三菱がラリーアート仕様の「トライトン」「パジェロスポーツ」を発表

2021.11.30 自動車ニュース
写真左から「三菱パジェロスポーツ ラリーアート」「同トライトン ラリーアート(クラブキャブ)」「同トライトン ラリーアート(ダブルキャブ)」。
写真左から「三菱パジェロスポーツ ラリーアート」「同トライトン ラリーアート(クラブキャブ)」「同トライトン ラリーアート(ダブルキャブ)」。拡大

三菱自動車は2021年11月30日、同社のラリーアートブランド復活第1弾として、ピックアップトラック「トライトン」とミッドサイズSUV「パジェロ スポーツ」に特別仕様車「ラリーアート」を設定すると発表した。同日から12月12日まで、タイ・バンコクで開催される第38回タイランド・インターナショナル・モーター・エキスポ2021に車両を出展し、現地での販売は12月1日に開始するとしている。

トライトン ラリーアート(ダブルキャブ)
トライトン ラリーアート(ダブルキャブ)拡大
「トライトン ラリーアート(ダブルキャブ)」のリアビュー。
「トライトン ラリーアート(ダブルキャブ)」のリアビュー。拡大
パジェロスポーツ ラリーアート
パジェロスポーツ ラリーアート拡大
「パジェロスポーツ ラリーアート」のリアビュー。
「パジェロスポーツ ラリーアート」のリアビュー。拡大

ワークスカーを思わせるドレスアップ

ラリーアートは、かつて三菱のワークスチームとしてWRC(世界ラリー選手権)やダカールラリーなどのモータースポーツに参加していた組織。2021年5月に、その復活が明言されていた。

今回発表された特別仕様車は、かつてラリーに参戦していたワークスカーを彷彿(ほうふつ)とさせるレッド、シルバー、ブラックのストライプ調ボディーサイドデカールや、レッドのマッドフラップなど、「RALLIART」ロゴをあしらった内外装アクセサリーを特別装備している。

「トライトン ラリーアート」はトライトンのクラブキャブおよびダブルキャブのローライダー仕様がベース。ボディカラーはソリッドホワイトとブラックルーフのツートンカラー、およびジェットブラックマイカの2種類で、以下のアイテムでドレスアップされている。

  • サイドデカール
  • RALLIARTロゴ入りマッドフラップ
  • ブラックのフロントグリルおよびアルミホイール
  • レッドのアクセントカラーを加えたフロントバンパーガーニッシュ
  • RALLIARTロゴ入りのベッドライナー
  • ブラックのドアミラー、ドアハンドル、リアゲートハンドル、リアバンパー(クラブキャブ) ※2トーンカラーのモデル限定
  • インテリアのRALLIARTロゴ
  • 専用フロアマット

「パジェロスポーツ ラリーアート」の特別装備は以下の通り。ボディカラーはホワイトダイヤモンドとブラックルーフのツートンカラー、およびジェットブラックマイカの2種類となる。

  • レッドのアクセントカラーを加えたフロントおよびリアのアンダーガーニッシュ(RALLIARTロゴ入り)
  • ブラックのフェンダーアーチモールディング、ルーフレール、シャークフィンアンテナ、テールゲートスポイラー ※2トーンカラーのモデル限定
  • サイドデカール
  • RALLIARTロゴ入りマッドフラップ
  • ブラックのフロントグリルおよびアルミホイール
  • インテリアのRALLIARTロゴ
  • 専用フロアマット

三菱自動車の加藤隆雄社長は、今後もラリーアート商品を順次投入するほか、このブランドのスピリットを感じられるような活動を検討しているなどとコメントしている。

(webCG)

関連キーワード:
トライトン, 三菱, 自動車ニュース