アバルト595コンペティツィオーネ(前編)

2021.12.26 池沢早人師の恋するニューモデル 自動車漫画の金字塔『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。愛車にはスーパーカーが多く、コンパクトホットハッチを駆るイメージがない漫画界のレジェンドだが、その評価やいかに。

狙ったラインに素直にのれる

最高出力180PSの1.4リッター直4ターボエンジンを搭載するFFホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」から、意外にも満面の笑みで降り立った池沢早人師先生。ご存じ自動車漫画の金字塔「サーキットの狼」の作者にして、元JGTCレーサーでもある。

漫画界のビッグネーム“池沢早人師”には、ホットであるとはいえFFハッチバックは似合わないというか、お気に召さないかもと危惧していたのですが……。
「いや、そんなことはないです(笑)。このクルマはホントにいいですね! 先にこの連載企画で試乗した『フェラーリ・ローマ』よりも楽しかったですよ!」

フェ、フェラーリよりもアバルトですか!
「いや、もちろんね、ローマはあまりにも(車両の価格が)高いクルマで、なおかつ(試乗時は)ウエットコンディションだったから、少しアクセルを踏むのを遠慮しすぎちゃったというのは確かにあるのですが、それを差し引いても、アバルト595コンペティツィオーネは素晴らしいと思いましたね!」

この小さなイタリアンホットハッチのどのあたりが、そんなにもお気に召したんでしょうか?
「まずはね、狙ったラインに素直にのっていけるんですよ。これFFですよね?」

はい、そうです。
「それなのに、というか何というか、狙ったラインに素直にのっていけて、そこからガッと踏んでやればそのままうまく事前に思い描いたとおりのラインで走ってくれるんです。いわゆるオンザレール感は申し分ないです」

漫画界のレジェンド、池沢早人師先生が今回ステアリングを握った「アバルト 595コンペティツィオーネ」。アバルト595の現行カタログモデルで、最もハイパフォーマンスな仕様となる。
漫画界のレジェンド、池沢早人師先生が今回ステアリングを握った「アバルト 595コンペティツィオーネ」。アバルト595の現行カタログモデルで、最もハイパフォーマンスな仕様となる。拡大
「アバルト595コンペティツィオーネ」に搭載される1.4リッター直4ターボエンジンは、最高出力180PS/5500rpm、最大トルク230N・m/2000rpmを発生。
「アバルト595コンペティツィオーネ」に搭載される1.4リッター直4ターボエンジンは、最高出力180PS/5500rpm、最大トルク230N・m/2000rpmを発生。拡大
【アバルト595コンペティツィオーネ】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3660×1625×1505mm/ホイールベース:2300mm/車重:1120kg/駆動方式:FF/エンジン:1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:5段AT/最高出力:180PS(132kW)/5500rpm/最大トルク:230N・m(23.5kgf・m)/2000rpm/タイヤ:(前)205/40ZR17 84W/(後)205/40ZR17 84W(ミシュラン・パイロットスポーツ3)/燃費:13.1km/リッター(WLTCモード)/価格:421万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:284.0km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:25.3リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:11.2km/リッター(満タン法)/12.6km/リッター(車載燃費計計測値)
【アバルト595コンペティツィオーネ】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3660×1625×1505mm/ホイールベース:2300mm/車重:1120kg/駆動方式:FF/エンジン:1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:5段AT/最高出力:180PS(132kW)/5500rpm/最大トルク:230N・m(23.5kgf・m)/2000rpm/タイヤ:(前)205/40ZR17 84W/(後)205/40ZR17 84W(ミシュラン・パイロットスポーツ3)/燃費:13.1km/リッター(WLTCモード)/価格:421万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:284.0km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:25.3リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:11.2km/リッター(満タン法)/12.6km/リッター(車載燃費計計測値)拡大
関連記事
  • アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.29 試乗記 0-100km/h加速5.9秒をうたう究極のアバルト、「695ビポスト」に試乗。ノンシンクロの“ドグミッション”を搭載したスーパーアバルトは、一体どんな走りを見せるのだろうか。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(後編) 2022.1.2 池沢早人師の恋するニューモデル 自動車漫画の金字塔『サーキットの狼』の作者、池沢早人師がイタリアンホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」を最終評価。レースとチューニングの世界で名をはせた名門アバルトの末裔(まつえい)は、レジェンドの目にどう映ったのか。
  • レクサスLX600プロトタイプ(4WD/10AT)【試乗記】 2022.1.12 試乗記 トップレベルの走破性と、オンオフを問わない快適性の両立をうたう、レクサスの最上級SUV「LX」。メカニズムで関連の深い「トヨタ・ランドクルーザー」との違いを含め、新型の仕上がりをリポートする。
  • 改良型「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が上陸 2022.1.20 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2022年1月20日、マイナーチェンが施された「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」の日本導入を発表。同日、予約注文の受け付けを開始した。デリバリーの開始時期は、同年2月ごろになる見込み。
  • BMW M440i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2022.1.18 試乗記 実用的な5ドアボディーにダイナミックなデザイン、そして高性能なエンジンとシャシー。いかにも万能そうなミドルクラスクーペは、ステアリングを握ったドライバーに大いなる満足を与えてくれた。
ホームへ戻る