ロールス・ロイスが「ブラックバッジ・ゴースト」を日本公開 最高出力600PSの高性能モデル

2021.11.17 自動車ニュース
ロールス・ロイス・ブラックバッジ・ゴースト
ロールス・ロイス・ブラックバッジ・ゴースト拡大

ロールス・ロイス・モーター・カーズは2021年11月17日、新型「ブラックバッジ・ゴースト」を日本初公開するとともに、注文受け付けを開始した。

 
ロールス・ロイスが「ブラックバッジ・ゴースト」を日本公開 最高出力600PSの高性能モデルの画像拡大
 
ロールス・ロイスが「ブラックバッジ・ゴースト」を日本公開 最高出力600PSの高性能モデルの画像拡大
 
ロールス・ロイスが「ブラックバッジ・ゴースト」を日本公開 最高出力600PSの高性能モデルの画像拡大
 
ロールス・ロイスが「ブラックバッジ・ゴースト」を日本公開 最高出力600PSの高性能モデルの画像拡大
 
ロールス・ロイスが「ブラックバッジ・ゴースト」を日本公開 最高出力600PSの高性能モデルの画像拡大
 
ロールス・ロイスが「ブラックバッジ・ゴースト」を日本公開 最高出力600PSの高性能モデルの画像拡大
 
ロールス・ロイスが「ブラックバッジ・ゴースト」を日本公開 最高出力600PSの高性能モデルの画像拡大
 
ロールス・ロイスが「ブラックバッジ・ゴースト」を日本公開 最高出力600PSの高性能モデルの画像拡大
 
ロールス・ロイスが「ブラックバッジ・ゴースト」を日本公開 最高出力600PSの高性能モデルの画像拡大
 
ロールス・ロイスが「ブラックバッジ・ゴースト」を日本公開 最高出力600PSの高性能モデルの画像拡大

ダークな意匠が特徴の“走りのロールス・ロイス”

「ブラックバッジ」とは、ロールス・ロイスの各モデルにラインナップされる、スポーティーな走りとダークな意匠が特徴の「常設型のビスポーク・モデル」(プレスリリースより)である。2016年に「レイス」「ゴースト」(先代)より導入が開始され、2017年には「ドーン」、2019年には「カリナン」にも設定された。

今回発表されたブラックバッジ・ゴーストは、現行型ゴーストに設定された最新のブラックバッジモデルで、2021年10月29日に英国で世界初公開。ロールス・ロイスは同車について「ブランドの最新トレンドである“ポスト・オピュレンス”をダークに表現したモデル」であり、「極限状態のミニマリズムを表現する最高にピュアなブラックバッジモデル」(アジア太平洋リージョナル・ディレクター アイリーン・ニッケイン氏)と説明している。

細かなこだわりを通して標準モデルと差異化

エクステリアでは、パルテノングリルや「RR」のエンブレム、フロントマスコットの「スピリット・オブ・エクスタシー」などをブラック仕上げで統一。いずれも単なる塗装ではなく、メッキ加工時に特殊なクローム電解液を導入することでステンレススチールの下地を共析させ、ダーク調のカラーとしている。

また、21インチのブラックバッジ専用コンポジットホイールも同車の特徴として挙げられる。あや織り模様のバレルは22層のカーボンファイバーを3方向に交差させて製作しており、リムの外周で生地を折り返し、計44層の構造とすることで強度を確保。このバレルはチタン製のファスナーを介して鍛造アルミニウム製のハブに固定される。

インテリアについても、金属装飾の光沢を抑えるなどしてダークなイメージを表現。つややかなブラックのベニヤと、カーボンファイバーとメタリックファイバーを織り合わせたダイヤモンドパターンの生地の対比も、大きな特徴となっている。さらに、ダッシュボードのフェイシアには152個のLEDを用いた「レムニスケート」(8の字曲線)のイルミネーションを採用。目線の動きに応じて光がきらめいて見えるよう、表面には9万を超えるドットがレーザーエッチングで彫られているという。

最高出力600PS、最大トルク900N・mを発生

一方、走りについてはロールス・ロイスならではの快適性を損なうことなく、運動性能を向上。6.75リッターV12ツインターボエンジンは、最高出力が標準モデルの571PSから600PSに、最大トルクが850N・mから900N・mに高められており、0-100km/h加速も4.7秒と標準モデルから0.1秒速められた。

また、ZF製の8段ATやスロットル機構、ブレーキなどについても、クルマのキャラクターに合わせてセッティングを変更。コーナリング時のロールを抑えるべく、足まわりにはより大容量のエアサスペンションを装備している。さらに、ステアリングコラムに備わるシフトセレクターには「LOW」ボタンを新設。このボタンを押すとエキゾーストサウンドが高まるとともに、車両本来のパフォーマンスが解放されるという。

価格は4349万円で、ビスポークオーディオやリアエンターテインメントシステムなどからなる「ローンチパッケージ」付きのモデルは4851万6000円となっている。納車については、2022年第1四半期に開始される予定だ。

(webCG)

「ロールス・ロイス・ブラックバッジ・ゴースト」の詳細な写真はこちら

関連キーワード:
ゴースト, ロールス・ロイス, 自動車ニュース