ」にハイブリッドモデルを設定

2021.11.01 自動車ニュース
トヨタ・ライズZ(ハイブリッド)
トヨタ・ライズZ(ハイブリッド)拡大

トヨタ自動車は2021年11月1日、コンパクトSUV「ライズ」に一部改良を実施し、同日、販売を開始した。

 
トヨタがコンパクトSUVの「ライズ」にハイブリッドモデルを設定の画像拡大
 
トヨタがコンパクトSUVの「ライズ」にハイブリッドモデルを設定の画像拡大
 
トヨタがコンパクトSUVの「ライズ」にハイブリッドモデルを設定の画像拡大
 
トヨタがコンパクトSUVの「ライズ」にハイブリッドモデルを設定の画像拡大
 
トヨタがコンパクトSUVの「ライズ」にハイブリッドモデルを設定の画像拡大

新開発のシリーズハイブリッドシステムを採用

ライズはトヨタがダイハツからOEM供給を受けて販売しているコンパクトSUVであり、「ダイハツ・ロッキー」の姉妹車にあたる。

今回の改良は、同日発表されたロッキーのそれに準じたもので、新たにハイブリッドシステム「e-SMARTハイブリッド」を搭載したモデルを設定した。

e-SMARTハイブリッドは、新開発の1.2リッター自然吸気ガソリンエンジンを発電のみに用いる、シリーズ方式のハイブリッドシステムである。タイヤを回転させるのは、最高出力106PS(78kW)、最大トルク170N・m(17.3kgf・m)を発生する電動モーターの役割で、また駆動用バッテリーとして容量4.3Ahのリチウムイオン電池を搭載。コンパクトで、低・中速での走行に強く、街乗りでの使用頻度に適したハイブリッドシステムであると説明されている。

またモーターならではの滑らかな加速やレスポンスのよさ、アクセル操作のみで多くのシーンでの加減速をコントロール可能にする「スマートペダル(S-PDL)」の採用も、トピックとして挙げられている。

予防安全・運転支援システムの機能も強化

このほかにも、FF仕様の純エンジン車のパワーユニットを、既存の1リッターターボから新開発の1.2リッター自然吸気ガソリンエンジンに変更することで、燃費を20.7km/リッターに改善(WLTCモード)。また予防安全・運転支援システム「スマートアシスト」を全車標準装備とした。

スマートアシストの機能も強化しており、衝突警報や自動緊急ブレーキが夜間の歩行者にも対応。標識認識機能が読み取れる交通標識の種類が増加した。全車速対応型アダプティブクルーズコントロールについても、電動パーキングブレーキの採用により停車時のブレーキ保持を実現。渋滞時の利便性を向上させている。

さらに装備類では、施錠状態の車両にキーを持って近づくとルームランプが点灯するウエルカムランプ機能を全車に標準装備。ハイブリッド車には降車後に乗員の足元を照らすヘッドランプ点灯延長機能を装備しほか、オプションでアクセサリーコンセント(AC100V・1500W/非常時給電システム付き)を採用した。

このほかの変更点としては、ボディーカラーに「スムースグレーマイカメタリック」を設定している。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • X(ガソリン FF):170万7000円
  • G(ガソリン FF):185万7000円
  • Z(ガソリン FF):203万9000円
  • X(ガソリン 4WD):198万4800円
  • G(ガソリン 4WD):213万3700円
  • Z(ガソリン 4WD):229万9200円
  • G(ハイブリッド FF):216万3000円
  • Z(ハイブリッド FF):232万8000円

(webCG)

関連キーワード:
ライズ, トヨタ, 自動車ニュース