クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデス・ベンツEQE350+(RWD)

ドライバーズBEV 2022.04.30 試乗記 2022年の半ばからグローバルでのデリバリーが始まる、メルセデスの新型電気自動車(BEV)「EQE」。独特なモノフォルムボディーの中はどうなっていて、どんな乗り味が得られるのか? 国内でのデビューに先駆けてドイツで試乗した。

極めて特異なサイズ感

最近の欧州ブランドの例に漏れず、メルセデス・ベンツもBEV化に積極的なメーカーのひとつだが、乗用車の現行ラインナップを続々BEV化するというのではなく、メルセデスEQというサブブランドを立てて、まずはこちらでBEVを投入するという手段を採っている。その点で言えば、実は非常に慎重である。

2021年の春にデビューした「EQS」は、要するに「Sクラス」相当のサイズとプレステージ性を持ったBEVだが、それと相前後して彼らはSクラスもフルモデルチェンジを行い、新型へと移行させた。2022年4月20日にデビューしたばかりの新型「BMW 7シリーズ」が、その最高峰として「i7」と名づけられたBEVを設定したのとはまったく違ったそのやり方は、もちろんSクラス自体の販売が今も極めて好調だからこその手だてであることは間違いない。

そのEQSと共通のBEV専用となる「EVA2プラットフォーム」を用いて生み出されたEQEも、やはり端的に言えば“BEVの「Eクラス」”である。キャッチフレーズはビジネスアバンギャルド。言いたいことは分かるけれど………。

確かにEQSによく似たキャビンフォワードのフォルムは非常に大胆で、いわゆるビジネスセダンのイメージではない。サイズは全長4946mm×全幅1961mm×全高1512mmで、EQSに比べると全長は270mm短いが、全幅は意外にも35mm広い。全高はほぼ一緒である。ホイールベースは同様に90mm短いが、それでも3120mmに達する。

2021年9月に世界初公開された、メルセデスのBEV「EQE」。先行デビューした「EQS」よりもややコンパクトなビジネスセダンと位置づけられている。
2021年9月に世界初公開された、メルセデスのBEV「EQE」。先行デビューした「EQS」よりもややコンパクトなビジネスセダンと位置づけられている。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4946×1961×1512mm。切り詰められた前後のオーバーハングと、長いホイールベース(3120mm)が特徴的だ。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4946×1961×1512mm。切り詰められた前後のオーバーハングと、長いホイールベース(3120mm)が特徴的だ。拡大
「EQE」にはエントリーモデルとなる「EQE350+」のほか、よりパワフルな「EQE500」やAMGモデルがラインナップされる。
「EQE」にはエントリーモデルとなる「EQE350+」のほか、よりパワフルな「EQE500」やAMGモデルがラインナップされる。拡大
空気抵抗に配慮した「ワンボウライン」と呼ばれるルーフラインが採用された「EQE」。一文字型のリアコンビランプも目を引く。
空気抵抗に配慮した「ワンボウライン」と呼ばれるルーフラインが採用された「EQE」。一文字型のリアコンビランプも目を引く。拡大

確かに広さはあるものの……

大きく異なるのはサイズだけでなく、EQSがテールゲート付きのハッチバックとなるのに対してEQEは独立したトランクを持つ純粋なセダンとされていることだ。ビジネスセダンを標榜(ひょうぼう)するのであれば、それも納得というところだが、実際にはそうしたコンセプトの違いだけでなく、全長が短いぶん、後席の頭部後方にテールゲート用のヒンジを置くことができなかったということも、セダンとされた理由のひとつだったようである。

実際の室内スペースはといえば、キャビン前後長はEクラスセダンより80mm長く、ショルダールームも27mm余裕が増しているとされる。着座位置は65mm高くなっているが、これはホイールベース間の床下にバッテリーを敷き詰めているからだ。

前席に座ると、フロントウィンドウがやや寝ていることと、それもあって左ハンドル車なら左斜め前方の視界がやや遮られ気味なのが気になるが、広さは十分でおおむね快適といえる。EQSで印象的だった全幅141cmにもなる巨大な「MBUXハイパースクリーン」はオプションで、試乗した複数の「EQE350+」はいずれもSクラスや「Cクラス」と同じようなセンターコンソールに縦型タッチスクリーンを据え付けた内装となっていた。これでも先進感は十分といっていい。

一方の後席は、足元は広々しているが頭上には余裕はなく、Eクラスより落ち着くのかと言われると言葉に詰まる。見た目のとおり、もう少しクーペ的な空間といえる。あるいは、430リッターにとどまる荷室スペースのほうが、現在Eクラスに乗っている人にとっては引っかかるところかもしれない。Eクラスと比べて、100リッターほども小さくなっているのはボディーシェイプからも容易に想像できるとおりである。

車内で印象的なのが、大きく寝かされたフロントウィンドウおよびAピラー。ドライバー側の斜め前方視界は、やや遮られ気味になる。
車内で印象的なのが、大きく寝かされたフロントウィンドウおよびAピラー。ドライバー側の斜め前方視界は、やや遮られ気味になる。拡大
センターコンソールはブリッジ型。センターモニター周辺の形状は最新世代の「Sクラス」「Cクラス」のようなスロープ状になっている。
センターコンソールはブリッジ型。センターモニター周辺の形状は最新世代の「Sクラス」「Cクラス」のようなスロープ状になっている。拡大
後席は足元の広さが印象的。対してヘッドルームに余裕があるとは言い難いが、頭上に広がるサンルーフは開放感を演出してくれる。
後席は足元の広さが印象的。対してヘッドルームに余裕があるとは言い難いが、頭上に広がるサンルーフは開放感を演出してくれる。拡大
荷室のフロアは開口部よりも狭まっており、5人乗車時の容量は、このクラスにしては小さい430リッターにとどまる。
荷室のフロアは開口部よりも狭まっており、5人乗車時の容量は、このクラスにしては小さい430リッターにとどまる。拡大

驚くほどの静粛性

今回の試乗の拠点はドイツ・フランクフルト市内。メッセ至近の某ホテルをベースに、何台か乗り換えながら、いくつかのルートをたどった。主に試乗したのは日本にも導入予定のEQE350+。最高出力292PS、最大トルク565N・mを発生する電気モーターをリアアクスルに搭載する後輪駆動モデルだ。駆動用バッテリーの容量は90kWhで、航続距離は最長654kmとうたわれている。なお、ラインナップにはすでにその「4MATIC」(4WD車)と「EQE500 4MATIC」が加わっており、つい先日には「AMG 43/AMG 53」も発表されたばかりだ。

イースター休暇で渋滞する市内で、まず感じたのはやはり圧倒的に静粛性が高く、そしてドライバビリティーがとにかく滑らかということだった。自分のクルマも静かだが、周囲の雑音もよく遮断されていて、渋滞にいら立つクルマのホーンが聞こえてきたりはしていたのだが、喧騒(けんそう)のなかにいるという感じがまるでしない。

BEVなんだから静かで滑らかでも当然と思われるかもしれないが、話はそう簡単ではない。EQEのそれは数あるBEVのなかでもずぬけている。これを凌(しの)ぐのは、あるいはEQSだけかもしれないというほどに。

聞けばこのEVA2プラットフォーム、電気駆動システムのeATSは細かな振動を吸収するためサブフレームにマウントされており、しかもそのサブフレームはボディーにラバーマウントされている。さらに、高周波のノイズを遮断するためにぐるりと樹脂カバーで覆われてもいるのだ。結構、熱をもつはずのユニットなのに……とは思うが、それには別のかたちで対処してでもなお、やはり包んでおきたかったのだろう。その恩恵は明らかである。

内燃機関を持たないBEVのなかでも、「EQE」の静粛性の高さは特に印象に残るものだった。
内燃機関を持たないBEVのなかでも、「EQE」の静粛性の高さは特に印象に残るものだった。拡大
ステアリングホイールのスポーク上には、メーター表示や運転支援システムの操作スイッチが並ぶ。インフォテインメントシステムは音声認識機能でも操作可能。
ステアリングホイールのスポーク上には、メーター表示や運転支援システムの操作スイッチが並ぶ。インフォテインメントシステムは音声認識機能でも操作可能。拡大
こちらは、3つの大型スクリーンが横一列に連結された「MBUXハイパースクリーン」装着車のインテリア。助手席側スクリーンではテレビ等の動画視聴が可能だが、ドライバー側からの視認(よそ見)はできなくなっている。
こちらは、3つの大型スクリーンが横一列に連結された「MBUXハイパースクリーン」装着車のインテリア。助手席側スクリーンではテレビ等の動画視聴が可能だが、ドライバー側からの視認(よそ見)はできなくなっている。拡大
「EQE」のホイールサイズは21インチ(写真)が最大。このほか19インチと20インチのものが用意される。
「EQE」のホイールサイズは21インチ(写真)が最大。このほか19インチと20インチのものが用意される。拡大

もうEクラスには戻れない!?

アクセル操作に対する力の出方も穏やかで、突然ビュンと飛び出したりするようなことはない。このあたりは、ちゃんとメルセデスの味わいだ。トルクはあるが、絶対的なパワーは車重に対してはそこそこぐらい。なので、全開にしても遅くはないが目がついていかないほど速いわけでもない。現時点ではエントリーモデルということになるが、ともあれこれで十分。何も不満はない。

フットワークもしなやかで車重は意識させられるものの、どこでも至極快適。またステアリング操作に対するノーズの動きは軽やかで、適度なペースを保つ限りはワインディングロードも楽しめる。ホイールベースは3120mmもあるが、試乗車には後輪操舵が付いていたこともあり、こうして走りを楽しめたし、また狭いホテルのエントランスでも難渋することはなかった。実際に操舵中の後輪を見ると「こんなに切れているのか」と目を丸くしてしまうが、運転しているぶんには違和感はまったくないのである。

それでいて高速域のスタビリティーは、これはもう素晴らしいの一言。アウトバーンでは200km/h超まで試したが、小雨降るなかでもまさに矢のように直進するさまに感心させられっぱなしだった。

デザインはかなり好き嫌いが分かれそうだし、パッケージングには多少首をひねる部分もあるが、走りっぷりはまさにメルセデスの極み。BEVのメリットを生かして、らしさをさらに増幅させているといっていい。おそらくドイツなどヨーロッパでは、とりわけ環境に配慮した姿勢を積極的に見せておきたい会社のカンパニーカーのような使われ方では、厚く支持されることになるのだろう。そして、充電環境などに不便がなければ、それこそもう内燃エンジンのEクラスには戻れなくなるかもしれないというぐらい、走りの質は高い。

一方で正直、日本では一体どんな人がユーザーになるのか想像するのが難しいが……。それこそビジネスシーンでこれに乗っていたら、いい意味でアバンギャルドな人と見られることは間違いない。

(文=島下泰久/写真=メルセデス・ベンツ/編集=関 顕也)

エントリーモデル「EQE350+」でも動力性能は十分。ハンドリングの軽やかさや高速道路での安定性にも感心させられた。
エントリーモデル「EQE350+」でも動力性能は十分。ハンドリングの軽やかさや高速道路での安定性にも感心させられた。拡大
後輪操舵機能付きのモデルは、写真奥に見えるように、後輪を最大10度ステア可能。最小回転直径は12.5mから10.7mへと縮小される。
後輪操舵機能付きのモデルは、写真奥に見えるように、後輪を最大10度ステア可能。最小回転直径は12.5mから10.7mへと縮小される。拡大
充電については、最大出力170kWの急速充電に対応。一充電あたり654km(WLTPモード)の航続が可能とされる。
充電については、最大出力170kWの急速充電に対応。一充電あたり654km(WLTPモード)の航続が可能とされる。拡大
後席は3分割の可倒式。背もたれを倒すことで、荷室容量の拡大、長尺物の積載に対応する。
後席は3分割の可倒式。背もたれを倒すことで、荷室容量の拡大、長尺物の積載に対応する。拡大
「EQE」はドイツ・ブレーメンと中国・北京の、計2つの工場で生産され、2022年半ばにデリバリーが開始される。スタート価格は7万0626.5ユーロ(約953万円)となっている。
「EQE」はドイツ・ブレーメンと中国・北京の、計2つの工場で生産され、2022年半ばにデリバリーが開始される。スタート価格は7万0626.5ユーロ(約953万円)となっている。拡大
メルセデス・ベンツEQE350+
メルセデス・ベンツEQE350+拡大

テスト車のデータ

メルセデス・ベンツEQE350+

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4946×1961×1512mm
ホイールベース:3120mm
車重:2355kg
駆動方式:RWD
モーター:永久励起同期式モーター
最高出力:292PS(215kW)/--rpm
最大トルク:565N・m(57.6kgf・m)/--rpm
タイヤ:(前)255/35R21 98Y/(後)285/30R21 100Y(ピレリPゼロ MO-S)
交流電力量消費率:187-159Wh/km(WLTPモード)
一充電走行距離:567-654km(WLTPモード)
価格:--

テスト車の年式:2022年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
消費電力:--kWh
参考電力消費率:--km/kWh(車載電費計計測値)

メルセデス・ベンツEQE350+
メルセデス・ベンツEQE350+拡大

メルセデス・ベンツEQE350+

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4946×1961×1512mm
ホイールベース:3120mm
車重:2355kg
駆動方式:RWD
モーター:永久励起同期式モーター
最高出力:292PS(215kW)/--rpm
最大トルク:565N・m(57.6kgf・m)/--rpm
タイヤ:(前)255/40R20 101Y/(後)255/40R20 101Y(ピレリPゼロ MO-S)
交流電力量消費率:187-159Wh/km(WLTPモード)
一充電走行距離:567-654km(WLTPモード)
価格:--

テスト車の年式:2022年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
消費電力:--kWh
参考電力消費率:--km/kWh(車載電費計計測値)

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。