ポルシェデザイン設立50周年を記念した限定車「911エディション50Yポルシェデザイン」登場

2022.01.19 自動車ニュース
ポルシェ911エディション50Yポルシェデザイン
ポルシェ911エディション50Yポルシェデザイン拡大

ポルシェジャパンは2022年1月19日、ポルシェデザインの設立50周年を記念した特別仕様車「911エディション50Yポルシェデザイン」の国内導入を発表し、予約受注を開始した。

 
ポルシェデザイン設立50周年を記念した限定車「911エディション50Yポルシェデザイン」登場の画像拡大
 
ポルシェデザイン設立50周年を記念した限定車「911エディション50Yポルシェデザイン」登場の画像拡大
 
ポルシェデザイン設立50周年を記念した限定車「911エディション50Yポルシェデザイン」登場の画像拡大

ポルシェ911エディション50Yポルシェデザインは「911タルガ4 GTS」がベース。弟のハンスペーターとともにポルシェデザインを設立したフェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェのアイコニックなデザインにインスパイアされたというアイテムを装備した世界限定750台のリミテッドエディションだ。

フェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェが1972年にデザインした腕時計「クロノグラフI」と同じカラーリングを採用し、内外装ともブラックが基調。ボディーサイドにはプラチナサテン仕上げの「PORSCHE DESIGN」ロゴ入りサイドストライプが貼られるほか、タルガバーもレーザー加工を施したプラチナサテン仕上げとされている。バーの「Targa」ロゴはマットブラック仕立てだ。また、リアのエンジンカバーにはフェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェのシグネチャーと「50 PORSCHE DESIGN」の文字が書かれたバッジがあしらわれる。

シートセンターにはクラシックなチェック柄の「Sport-Tex」を採用し、スポーツクロノパッケージ(標準装備)のストップウオッチは、レッドの秒針が備わったポルシェデザインのクロックに置き換えられている。

価格は2505万円。ステアリング位置は左右から選べる。

(webCG)

関連キーワード:
911, 911タルガ, ポルシェ, 自動車ニュース