ホンダ・シビックLX(前編)

2022.01.20 谷口信輝の新車試乗 スポーティーで身近な国産車として長年親しまれてきた「ホンダ・シビック」。11代目にあたるその新型は、どんなクルマに仕上がっているのか? レーシングドライバー谷口信輝が、ワインディングロードでの印象をアツく語る。

乗り始めで「これは!」

「このクルマ、フロントタイヤが接地している様子がステアリングからしっかり伝わってきて、いいですね」

新しいホンダ・シビックに試乗し始めてから谷口信輝がそう指摘するまで、わずか20秒もかからなかった。谷口の感性が鋭いのは確かだが、一瞬にして谷口にそう思わせたシビックの実力も大したものだ。
「別にステアリングがものすごく重いとか、そういうことじゃないんですが、適度な重さとしっかりとした手応えが感じられます。いまのところ第一印象は、とてもいいですね。クルマのフロントまわりのパフォーマンスというかポテンシャルは、相当高いような気がします」

では、乗り心地はどうなのか?
「柔らかすぎず硬すぎずで、ちょうどいいところにあると思います」と谷口。「もしも柔らかいと硬いの中間に線を引いたら、このシビックは真ん中よりもほんの少しだけ硬いほうにいるかもしれません。おかげで、乗り心地はちょっとドイツ車っていうか、そういうヨーロッパ車的な印象がありますね」

シビックの足まわりについて、谷口が高く評価したのは乗り心地だけではなかった。
「ピッチングとかローリングの動き方がすごくまとまっているから、不安感とか不満を覚えることなく、乗り始めてすぐに『あれ、いいクルマですね、これ』っていう印象を多くの方々が持つんじゃないでしょうか。つまり、自分が慣れなければならないところがあまりなくて、すぐに安心して運転できるクルマっていう感じです」

 
ホンダ・シビックLX(前編)の画像拡大
 
ホンダ・シビックLX(前編)の画像拡大
 
ホンダ・シビックLX(前編)の画像拡大
 
ホンダ・シビックLX(前編)の画像拡大
関連記事
  • ホンダ・シビックe:HEVプロトタイプ(FF)【試乗記】 2022.4.14 試乗記 「ホンダ・シビック」に間もなくハイブリッドモデル「e:HEV」が追加される。将来的にエンジン搭載車をやめると宣言したうえで2リッター直噴エンジンを新規開発したというのだから、その力の入りようが伝わってくるというものだ。プロトタイプモデルの仕上がりをリポートする。
  • プジョー308 GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2022.5.3 試乗記 プジョーのCセグメントハッチバック「308」がフルモデルチェンジ。もちろん新しくなったのは見た目だけでなく、9年ぶりの新型にふさわしく中身も長足の進歩を遂げている。1.5リッターディーゼルモデルの仕上がりをリポートする。
  • ホンダ・シビックLX(FF/CVT)【試乗記】 2021.12.1 試乗記 フルモデルチェンジしたホンダのグローバルコンパクトカー「シビック」に試乗。2040年には内燃機関を全廃するという同社だが、ハイブリッドに先駆け発売された1.5リッター直4ターボモデルのステアリングを握り、エンジン屋の誇りを確かめた。
  • 世界中で愛される“市民のクルマ” 新型「ホンダ・シビック」がこの姿で登場した理由 2021.8.13 デイリーコラム ホンダ車のなかで最長の歴史を誇り、今や世界的な人気モデルとなっている「ホンダ・シビック」。日本での賛否両論を承知しながら、ホンダがこのコンセプトで、この価格で11代目となる新型を世に問うた理由とは? 今日におけるシビックのポジションから読み解く。
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2022.5.10 試乗記 ガソリン/ディーゼル/プラグインハイブリッドと、3つのパワートレインをラインナップする新型「プジョー308」。エントリーグレードに位置づけられる1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載モデルを郊外に連れ出し、その進化を確かめた。
ホームへ戻る