スズキが「ハスラー」の一部仕様を変更 アダプティブクルーズコントロールを全車に搭載

2022.05.09 自動車ニュース
スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ
スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ拡大

スズキは2022年5月9日、軽乗用車「ハスラー」の一部仕様を変更。同時に特別仕様車「JスタイルII」を設定し、同年5月23日に発売すると発表した。

「ハスラー ハイブリッドXターボ」のインテリア。
「ハスラー ハイブリッドXターボ」のインテリア。拡大
USB電源ソケット
USB電源ソケット拡大
新規設定色の「コーラルオレンジメタリック ソフトベージュ2トーン」。
新規設定色の「コーラルオレンジメタリック ソフトベージュ2トーン」。拡大
専用ボディーカラーの「シフォンアイボリーメタリック ウッディーブラウン2トーン」が採用された「ハスラーJスタイルII」。
専用ボディーカラーの「シフォンアイボリーメタリック ウッディーブラウン2トーン」が採用された「ハスラーJスタイルII」。拡大
専用メッキフロントグリルとメッキフォグランプガーニッシュ。
専用メッキフロントグリルとメッキフォグランプガーニッシュ。拡大
レザー調&ファブリックシート表皮
レザー調&ファブリックシート表皮拡大
フロアコンソールトレー
フロアコンソールトレー拡大
「ナノイー X」搭載フルオートエアコン
「ナノイー X」搭載フルオートエアコン拡大
「J STYLE」エンブレム
「J STYLE」エンブレム拡大

新たに設定されたボディーカラーにも注目

スズキ・ハスラーに実施された今回の仕様変更は、安全装備や予防安全・運転支援システムの強化が中心となっている。

具体的には、これまで一部のグレードのみに設定されていた全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール(ACC)と車線逸脱抑制機能を全車標準装備としたほか、全方位モニター付きメモリーナビゲーション装着車に、狭い道ですれ違う際の接触防止をサポートする「すれ違い支援機能」を採用。「ハイブリッドGターボ」には、上級グレードと同じくLEDヘッドランプを装備した。

また「ハイブリッドX」「ハイブリッドXターボ」にはUSB電源ソケットと時間調整機能付きフロント間欠ワイパーを採用。ハイブリッドXターボにはルーフレールを装着した。

このほかにも、エクステリアでは2トーン仕様車のバンパーガーニッシュをボディー同色からルーフ同色に変更。カラーバリエーションにも手を加えており、2トーン仕様車に既存の「ガンメタリック2トーン」に加えて「ソフトベージュ2トーン」を設定したほか、初設定の車体色として「コーラルオレンジメタリック」を採用した。これにより、ボディーカラーのバリエーションは全13種類となった。

価格は138万7100円から177万3200円。

上級グレードをベースに専用デザインの内外装を採用

特別仕様車のJスタイルIIは、ハイブリッドX/ハイブリッドXターボの2グレードをベースに内外装を専用デザインで仕立てたモデルであり、装備等については、基本的に既存の「Jスタイル」に準じている。

特別装備は以下のとおり。

  • 専用メッキフロントグリル
  • メッキフォグランプガーニッシュ
  • 「HUSTLER」アルファベットエンブレム(メッキ、フロントフード)
  • メッキドアハンドル
  • ルーフレール
  • 「J STYLE」エンブレム(バックドア)
  • レザー調&ファブリックシート表皮(ブラウン&ダークブルー)
  • レザー調ドアトリムクロス(ブラック、フロントドア)
  • ドアトリムカラーガーニッシュ(チタニウムグレー)
  • インパネカラーガーニッシュ(チタニウムグレー)
  • フロアコンソールトレー(ドリンクホルダー付き、チタニウムグレー)
  • メッキインサイドドアハンドル
  • 「ナノイー X」搭載フルオートエアコン(エアフィルター付き)
  • 360°プレミアムUV&IRカットガラス

ボディーカラーについては、特別仕様車専用「ウッディーブラウン2トーン」を採用したほかソフトベージュ2トーン仕様車に「アーバンブラウンパールメタリック」を設定。ウッディーブラウン2トーンが2種類、ソフトベージュ2トーンが3種類、ガンメタリック2トーンが3種類の、全8種類のバリエーションを用意している。

価格は以下のとおり。

  • JスタイルII(FF):162万1400円
  • JスタイルII(4WD):175万5600円
  • JスタイルIIターボ(FF):169万9500円
  • JスタイルIIターボ(4WD):183万3700円

(webCG)

関連キーワード:
ハスラー, スズキ, 自動車ニュース