クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

変わらなきゃ! の国内トップフォーミュラは人気のモータースポーツに生まれ変わるか?

2021.11.22 デイリーコラム

「レーシングドライバーはカッコイイ」か?

全日本スーパーフォーミュラ選手権(SF)を開催する日本レースプロモーション(JRP)は2021年10月25日、「SUPER FORMULA NEXT 50」プロジェクトを発表した。NEXT 50は「ネクスト・ゴー」と読ませる(以下、SFネクスト・ゴー)。全日本F2000選手権として始まった国内トップフォーミュラは、2022年に50シーズン目を迎える。大きな節目を迎えるにあたり、次の50年を生き抜いていくための行動指針を示したというわけだ。

SFネクスト・ゴーは、「ドライバーファースト」と「技術開発」、「デジタルシフト」の3つの柱で成り立っている。ドライバーファーストとは、世界中のドライバーが参戦したくなるような魅力を保ち、一方で、世界中の子供たちがドライバーに憧れを抱くような魅力を備えることを意味する。

会見では登壇者から「昔のレーシングドライバーはカッコよく見えた」という旨の発言があった。「SFに参戦しているドライバーはカッコイイんだ」と積極的に発信していく方針とも受け取れたが、発信の仕方に気をつけないとイタイことになると思う。昔のドライバーがカッコよく見えたのは、いい大人が自分の好きなことに熱中していたからだ。人より速く走る、ただそれだけのことに熱中している姿を見て、外野が勝手にカッコイイと感じただけの話である。

ドライバーだけでなくメカニックもエンジニアも、昔も今も「オレってカッコイイだろ」とは思っていないはずだ。とてつもなく速く走るクルマで真剣に遊び、思い切り楽しんで、真剣に悔しがる姿を見せてくれればそれでいい。過剰な演出は無用。2022年からは一部のレースで「土日2レース制」を導入するという。レースの数が増えるからドライバーのカッコよさを披露する機会も増える、という発想だろうか。ドライバーファーストを増強する具体策は段階的に発表し進化させていくというから、二の矢、三の矢にも注目したい。

2021年10月末に発表された「SUPER FORMULA NEXT 50」(以下、SFネクスト・ゴー)は、2022年以降のサステイナブルなモータースポーツ業界づくりを目的としたプロジェクト。現在スーパーフォーミュラと呼ばれている国内のトップフォーミュラカテゴリーが、50年目の節目を迎えることを契機に始められる。写真は発表会で披露されたロゴマーク。
2021年10月末に発表された「SUPER FORMULA NEXT 50」(以下、SFネクスト・ゴー)は、2022年以降のサステイナブルなモータースポーツ業界づくりを目的としたプロジェクト。現在スーパーフォーミュラと呼ばれている国内のトップフォーミュラカテゴリーが、50年目の節目を迎えることを契機に始められる。写真は発表会で披露されたロゴマーク。拡大
SFネクスト・ゴー発表会の冒頭であいさつに立った中嶋 悟 JRP取締役会長(写真左から2人目)は、かつてレーシングドライバー生沢 徹さんに憧れて同じ道を目指したというエピソードを紹介。「次の世代にカッコイイと思われる次世代のフォーミュラをつくっていきたい」なとどコメントした。
SFネクスト・ゴー発表会の冒頭であいさつに立った中嶋 悟 JRP取締役会長(写真左から2人目)は、かつてレーシングドライバー生沢 徹さんに憧れて同じ道を目指したというエピソードを紹介。「次の世代にカッコイイと思われる次世代のフォーミュラをつくっていきたい」なとどコメントした。拡大

技術のアピールで盛り上げよう

「技術開発」は個人的には好物だ。エンジンは現在、SUPER GT GT500クラスと基本コンセプトを共有する2リッター直4直噴ターボのガソリンエンジンを搭載する。市販車でトレンドになって久しい過給ダウンサイジングのコンセプトを取り入れたものだ。燃料流量を規制して熱効率を向上させる開発を促すなど、量産車のCO2排出量削減につながる技術に取り組んではいる。だが、情報発信が十分だったかというと、疑義を呈さざるを得ない。

SFネクスト・ゴーでは、SFにエンジンを供給するホンダやトヨタとともに、積極的にカーボンニュートラルに結びつく技術開発に取り組み、取り組んでいる姿を公開していくという。すでに、e-Fuel(再生可能エネルギーを利用して生成した水素を用いた合成燃料)やバイオフューエル、植物由来の天然素材であるバイオコンポジットのテスト(レースウイークに走らせる)を2022年から開始すると発表している。欲を言えば、日本の技術力を世界に広く知らしめるためにも、シャシーの国産化にも期待したいところだ。

トヨタが水素エンジンを積んだ「カローラ スポーツ」をスーパー耐久シリーズに持ち込むことで、カーボンニュートラルに向かう選択肢のひとつとして水素に注目が集まると同時に、シリーズそれ自体にも注目が集まるようになった(と感じている)。同様の効果をSFネクスト・ゴーの取り組みにも期待したい。

SFネクスト・ゴーでは、ホンダとトヨタが協力するかたちで、2022年からカーボンニュートラル社会を見据えた車両の技術開発にも取り組む。写真はテスト用マシンのイメージ。
SFネクスト・ゴーでは、ホンダとトヨタが協力するかたちで、2022年からカーボンニュートラル社会を見据えた車両の技術開発にも取り組む。写真はテスト用マシンのイメージ。拡大
発表会では、レーシングドライバーの代表として小林可夢偉選手(写真右)と山本尚貴選手(中央)も登壇。今後テストカーのステアリングを握ることになる山本選手は、その技術的フィードバックに意欲をみせた。
発表会では、レーシングドライバーの代表として小林可夢偉選手(写真右)と山本尚貴選手(中央)も登壇。今後テストカーのステアリングを握ることになる山本選手は、その技術的フィードバックに意欲をみせた。拡大
トヨタはスーパー耐久シリーズに、「カローラ スポーツ」をベースに開発した水素エンジン搭載車を投入している。内燃機関の可能性を探る実験的な試みではあるが、その動向は業界の注目を集めている。
トヨタはスーパー耐久シリーズに、「カローラ スポーツ」をベースに開発した水素エンジン搭載車を投入している。内燃機関の可能性を探る実験的な試みではあるが、その動向は業界の注目を集めている。拡大

“デジタルのエンタメ”に期待

3つ目の柱であるデジタルシフトは、「映像、音楽、データ、通信、AI、ゲーム、アニメーションなど、さまざまな切り口からエンターテインメントの技術開発にチャレンジし、日本から世界に発信する新しいモータースポーツカルチャーの創造を目指す」とする。2022年から始める具体策は、スマートフォンに最適化したプラットフォームの立ち上げだ。そのプラットフォームでは、全ドライバーのオンボード映像や車両データ(車速や位置情報、オーバーテイクシステムの残量など)、ドライバー無線の音声を見聞きすることができるようになるという。

オンボード映像と4輪のタイヤの温度を照らし合わせて確認することで、ドライバーがコックピットで格闘している理由が、手に取るようにわかるようになるだろう。逃げるドライバーと追い上げるドライバーの映像とデータを比較することで、彼らが直面している状況の違いを推察することができ、リアルに展開するバトルを見守る興奮が増す。それこそ、モータースポーツだけが発信できる特有のエンターテインメントというものだ。上手に楽しむには、さまざまな情報を活用する楽しみ方指南も欠かせない。

SFネクスト・ゴーの取り組みは、「現状のままでは国内トップフォーミュラの未来がない」とする危機感から生まれたのだろう。変えようとする姿勢には全面的に賛同するし、微力ながらサポートしていきたいとも思う。「変わりつつある」ことをわかりやすく世間に浸透させるには、最初の一歩が肝心。「変わるって言っていたのに、これかよぉ」とがっかりさせることのないような、ワクワクする具体策の発表を心待ちにしたい。

(文=世良耕太/写真=webCG/編集=関 顕也)

SFネクスト・ゴーの重要な施策が、エンターテインメント性の追求。「デジタルシフト」をテーマに、映像、音楽、ゲーム、アニメーションなど、さまざまな切り口で技術開発にチャレンジしていくという。
SFネクスト・ゴーの重要な施策が、エンターテインメント性の追求。「デジタルシフト」をテーマに、映像、音楽、ゲーム、アニメーションなど、さまざまな切り口で技術開発にチャレンジしていくという。拡大
これからは、スマートフォンに最適化したスーパーフォーミュラの新たなデジタルプラットフォームが立ち上げられる。レースのライブ映像をいつでもどこでも楽しめるようになるのはもちろん、「ドライバー無線の内容が聞ける」というのは大きなトピック。臨場感のある新しいモータースポーツ体験を提供すると関係者は意気込む。
これからは、スマートフォンに最適化したスーパーフォーミュラの新たなデジタルプラットフォームが立ち上げられる。レースのライブ映像をいつでもどこでも楽しめるようになるのはもちろん、「ドライバー無線の内容が聞ける」というのは大きなトピック。臨場感のある新しいモータースポーツ体験を提供すると関係者は意気込む。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。