光岡が「バディ」を一部改良 アルミホイールの塗装色と意匠の変更などを実施

2021.12.02 自動車ニュース
ミツオカ・バディ
ミツオカ・バディ拡大

光岡自動車は2021年12月2日、SUV「ミツオカ・バディ」の一部改良モデルを発表し、同日、販売を開始した。

今回の一部改良で、アルミホイールの塗装色と意匠の変更が行われた。
今回の一部改良で、アルミホイールの塗装色と意匠の変更が行われた。拡大
「シートベンチレーション」が「20LX」「20DX」「ハイブリッド DX」グレードに標準装備化された。
「シートベンチレーション」が「20LX」「20DX」「ハイブリッド DX」グレードに標準装備化された。拡大

バディは「トヨタRAV4」をベースにミツオカ独自のデザインで仕立てられたカスタマイズカー。2020年11月26日に予約受け付けを開始し、2021年6月24日にデリバリーがスタートした。

今回の一部改良ではアルミホイールの塗装色と意匠の変更が行われたほか、新たに「シートベンチレーション」が「20LX」「20DX」「ハイブリッドDX」グレードに標準で装備された。

さらに「20ST」「ハイブリッドST」グレードでこれまでオプションアイテムだった「バックガイドモニター」が標準装備となった。

バディのラインナップと価格は以下の通り。

【2リッターガソリンエンジン車】

  • 20ST(FF車):486万0900円
  • 20ST(4WD車):505万6700円
  • 20DX(4WD車):550万1100円
  • 20LX(4WD車):568万2600円

【2.5リッターハイブリッド車】

  • ハイブリッドST(FF車):541万4200円
  • ハイブリッドST(4WD車):563万5300円
  • ハイブリッドDX(4WD車):608万7400円

(webCG)

関連キーワード:
バディ, ミツオカ, 自動車ニュース