「アルピーヌA110」のマイナーチェンジモデル登場 国内導入も決定

2021.11.26 自動車ニュース
アルピーヌA110 S(以下同じ。写真はすべて欧州仕様車)
アルピーヌA110 S(以下同じ。写真はすべて欧州仕様車)拡大

アルピーヌ・ジャポンは2021年11月26日、仕様変更された「アルピーヌA110」シリーズを国内に導入すると発表した。発売の時期や価格については、後日あらためて告知される見込み。

 
「アルピーヌA110」のマイナーチェンジモデル登場 国内導入も決定の画像拡大
 
「アルピーヌA110」のマイナーチェンジモデル登場 国内導入も決定の画像拡大
 
「アルピーヌA110」のマイナーチェンジモデル登場 国内導入も決定の画像拡大
 
「アルピーヌA110」のマイナーチェンジモデル登場 国内導入も決定の画像拡大
 
「アルピーヌA110」のマイナーチェンジモデル登場 国内導入も決定の画像拡大
 
「アルピーヌA110」のマイナーチェンジモデル登場 国内導入も決定の画像拡大

A110の仕様変更については、フランス国内で同年11月24日(現地時間)にアナウンスされている。本国では、「アルピーヌシャシー」と呼ばれる標準的なシャシーに最高出力252PS、最大トルク320N・mの1.8リッター直4ターボエンジンを搭載するベーシックグレード「A110」のほか、「A110 GT」と「A110 S」がラインナップされる。

A110 GTは「デイリーユースや長距離ドライブも意識したスポーツクーペ」という位置づけで、従来の高出力ユニットに比べ8PSと20N・m増しとなる最高出力300PS、最大トルク340N・mの1.8リッター直4ターボエンジンをアルピーヌシャシーに搭載。パフォーマンスと快適性を高度にバランスさせたとうたわれる。リアビューカメラ付きのパークアシストや本革張りのコンフォートシートなども標準装備される。

A110 Sは走行性能を一段と追求したグレードで、A110 GTと同じハイパワーエンジンが、よりハードな足まわりを持つ「スポーツシャシー」と組み合わされている。外観ではブライトブラックの18インチホイールやオレンジのブレーキキャリパーなどが特徴で、スポーツ走行向けのオプションとして、ミシュランのセミスリックタイヤ「パイロットスポーツカップ2コネクト」のほか、カーボン製のフロントブレードおよびリアスポイラー、リアディフューザーなどからなる「エアロキット」も設定。このエアロキットとリミッターオフの効果により最高速度275km/hを実現する(他グレードは250km/h)。

シートはサベルト製のスポーツタイプで、セットオプション「マイクロファイバーパック(ステアリングホイール、ヘッドライナー、センターコンソール、ダッシュボード)」も選択できる。

また最新のアルピーヌA110シリーズには、7インチのタッチスクリーンからなる新しいアルパイン・マルチメディア・システムが搭載される。スマートフォンにインスパイアされたというこのシステムは、直感的な操作がセリングポイントとされており、Apple CarPlayおよびAndroid Autoが使えるほか、リモートアップデートにも対応。将来的にはWi-Fi接続が可能になるという。

フランスにおける最新型A110シリーズの価格は以下の通り。2021年12月1日から取り扱いがスタートする。

  • A110:5万9500ユーロ(約760万円)
  • A110 GT:6万9500ユーロ(約890万円)
  • A110 S:7万1500ユーロ(約915万円)

(webCG)
 

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース