レクサスLC500h“Sパッケージ”(前編)

2022.05.15 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者にして元レーシングドライバーの池沢早人師が、「レクサスLC500h“Sパッケージ”」に試乗。ハイブリッドパワーユニットを搭載するフラッグシップ2ドアクーペの走りを、忖度(そんたく)なしに語った。

走行モードによって印象が変わる

後輪駆動用として開発された新世代の「GA-Lプラットフォーム」に、全長×全幅×全高=4770×1920×1345mmの流麗にして堂々たる2+2クーペボディーを組み合わせ、さらには3.5リッターV6エンジンと2基のモーターからなる世界初のマルチステージハイブリッドシステムを搭載したレクサスLC500h。

だが、そんなLC500hから降りてきた漫画界のレジェンドにして元JGTCレーサー、池沢早人師先生の表情がさえない。いったい何があったのか?

レクサスが誇るフラッグシップクーペの印象はいかがでしたか? ファーストインプレッションをお聞かせください。
「うーん、なんというか……あんまり速くないですね」

そ、そ、そうですか?
「ええ。あ、いやもちろん、サーキットでのスポーツ走行を前提とした『スポーツS+』モードにすれば十分パワフルなのですが、主に日常で使うことになる『ノーマル』や『スポーツS』モードだと、少しかったるさを感じるんですよね」

走行モードによって印象がずいぶん変わるということですか?
「そうですね。結構ドライブフィールが変わります。あとこれ、車重はどのぐらいなんですか?」

ええと、今回の“Sパッケージ”の場合で2010kgですね。
「そんなにあるんだ? やはりハイブリッドだから“重すぎる”ということに尽きるのかな……」

今回、大人気自動車漫画『サーキットの狼』の作者にして元レーシングドライバーの池沢早人師先生が、レクサスのフラッグシップクーペ「LC500h“Sパッケージ”」に試乗。果たしてその印象やいかに。
今回、大人気自動車漫画『サーキットの狼』の作者にして元レーシングドライバーの池沢早人師先生が、レクサスのフラッグシップクーペ「LC500h“Sパッケージ”」に試乗。果たしてその印象やいかに。拡大
「LC500h」のインストゥルメントパネル。メーターフードの左側面にドライブモードセレクターが備わっており、「スポーツS+/スポーツS/ノーマル/コンフォート/ECO/カスタム」という6つのモードから任意に選択できる。
「LC500h」のインストゥルメントパネル。メーターフードの左側面にドライブモードセレクターが備わっており、「スポーツS+/スポーツS/ノーマル/コンフォート/ECO/カスタム」という6つのモードから任意に選択できる。拡大
【レクサスLC500h“Sパッケージ”】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4770×1920×1345mm/ホイールベース:2870mm/車重:2010kg/駆動方式:FR/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:299PS(220kW)/6600rpm/エンジン最大トルク:356N・m(36.3kgf・m)/5100rpm/モーター最高出力:180PS(132kW)/モーター最大トルク:300N・m(30.6kgf・m)/システム最高出力:359PS(264kW)/タイヤ:(前)245/40RF21 96Y/(後)275/35RF21 99Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツZP)※ランフラットタイヤ/燃費:14.4km/リッター(WLTCモード)/価格:1500万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:290.6km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:35.9リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:8.1km/リッター(満タン法)/8.2km/リッター(車載燃費計計測値)
【レクサスLC500h“Sパッケージ”】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4770×1920×1345mm/ホイールベース:2870mm/車重:2010kg/駆動方式:FR/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:299PS(220kW)/6600rpm/エンジン最大トルク:356N・m(36.3kgf・m)/5100rpm/モーター最高出力:180PS(132kW)/モーター最大トルク:300N・m(30.6kgf・m)/システム最高出力:359PS(264kW)/タイヤ:(前)245/40RF21 96Y/(後)275/35RF21 99Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツZP)※ランフラットタイヤ/燃費:14.4km/リッター(WLTCモード)/価格:1500万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:290.6km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:35.9リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:8.1km/リッター(満タン法)/8.2km/リッター(車載燃費計計測値)拡大
関連記事
  • レクサスRC300h“バージョンL”(FR/CVT)【試乗記】 2014.12.29 試乗記 レクサスブランド待望のミドルクラスクーペ「RC」。わが国における一番人気のモデルは「RC300h」という。熟成を重ねるレクサス・ハイブリッド・ドライブは、“ラジカル・クーペ(RC)”の名にふさわしい走りをもたらすだろうか。最上級グレードの“バージョンL”に試乗した。
  • レクサスLC500h“Sパッケージ”(後編) 2022.5.22 池沢早人師の恋するニューモデル 伝説の名車「トヨタ2000GT」以来となる“セクシーなクルマ”だとレクサスのハイブリッドクーペ「LC500h」のスタイリングを絶賛した、漫画界のレジェンドにして元レーシングドライバーの池沢早人師。注目の最終評価は?
  • レクサスRCに2リッターターボの200tが登場 2015.9.17 自動車ニュース レクサスが2ドアクーペ「RC」を一部改良。最高出力245ps、最大トルク35.7kgmを発生する2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した「200t」を追加設定した。また「RC350“Fスポーツ”」には、トルセンLSDやフロントパフォーマンスダンパーなどをオプション設定した。
  • レクサスRC350/RC300h/RC F 2014.10.23 画像・写真 レクサスの新型スポーツクーペ「RC」「RC F」が登場。その姿を写真で紹介する。
  • レクサスRC350“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.23 試乗記 マイナーチェンジが施された「レクサスRC」に試乗。「LFA」の後を受け、ブランドイメージをけん引していたのは過去の話……。そのポジションを「LC」へと譲ったいま、微妙な立ち位置にある古典的な2ドアクーペを、あえてチョイスする理由はどこにあるのだろうか。
ホームへ戻る