ホンダが新型「ステップワゴン」を初公開 2022年春に発売

2022.01.07 自動車ニュース
2022年春に発売されるホンダの新型「ステップワゴン」。
2022年春に発売されるホンダの新型「ステップワゴン」。拡大

本田技研工業は2022年1月7日、ミニバン「ステップワゴン」の新型を同年春に発売すると発表した。

新たに「エアー」と名づけられた標準車(左)と、カスタム仕様車の「スパーダ」(右)を設定。先代モデルの特徴であった「わくわくゲート」と呼ばれるサブドアを備えたテールゲートは採用されていない。
新たに「エアー」と名づけられた標準車(左)と、カスタム仕様車の「スパーダ」(右)を設定。先代モデルの特徴であった「わくわくゲート」と呼ばれるサブドアを備えたテールゲートは採用されていない。拡大
「ステップワゴン エアー」のサイドビュー。新型は、ミニバンに慣れ親しんだ“ミニバンネイティブ”世代をターゲットに開発を行ったという。
「ステップワゴン エアー」のサイドビュー。新型は、ミニバンに慣れ親しんだ“ミニバンネイティブ”世代をターゲットに開発を行ったという。拡大
スタイリッシュなデザインが特徴となる「ステップワゴン スパーダ」。ボディー最下部の全周にダーククロームのモールが備わっている。
スタイリッシュなデザインが特徴となる「ステップワゴン スパーダ」。ボディー最下部の全周にダーククロームのモールが備わっている。拡大
「ステップワゴン エアー」のフロントフェイス。トライファンクションLEDヘッドランプが採用されている。
「ステップワゴン エアー」のフロントフェイス。トライファンクションLEDヘッドランプが採用されている。拡大
縦型リアコンビランプは、初代および2代目へのオマージュとしてデザインされている。
縦型リアコンビランプは、初代および2代目へのオマージュとしてデザインされている。拡大
「ステップワゴン スパーダ」のインストゥルメントパネル。水平基調のデザインは、長距離運転時の安心感と日常運転のしやすさを両立させるものだという。
「ステップワゴン スパーダ」のインストゥルメントパネル。水平基調のデザインは、長距離運転時の安心感と日常運転のしやすさを両立させるものだという。拡大
2列目には前後に865mm、中央方向に75mm、外側方向に115mmスライドするキャプテンシートが採用されている。
2列目には前後に865mm、中央方向に75mm、外側方向に115mmスライドするキャプテンシートが採用されている。拡大
国内に導入されるモデルとしては、ホンダ史上最大となる「ステップワゴン」の車内空間。
国内に導入されるモデルとしては、ホンダ史上最大となる「ステップワゴン」の車内空間。拡大

ホンダ・ステップワゴンは1996年に登場したミドルクラスのミニバン。スペースユーティリティーを重視したデザインや機能が特徴で、今回内外装デザインが公開された新型は6代目にあたる。

フルモデルチェンジにあたりホンダでは、幼少期にミニバンに慣れ親しんだ“ミニバンネイティブ”世代をターゲットに開発。「#素敵(すてき)な暮らし」をキーワードに、「シンプルでクリーンなエクステリアデザイン」と「どの席からも開放感のある視界が得られ、爽快で居心地のいい空間」を目指している。

ラインナップは先代モデルと同じく2タイプで構成され、シンプルなデザインで親しみを感じる標準モデルの「AIR(エアー)」と、精悍(せいかん)さやスタイリッシュさを感じるデザインのカスタム仕様車「SPADA(スパーダ)」を設定している。パワーユニットは、純ガソリンエンジンとハイブリッドの2本立てとなる。

エクステリアデザインでは、先代モデルに対して引き上げられたベルトラインが目を引く。塊を表現するソリッドな箱型ボディーと、ホンダがグッドスタンスと称する踏ん張りがきいた足まわりで安定感を表現。縦型デザインのリアコンビランプは初代および2代目への、ボディーパネルの一部となるDピラー形状は3代目までへのオマージュとして取り入れたという。

インテリアは、水平基調で広いキャビン空間を意識して開発。ウィンドウの稜線(りょうせん)を水平垂直にそろえ、運転席からはフロントフードの端までしっかり見えるようになっている。車内空間は、国内に導入されるモデルとしてはホンダ史上最大となるスペースを有す。

2列目シートには前後に865mm、中央方向に75mm、外側方向に115mmスライドするキャプテンシートが採用されている。この2列目シートはレバー1本で簡単に操作が行え、可動範囲内において右斜め前にスライド/ロックさせるなど、任意の場所で固定が可能だ。

3列のシートは後方に行くにしたがって着座位置が高くなり、シートバックやヘッドレストの形状に加え、視界や視野を安定させる内装の造形などにおいて、乗り物酔いがしにくくなる工夫がなされている。ホンダでは乗り物酔いしにくいインテリアデザインをミニバンの新たな価値と考え、関連技術について特許を出願しているという。

内装の仕上げにもこだわっており、エアーでは汚れが目立ちにくい柄で、はっ水はつ油機能のある「FABTECT(ファブテクト)」を、スパーダではFABTECTと「プライムスムース」(合皮)を組み合わせ、インテリアライニングやシートなどに採用。前者はグレーとブラック、後者はブラックが内装色として設定されている。

ホンダで最大となる新型11.4インチ画面の「ホンダコネクトナビ」や、15.6インチの高精細フルHDリア席モニターも純正アクセサリーとして用意されている。

外板色は、エアーが「フィヨルドミストパール」「プラチナホワイトパール」などを含む全5色、スパーダが「トワイライトミストブラックパール」「ミッドナイトブルービームメタリック」を含む全5色の設定。

搭載パワートレインやボディーサイズ、グレードのラインナップ、価格などの詳細に関しては、今春の正式発表時にアナウンスされる予定だ。

(webCG)

「ホンダ・ステップワゴン エアー/ステップワゴン スパーダ」のより詳しい画像はこちら

関連キーワード:
ステップワゴン, ステップワゴンスパーダ, ホンダ, 自動車ニュース