スズキがコンパクトSUV「エスクード」をハイブリッド化 19.6km/リッターの燃費を実現

2022.04.21 自動車ニュース
スズキ・エスクード
スズキ・エスクード拡大

スズキは2022年4月21日、コンパクトSUV「エスクード」にハイブリッドシステムを搭載し、同日販売を開始した。

フルハイブリッドのモデルであることを示す、黒基調の「HYBRID」バッジ。
フルハイブリッドのモデルであることを示す、黒基調の「HYBRID」バッジ。拡大
インテリアではシフトセレクターの装飾などが従来型との違いだ。
インテリアではシフトセレクターの装飾などが従来型との違いだ。拡大
シートなどの変更についてはアナウンスされていない。
シートなどの変更についてはアナウンスされていない。拡大
ハイブリッドシステムの図解。駆動用バッテリーは車体後方に搭載される。
ハイブリッドシステムの図解。駆動用バッテリーは車体後方に搭載される。拡大
パワートレインを構成する1.5リッターガソリンエンジン(左)と6段シングルクラッチ式AT(中央)、駆動用モーター(右)。
パワートレインを構成する1.5リッターガソリンエンジン(左)と6段シングルクラッチ式AT(中央)、駆動用モーター(右)。拡大
「ALLGRIP」のドライブモードセレクター。
「ALLGRIP」のドライブモードセレクター。拡大
ラインナップはベースグレードのみの単一構成。ツートンを含む全6種類のボディーカラーが用意されている。
ラインナップはベースグレードのみの単一構成。ツートンを含む全6種類のボディーカラーが用意されている。拡大

ハイブリッドシステムはスズキのオリジナル

スズキ・エスクードは欧州Bセグメントに属するコンパクトSUVであり、4代目となる現行型は2015年に販売が開始された。

今回の改良では、既存の1.4リッターガソリンターボエンジンからパワートレインを刷新。新たに1.5リッターガソリンエンジンと電動モーターを組み合わせたハイブリッドシステムが採用された。

このハイブリッドは、先代「ソリオ」で導入したシステムを進化・発展させたスズキ独自のもので、モーターとシングルクラッチ式ATを組み合わせている点が大きな特徴となっている。今回エスクードに搭載されたシステムでは、既存のものより電圧を高めるとともに、リチウムイオンバッテリーの容量を拡大。モーターのアウトプット向上とも相まって(最高出力33.4PS、最大トルク60N・m)、電気だけで走れるEV航続距離の拡大を実現した。

また、減速時にモーターで発電する回生ブレーキと摩擦ブレーキを統合制御する「回生協調ブレーキ」を、スズキ車として初採用。後退時にEV走行が可能となった点も、スズキのハイブリッド車としてはこれが初となる。

一方、エンジンには最高出力101PS、最大トルク132N・mを発生する「K15Cデュアルジェットエンジン」を、トランスミッションには6段に多段化されたシングルクラッチ式AT「6AGS」を採用(ソリオや「スイフト」のものは5段)。これらによって構成される新パワートレインにより、エスクードの改良モデルはWLTCモードで19.6km/リッターという燃費を実現した。またこのシステムは状況に応じて制御の切り替えが可能で、EV走行の頻度を高めた「エコモード」と、力強くキビキビとした走りの「標準モード」が用意されている。

一方、駆動システムは従来のモデルと基本的に共通で、ドライブモードセレクト機能付きの電子制御4WD「ALLGRIP」を採用。高い走行性能と低燃費の両立を図っている。

このほかにも、安全装備では予防安全・運転支援システム「スズキセーフティーサポート」に、カメラで読み取った道路標識をモニターに表示する「標識認識機能」を追加(車両進入禁止、はみ出し通行禁止、最高速度の標識に対応)。またヘッドランプのハイビームとフロントフォグランプがLED式に変更されている。

内外装の仕様にも手を加えられており、エクステリアでは新意匠のヘッドランプとアルミホイールを採用。インテリアではマルチインフォメーションディスプレイにハイブリッド関連の表示を追加したほか、シフトノブの装飾をサテンメッキオーナメントとしている。

価格は297万円。

(webCG)

関連キーワード:
エスクード, スズキ, 自動車ニュース