「ジープ・コンパス」に150台の限定モデル「ロンジチュード4×4」が登場

2022.04.26 自動車ニュース
ジープ・コンパス ロンジチュード4×4
ジープ・コンパス ロンジチュード4×4拡大

ステランティス ジャパンは2022年4月26日、ジープのコンパクトSUV「コンパス」に特別仕様車「ロンジチュード4×4(フォーバイフォー)」を設定し、同年5月7日に発売すると発表した。

 
「ジープ・コンパス」に150台の限定モデル「ロンジチュード4×4」が登場の画像拡大
 
「ジープ・コンパス」に150台の限定モデル「ロンジチュード4×4」が登場の画像拡大
 
「ジープ・コンパス」に150台の限定モデル「ロンジチュード4×4」が登場の画像拡大
 
「ジープ・コンパス」に150台の限定モデル「ロンジチュード4×4」が登場の画像拡大
 
「ジープ・コンパス」に150台の限定モデル「ロンジチュード4×4」が登場の画像拡大

ジープ・コンパス ロンジチュード4×4は、通常はFF車しか設定のないコンパスの中間グレード「ロンジチュード」をベースに、電子制御4WD「Jeepアクティブドライブ」を採用したモデルである。

Jeepアクティブドライブは上級グレード「リミテッド」にも搭載される4WDシステムで、電子制御式パワートランスファーにより、タイヤの空転を検知すると素早く四輪の駆動力配分を最適化。「SAND/MUD」「SNOW」「AUTO」という3つの走行モードに応じてパワートレインの特性を切り替える「セレクテレインシステム」や、急な下り坂を一定の速度で安定して走行できる「ヒルディセントコントロール」なども搭載している。トランスミッションもリミテッドと同じ9段ATとなっており、4WD車でありながら6段ATのFF車(11.8km/リッター)と比べてもそん色のない11.5km/リッターの燃費を実現している(WLTCモード)。

この他の仕様はベースとなったロンジチュードに準じており、LED式オートハイビームヘッドランプや17インチアルミホイール、10.1インチタッチパネルモニター付きオーディオナビゲーションシステム、プレミアムファブリックシートなどを装備。予防安全・運転支援システムには、前走車と一定の車間距離を保ちながら速度調整を自動で行う「アダプティブクルーズコントロール<STOP&GO機能付き>」や、駐車支援システム「ParkSenseフロント・リアパークアシスト」「ParkSense縦列/並列パークアシスト・アンパークアシスト」などが採用されている。

ボディーカラーは同車専用の新色「ギャラクシーブルーメタリックC/C」と、「ブライトホワイトC/C」の2種類。販売台数は前者が100台、後者が50台の限定となっている。価格は465万円。

(webCG)

関連キーワード:
コンパス, ジープ, 自動車ニュース