エルシーアイが2リッター直4エンジンを搭載した「ロータス・エミーラ」の受注を開始

2022.04.22 自動車ニュース
ロータス・エミーラ ファーストエディション
ロータス・エミーラ ファーストエディション拡大

ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2022年4月22日、「ロータス・エミーラ ファーストエディション」の注文受け付けを開始した。

 
エルシーアイが2リッター直4エンジンを搭載した「ロータス・エミーラ」の受注を開始の画像拡大
 
エルシーアイが2リッター直4エンジンを搭載した「ロータス・エミーラ」の受注を開始の画像拡大
 
エルシーアイが2リッター直4エンジンを搭載した「ロータス・エミーラ」の受注を開始の画像拡大
 
エルシーアイが2リッター直4エンジンを搭載した「ロータス・エミーラ」の受注を開始の画像拡大

ロータス・エミーラは、全く新しいプラットフォームを採用したロータスの新世代ミドシップスポーツカーであり、またロータスにおける最後のガソリンエンジン搭載車とも紹介されている。

パワートレインの種類は2種類で、2021年10月には日本でも3.5リッターV6スーパーチャージャー付きエンジンを搭載した「V6ファーストエディション」の受注が開始されていたが、今回、2リッター直4ターボエンジンを搭載したファーストエディションの受注も開始されることとなった。

このパワーユニットを搭載したエミーラの詳細については2022年3月に発表されたとおりで、最高出力365PSを発生するAMG製「M139」を、独自の改良を施して搭載。トランスミッションには8段デュアルクラッチ式ATを採用している。ファーストエディションは同エンジンを搭載したエミーラの初版限定モデルであり、先に導入されたV6ファーストエディションと同じく、通常はオプション扱いの各種装備を標準で採用。独自のエンジンベイカバーとCピラーバッジがV6モデルとの識別点として挙げられている。

価格は1386万円。生産開始は2023年1月の予定となっている。

またエルシーアイはV6ファーストエディションについても価格の改定を発表。原材料費の高騰にともない、価格を従来の1353万円から1452万円に値上げした。

(webCG)

関連キーワード:
エミーラ, ロータス, 自動車ニュース