ホンダが「N-BOX」に電動駐車ブレーキを採用 黒いアクセントが目を引く特別仕様車も登場

2021.12.16 自動車ニュース
ホンダN-BOXカスタム スタイル+ ブラック
ホンダN-BOXカスタム スタイル+ ブラック拡大

本田技研工業は2021年12月16日、軽乗用車「ホンダN-BOX/N-BOXカスタム」に一部改良を実施するとともに、N-BOXカスタムに特別仕様車「スタイル+ ブラック」を設定し、同年12月17日に発売すると発表した。

 
ホンダが「N-BOX」に電動駐車ブレーキを採用 黒いアクセントが目を引く特別仕様車も登場の画像拡大
 
ホンダが「N-BOX」に電動駐車ブレーキを採用 黒いアクセントが目を引く特別仕様車も登場の画像拡大
 
ホンダが「N-BOX」に電動駐車ブレーキを採用 黒いアクセントが目を引く特別仕様車も登場の画像拡大
 
ホンダが「N-BOX」に電動駐車ブレーキを採用 黒いアクセントが目を引く特別仕様車も登場の画像拡大
 
ホンダが「N-BOX」に電動駐車ブレーキを採用 黒いアクセントが目を引く特別仕様車も登場の画像拡大
電子制御パーキングブレーキ
電子制御パーキングブレーキ拡大

ホンダN-BOXは、広々とした車内空間を特徴とするスーパーハイトワゴン型の軽乗用車である。今回の改良では、オートブレーキホールド付き電子制御パーキングブレーキを全車に標準装備。これに伴い、アダプティブクルーズコントロールも渋滞時の負担軽減に寄与する全車速対応型となった。

価格はN-BOXが144万8700円から204万2700円、N-BOXカスタムが178万9700円から225万2800円となっている。

同時に設定されたN-BOXカスタム スタイル+ ブラックは、ホンダが軽自動車商品群「Nシリーズ」において展開する新たなサブブランド「Nスタイル+」の、第1弾となる特別仕様車である。このブランドはNシリーズの誕生10周年を機に設定されたもので、ホンダは「Nのさまざまな世界観を提案するクルマ選びの楽しさを高めた新ブランド」「多くのお客さまにNシリーズの使い勝手のよさを体感してもらう一方で、人とは一味違う個性あるデザインを求めるニーズに応えることを目指して誕生した」と説明している。

今回リリースされるN-BOXカスタム スタイル+ ブラックについては、各部をブラックアウトしたエクステリアデザインを特徴としており、フロントグリルやリアライセンスガーニッシュなどを「ベルリナブラック」で統一。「N-BOX Custom」エンブレムやアルミホイールにも専用のブラック塗装を施している。

価格は以下の通り。

  • Lスタイル+ ブラック(FF):192万9400円
  • Lスタイル+ ブラック(4WD):206万2500円
  • L・ターボ スタイル+ ブラック(FF):205万7000円
  • L・ターボ スタイル+ ブラック(4WD):219万0100円

ホンダは今後も、Nシリーズの各車種においてNスタイル+のモデルを順次展開していくとしている。

(webCG)

関連キーワード:
N-BOX, N-BOXカスタム, ホンダ, 自動車ニュース