マクラーレン765LTスパイダー(前編)

2022.03.03 谷口信輝の新車試乗 谷口 信輝 グローバルで765台のみ生産される、マクラーレンのオープントップモデル「765LTスパイダー」。さまざまなスーパースポーツを知る谷口信輝は、そのコックピットでどんなことを感じたのか?

あのブランドとは対照的

レーシングドライバーであると同時に無類のクルマ好きでもある谷口信輝。当然、スポーツカーは彼の大好物だが、それよりもさらにパフォーマンスが高いスーパースポーツカーとなると、これまで“微妙な反応”を示すことがほとんど。とりたてて否定的なことを述べるわけではないのだが、どこかしっくりこない表情を浮かべるのが常だった。それはF1チームの遺伝子を備えたマクラーレンについても同様で、圧倒的なパフォーマンスを高く評価しながらも、その細部や立ち位置に100%同意できていない様子がありありと伝わってきたのである。

では、最新の765LTスパイダーはどうなのか? 現行マクラーレンの標準モデルともいうべき「720S」をベースに、よりサーキット走行に軸足を置いたキャラクターに仕立て直したのが「765LT」とそのコンバーチブル版である765LTスパイダーだ。このためエンジンはよりハイパワーに(最高出力720PS→同765PS)。もともと軽量な720Sからさらに54kgものダイエットを実施したほか、足まわりを固め、エアロダイナミクスをより強化するなどした。

「ポルシェ911」に例えれば、720Sが快適性とパフォーマンスのバランスを考慮した「GTS」だとすれば、765LTは走りの性能に磨きをかけた「GT3 RS」に近いと説明できるだろう。

そんな765LTスパイダーに乗り込んだ谷口に、まずはコックピットまわりの印象を語ってもらった。「いやー、めちゃくちゃスパルタンな世界ですねえ」と谷口。
「目につく場所は、いたるところカーボンがむき出しになっています。しかも、内装はそのカーボンの上に生地が貼り付けてあるだけ、といった印象。このシートにしても、カーボンのフレームに薄いクッションが貼り付けてあるだけで、ガチガチに硬い。でも、僕はレーシングカーに乗り慣れているせいか、これでも苦痛で耐えられないということはまるでありませんでした。いずれにしても、フェラーリみたいに色気を感じさせるインテリアとは対照的な世界ですね」

 
マクラーレン765LTスパイダー(前編)の画像拡大
 
マクラーレン765LTスパイダー(前編)の画像拡大
 
マクラーレン765LTスパイダー(前編)の画像拡大
 
マクラーレン765LTスパイダー(前編)の画像拡大
関連記事
  • 東京オートサロン2023(日産GT-R 2024年モデル) 2023.1.13 画像・写真 日産が「東京オートサロン2023」で公開した、2024年モデルの「GT-R NISMOスペシャルエディション」と「GT-RプレミアムエディションT-spec」。空力性能を追求し、デザインの各所が刷新された最新のGT-Rのディテールを、写真で紹介する。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • 「シボレー・コルベット」史上初の電動AWDモデル世界初公開 2023.1.18 自動車ニュース ゼネラルモーターズは2023年1月17日(現地時間)、「シボレー・コルベット」史上初の電動AWD(全輪駆動)モデル「コルベットE-Ray」を2024年型モデルとして発表した。米国では2023年内にも販売がスタートする。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】 2022.10.5 試乗記 ファンから熱く支持される軽規格のコンパクトオフローダー「スズキ・ジムニー」。その現行型も、今年で誕生から4年。このたび環境性能を高めるべく改良が加えられた。世界的にも貴重になりつつある古典的クロスカントリー車の魅力に、あらためて触れてみよう。
  • フェラーリ296GTB(MR/8AT)【試乗記】 2022.9.13 試乗記 電気と内燃機関の協調により、新時代のスーパースポーツの在り方を体現した「フェラーリ296GTB」。マラネロが手がけたプラグインハイブリッドのベルリネッタは、日本の道でどのような表情を見せるのか? 技術革新によって生まれた、新しい跳ね馬の走りを報告する。
ホームへ戻る