MINIジョンクーパーワークス(前編)

2021.11.14 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「MINIジョンクーパーワークス」に試乗。ハードな足まわりとパワフルなエンジンで武装した“ゴーカートフィーリング”の真打ちに、果たしてどんなジャッジを下すのだろうか。

やる時はやる!

「これは究極のエンターテイナーですね!」

MINIジョンクーパーワークスの試乗から戻った山野哲也の第一声だ。

「ひたすら“運転の楽しさ”に特化して、利便性などはあまり考えられていません。でも、やる時はやる!」

そう言って笑顔を見せる。

言うまでもなくジョンクーパーワークスは、MINIのハイパフォーマンスラインである。3ドアと「コンバーチブル」、ワゴンボディーの「クラブマン」、そして車高を上げた「クロスオーバー」がバリエーションとして用意される。

今回、山野哲也に乗ってもらったのは、3ドアのジョンクーパーワークス。車両本体価格428万円にジョンクーパーワークス専用内装(38万円)、HiFiラウドスピーカーシステム(11万円)、ヘッドアップディスプレイなどをまとめた「デジタルパッケージプラス」(4万9000円)ほかをオプション装備して、542万8000円のプライスタグが付く。

 
MINIジョンクーパーワークス(前編)の画像拡大
 
MINIジョンクーパーワークス(前編)の画像拡大
 
MINIジョンクーパーワークス(前編)の画像拡大
 
MINIジョンクーパーワークス(前編)の画像拡大
関連記事
  • 吉田由美が愛車で実感 MINI承認タイヤの重要性 2021.12.22 MINIにベストな走りをもたらすスターマーク付きタイヤ<AD> 最近MINIを購入した吉田由美さん。見た目がステキなだけでなく、意のままに操れるハンドリングにほれ込んでのチョイスなのだとか。今回MINIつくばを訪れ、その魅力的な走りを支えているスターマーク付き承認タイヤの秘密をイチから探ってもらいました。
  • MINIの各モデルが2022年1月1日から新価格に 2021.12.2 自動車ニュース BMWジャパンは2021年12月2日、2022年1月1日に国内で販売する車両の価格改定を行うと発表した。対象となるのは「MINI ONE 3ドア」から「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバーALL4」まで全26モデル。
  • スズキ・アルト【開発者インタビュー】 2022.1.8 試乗記 極めて厳しいコスト管理のなかで、親しみやすさを追求しつつ基本性能の向上が図られた新型「スズキ・アルト」。エンジニアは、どんな思いでクルマづくりに取り組んだのか?
  • スズキ・アルト ハイブリッドX(FF/CVT)【試乗記】 2022.1.7 試乗記 40年以上にわたって販売されてきた、スズキの軽乗用車「アルト」。「気軽に乗れて、すごく使える」をモットーに開発された新型は、メーカーの誠実さが伝わってくる、廉価な良品というべき一台だった。
  • マツダが「ロードスター」「ロードスターRF」を改良 軽量モデル「990S」を正式発表 2021.12.16 自動車ニュース マツダは2021年12月16日、オープントップスポーツ「ロードスター」および「ロードスターRF」の改良モデルを発表するとともに、特別仕様車を2モデル、新機種を1モデル設定し、予約注文受け付けを開始した。発売は2022年1月中旬を予定している。
ホームへ戻る