新型「レンジローバー」に上質さとスポーティネスを追求した2つの限定モデル登場

2022.01.17 自動車ニュース
ランドローバー・レンジローバーSVローンチエディション(SVセレニティー)
ランドローバー・レンジローバーSVローンチエディション(SVセレニティー)拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2022年1月17日、新型「ランドローバー・レンジローバー」に特別仕様車「SVローンチエディション」を設定し、同日、注文受け付けを開始した。

 
新型「レンジローバー」に上質さとスポーティネスを追求した2つの限定モデル登場の画像拡大
 
新型「レンジローバー」に上質さとスポーティネスを追求した2つの限定モデル登場の画像拡大
 
新型「レンジローバー」に上質さとスポーティネスを追求した2つの限定モデル登場の画像拡大
レンジローバーSVローンチエディション(SVイントレピッド)
レンジローバーSVローンチエディション(SVイントレピッド)拡大
 
新型「レンジローバー」に上質さとスポーティネスを追求した2つの限定モデル登場の画像拡大
 
新型「レンジローバー」に上質さとスポーティネスを追求した2つの限定モデル登場の画像拡大
 
新型「レンジローバー」に上質さとスポーティネスを追求した2つの限定モデル登場の画像拡大

新たな上級グレード「SV」をベースとした記念モデル

ランドローバー・レンジローバーSVローンチエディションは、新型レンジローバーに新グレードとして「SV」が追加されたことを記念して設定された、日本独自の特別仕様車である。

SVとはジャガー・ランドローバーのなかにあって、ハイパフォーマンスモデルの開発・製造やビスポークオーダーを請け負う「スペシャル・ビークル・オペレーションズ」(SVO)が手がける上級グレードで、上質さを追求した「SVセレニティー」とスポーティーな「SVイントレピッド」の2種類のデザインテーマを用意。特別仕様車のSVローンチエディションも、これら2つのデザインテーマに合わせて2つの仕様が用意される。

SVセレニティーのローンチエディションでは、外装色に「SVビスポークカラー」の「アイシーホワイト」とメタリックペイントの「ヴァレジネブルー」の2種類を設定。車体の各部に「コリンシアンブロンズ」のアクセントを施している。一方内装では、インテリアカラーに「キャラウェイ/ペルリーノ」のデュオトーンを採用。パワーユニットは4.4リッターV8ターボエンジンの「P530」と、3リッター直6ターボエンジンと電動モーターを組み合わせたプラグインハイブリッド「P510e」の2種類。ボディータイプはスタンダードホイールベース(SWB)とロングホイールベース(LWB)の2種類で、後者には4人乗り仕様の「SVシグネチャースイート」を装備している。

一方、SVイントレピッドでは、外装色に「サンライズカッパー」「フラックスシルバー」「リグリアンブラック」の3種類の「SVビスポークウルトラメタリックペイント(サテンフィニッシュ)」を設定。ランドローバー初となる新デザインの23インチアロイホイールを装備している。またインテリアでは、内装色に「ライトクラウド」と「シンダーグレー」の組み合わせを採用。ウルトラファブリックと呼ばれるサステナブル素材を採用するなど、環境負荷の低減にも配慮している。パワーユニットはP530のみ、ボディータイプはSWBのみの設定となる。

価格はパワートレインや車体色の設定によって異なり、SVセレニティーが2675万1000円から3323万6000円、SVイントレピッドが2760万8000円から2773万5000円。販売台数は前者が45台、後者が15台となっている。

(webCG)

◆ギャラリー:新型ランドローバー・レンジローバー
◆関連ニュース:新型「ランドローバー・レンジローバー」の受注がスタート

関連キーワード:
レンジローバー, ランドローバー, 自動車ニュース