新開発の7段DCTを搭載した「ボルボV60」発売

2021.12.16 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2021年12月16日、ステーションワゴン「V60」の「B4」パワートレイン搭載車に新開発の7段デュアルクラッチ式トランスミッション(DCT)を搭載し、販売を開始した。

B4パワートレインはV60のエントリーグレード「B4モメンタム」が搭載。最高出力197PS/最大トルク300N・mの2リッター直4ターボエンジンには48Vマイルドハイブリッド(同14PS/同40N・m)を採用。これまでは8段のトルコン式ATが組み合わされていた。

新しい7段DCTは湿式クラッチを採用し、電子制御の機械式ギアシフトアクチュエーターを使っているのが特徴だ。一定の条件下ではアクセルオフによるコースティング時にエンジンが停止するようになっており、WLTCモード燃費が従来モデルの13.7km/リッターから15.4km/リッターへと約12.4%改善している。

価格は499万円(従来通り)。

(webCG)

ボルボV60 B4モメンタム
ボルボV60 B4モメンタム拡大

関連キーワード:
V60, ボルボ, 自動車ニュース