「フォルクスワーゲン・ポロ」がマイナーチェンジ 先行注文受け付けがスタート

2022.04.20 自動車ニュース
フォルクスワーゲン・ポロTSIスタイル
フォルクスワーゲン・ポロTSIスタイル拡大

フォルクスワーゲン ジャパンは2022年4月20日、マイナーチェンジを実施したコンパクトハッチバック車「ポロ」の先行注文受け付けを開始した。発売は同年の年央を予定している。

 
「フォルクスワーゲン・ポロ」がマイナーチェンジ 先行注文受け付けがスタートの画像拡大
 
「フォルクスワーゲン・ポロ」がマイナーチェンジ 先行注文受け付けがスタートの画像拡大
「ポロTSIスタイル」のインストゥルメントパネルまわり。
「ポロTSIスタイル」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
ポロTSI Rライン
ポロTSI Rライン拡大
 
「フォルクスワーゲン・ポロ」がマイナーチェンジ 先行注文受け付けがスタートの画像拡大

フォルクスワーゲン・ポロはグローバルで累計1800万台(派生モデルを含むと2050万台)、日本でもこれまでに30万台が販売されてきた、フォルクスワーゲンの基幹モデルの一台である。

今回のマイナーチェンジでは、フロント/リアまわりのデザインを刷新。インテリアでは9.2インチモニターの純正インフォテインメントシステム「Discover Pro(ディスカバープロ)」や、デジタルメータークラスター、タッチコントロール式エアコンディショナーパネルを採用した。

パワートレインは全車共通で新世代の「1.0 TSI」エンジンを採用しており、市街地における十分な動力性能と高い静粛性を追求。同一車線内全車速運転支援システム「Travel Assist(トラベルアシスト)」やLEDマトリクスヘッドライト「IQ.LIGHT」なども設定している。

グレード構成も刷新しており、従来の「トレンドライン」に代えてLEDヘッドライトなどを装備した「アクティブベーシック」を、「コンフォートライン」に代えてデジタルメータークラスター「Digital Cockpit Pro(デジタルコックピットプロ)」などを装備する「アクティブ」を、「ハイライン」に代えてトラベルアシストやIQ.LIGHTを装備する「スタイル」をラインナップ。スポーティーな仕様の「Rライン」も引き続き設定している。

ボディーカラーは「キングズレッドメタリック」「アスコットグレー」「リーフブルーメタリック」などに新色の「ヴァイブランドヴァイオレットメタリック」を加えた、全7色の設定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
ポロ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース