「シボレー・コルベット」の内外装カラーバリエーションが大幅に拡充

2021.12.07 自動車ニュース

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2021年12月7日、ミドシップスポーツカー「シボレー・コルベット」の一部仕様および価格を改定し、販売を開始した。

今回はカラーバリエーションの拡充を図っている。ボディーカラーには要望の多かったブラックなどの新色を追加し、全6色から全8色へとラインナップを拡大。内装色のバリエーションを1色から4色へと広げたほか、シートベルトカラーの追加(クーペ2LT/クーペ3LT)やブレーキキャリパーカラーの変更(コンバーチブル)などにより、選択肢を広げている。なお、ボディーカラーは有償色の設定を廃止した。

また、立体駐車場や急な上り勾配などでフロントアクスルを持ち上げられるフロントリフト機構をクーペ2LTにも標準装備としている。

コルベットのラインナップと価格は以下の通り(カッコ内は従来モデルからの改定幅)

  • クーペ2LT:1250万円(+70万円)
  • クーペ3LT:1450万円(+50万円)
  • コンバーチブル:1600万円(+50万円)

(webCG)

シボレー・コルベット
シボレー・コルベット拡大

関連キーワード:
コルベット, コルベット コンバーチブル, シボレー, 自動車ニュース