メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(後編)

2021.12.30 谷口信輝の新車試乗 フルモデルチェンジしたメルセデス・ベンツの基幹モデル「Cクラス」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。4輪操舵システムが備わる足まわりや高効率ターボエンジンの印象について語る。

「押さえて曲がる」が谷口流

以前からクルマの小回り性に強い関心を寄せている谷口信輝が、最近とくに重視している装備が4輪操舵システム、いわゆる4WSであることは前編でご紹介したとおり。今回、谷口に試乗してもらったメルセデス・ベンツC200アバンギャルドも、車両価格が600万円台であるにもかかわらず4WSをオプション装着できることがウリのひとつで、今回の試乗車にもメルセデスが「リアアクスルステアリング」と呼ぶ4WSが装備されていた。おかげで、その小回り性のよさに谷口はすっかりほれ込んでしまった様子だったが、同じ4WSを装着した『Sクラス』などとは、微妙に感触が異なるという。それをひとことで言えば、コーナーの進入で一度押しつぶしたはずのサスペンションスプリングやタイヤなどが、コーナーの途中で押し返してくるような反応を示すのだという。
「サスペンションスプリングやタイヤのように、荷重をかけたときに反力を発生するものに関しては、ターンインでそれを押しつぶしてからコーナーに進入していくのが僕のドライビングスタイルなんです」

谷口が言いたいのは、おそらくこういうことだろう。スプリングやタイヤをゴム風船に例えると、荷重をかけたときにそれらが膨らんだり縮んだりを繰り返すような状態だとすれば、コーナリング中にもボディーが上下して姿勢が落ち着かなくなる。そこで、ゴム風船が「もうこれ以上は縮めない」というところまで押しつぶした状態にできれば、ボディーが上下せずに安定した姿勢でコーナリングできることになる。そういう状態でコーナリングすればタイヤから安定したグリップを引き出せるうえ、なにか急な変化が起きたときにも素早く対応できるというのが、谷口のドライビングスタイルの根本にあるのだろう。だからこそ谷口は、今回、こんな話を聞かせてくれたのである。
「反力を発生するもののなかには、荷重をかけてもそれを押し返そうとするものがあります。そういうときは、押し返されないように荷重をかけ続けたり、少しずつ荷重を増していったりします」

 
メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(後編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(後編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(後編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(後編)の画像拡大
関連記事
  • メルセデス・ベンツC200エクスクルーシブライン リミテッド(本革仕様)(FR/7AT)【試乗記】 2015.6.18 試乗記 上級サルーン「Sクラス」に似たフロントデザインを持つ、「メルセデス・ベンツCクラス」の特別限定車に試乗。果たしてそれは、1台で2種類のドライブフィーリングが得られるという、“ふたつの顔を持つクルマ”だった。
  • プジョー308 GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2022.5.3 試乗記 プジョーのCセグメントハッチバック「308」がフルモデルチェンジ。もちろん新しくなったのは見た目だけでなく、9年ぶりの新型にふさわしく中身も長足の進歩を遂げている。1.5リッターディーゼルモデルの仕上がりをリポートする。
  • 日産アリアB6(FWD)【試乗記】 2022.4.22 試乗記 2010年の「リーフ」から電気自動車(BEV)を世に問うてきた日産が、2022年にはいよいよBEV第2弾となる「アリア」を国内で本格展開する予定だ。12年の知見を注ぎ込んで開発されたニューモデルの仕上がりをリポートする。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2021.12.14 試乗記 数多い新型「メルセデス・ベンツCクラス」のラインナップのなかで、先陣を切って上陸した「C200アバンギャルド」に試乗。1.5リッター直4ターボ+マイルドハイブリッドのパワートレインと、後輪操舵システムを採用したシャシーが織りなす走りを確かめた。
  • スズキ・アルトA(FF/CVT)【試乗記】 2022.5.18 試乗記 スズキのベーシックな軽乗用車「アルト」のなかでも最廉価のエントリーグレード「A」に試乗。装備が簡素化され、マイルドハイブリッド機構も省かれた2ケタ万円の自動車からは、グローバルモデルの開発でも力を発揮するであろう“スズキの底力”が感じられた。
ホームへ戻る