クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

「トヨタbZ4X」「スバル・ソルテラ」「日産アリア」 最新の国産EVを比べてみる

2022.05.18 デイリーコラム

正式発表から1年たったが……

最近は国産ブランドからSUVスタイルの電気自動車が活発に登場している。「日産アリア」に続いて、2022年5月には「トヨタbZ4X」と「スバル・ソルテラ」も発売された。

二酸化炭素の排出抑制も考えると、これらは期待の新型車だが、売り方に問題が多い。まず日産アリアは、2020年7月に発表されたが、特別仕様車「リミテッド」シリーズの予約受注を開始したのは、約1年後の2021年6月だ。

しかもリミテッドシリーズで納車が始まったのは「B6リミテッド」のみ。販売店では「『B9リミテッド』などは、今でもウェブサイトで予約注文を受け付けている状態で、納車は始まっていない」という。

また特別仕様車のリミテッドを除いた一般グレードで、価格が分かって受注しているのは「B6」だけだ(2022年5月中旬時点)。「B9」などの価格は今でも公表されていない。

このようにアリアは、約2年前の2020年7月に発表された後、価格の公表や受注の開始が段階的に行われている。そのために大半のユーザーは、購入計画を立てられない。すべてのグレードと価格が分かってこそ、自分に最適な仕様が選べるからだ。

この日産のやり方について、販売店では「アリアは『リーフ』に続く渾身(こんしん)の電気自動車で、商品力は高いのに、お客さまが購入しにくい状態になっている」と述べた。

2022年5月12日にカタログモデル「B6」が発売された「日産アリア」。より大容量のバッテリーを積むモデルや4WDモデルのリリースはまだまだこれから。
2022年5月12日にカタログモデル「B6」が発売された「日産アリア」。より大容量のバッテリーを積むモデルや4WDモデルのリリースはまだまだこれから。拡大
「アリアB6」は最高出力218PSのモーターで前輪を駆動。リチウムイオンバッテリーの容量は66kWh。
「アリアB6」は最高出力218PSのモーターで前輪を駆動。リチウムイオンバッテリーの容量は66kWh。拡大
インテリアにはウッド調パネルがふんだんに使われる。センターコンソールは前後可動式。
インテリアにはウッド調パネルがふんだんに使われる。センターコンソールは前後可動式。拡大

自己所有できないbZ4X

トヨタのbZ4Xは、個人向けは「KINTO」と呼ばれるサブスクリプションサービスのみの扱いで、自分で所有することはできない。この背景には、電気自動車の特性がある。電気自動車は使っていると駆動用電池の充電容量が下がり、一回の充電で走行できる距離が短くなる可能性がある。そのために日産リーフは売却額が下がり、資産価値の低さが指摘された。

そこでbZ4Xは、KINTO専用車にした。KINTOではユーザーが車両を買い取ることはできず、使用期間が終了すれば返却する。従って電気自動車であるための損失は生じない。

その代わりKINTOは、クルマを貸し出すサービスだから制約が多い。ペットの乗車や車内での喫煙、改造などは行えない。アルミホイールなどを交換したときは、元の状態に戻して返却する。走行距離の制限もあり、規定以上に距離が伸びると、精算が発生する。

しかもKINTOのbZ4Xは加入時に77万円の申込金が必要で、契約期間は10年と長い。契約してから4年以内に解約すると、補助金の制約により解約金も請求される(5年目以降は請求されない)。このようにbZ4XのKINTOは、利用しにくい制度になっている。

そうなるとSUVスタイルの電気自動車で選ぶべきは、買い取りの可能なアリアかソルテラだ。買い得グレードはアリアがB6の2WD(539万円)、ソルテラは「ET-SS」の2WD(594万円)で、いずれも申請により経済産業省から85万円の補助金が交付される(2022年度の場合)。bZ4Xとソルテラは事実上同じクルマなので、買い取りにこだわらないのであればKINTOを選んでもいい。

「アリアB6」と同じ2022年5月12日に発売された「トヨタbZ4X」。発売といっても個人向けがサブスクリプションサービス、法人向けはカーリースなので所有はできない。
「アリアB6」と同じ2022年5月12日に発売された「トヨタbZ4X」。発売といっても個人向けがサブスクリプションサービス、法人向けはカーリースなので所有はできない。拡大
サブスクリプション向けながらも、価格はFWD車が600万円、4WD車が650万円と公表されている。経産省からの補助金を加味したうえでの「KINTO」での支払額は最初の4年が8万8220円で、その後はだんだん安くなっていく。
サブスクリプション向けながらも、価格はFWD車が600万円、4WD車が650万円と公表されている。経産省からの補助金を加味したうえでの「KINTO」での支払額は最初の4年が8万8220円で、その後はだんだん安くなっていく。拡大
高さを抑えたダッシュボードによって優れた前方視界を確保している。トヨタとしては初となるダイヤル式シフトセレクターを採用した。
高さを抑えたダッシュボードによって優れた前方視界を確保している。トヨタとしては初となるダイヤル式シフトセレクターを採用した。拡大

どちらも装備内容は充実

この2車種を比べると、運転感覚はソルテラが軽快だ。ボディーはアリアよりも少し大きいが、軽快によく曲がる。その点でアリアは運転感覚が穏やかで、乗り心地を重厚に仕上げた。ソルテラは峠道が、アリアは高速道路が得意だ。

内装を見ると、インパネの周辺はソルテラも上質だが、アリアは木目調パネルを入念につくり込み、エアコンのスイッチもこの部分に埋め込んだ。後席の足元空間は両車ともに同程度だが、座り心地は、アリアの座面サイズがタップリしていて快適だ。アリアとソルテラを比べると、前者のほうが高級感が高い。

駆動用リチウムイオン電池の容量は、アリアB6の2WDが66kWhで、一回の充電で470kmを走行できる(WLTCモード)。ソルテラET-SSの2WDは電池容量が71.4kWhで、一回の充電で567kmを走行できる(WLTCモード)。つまりソルテラは、アリアに比べて一回の充電で走れる距離が約100km長い。これはソルテラの大きなアドバンテージになる。

装備については、アリアB6の2WDは、衝突被害軽減ブレーキや後側方車両検知警報、運転支援機能の「プロパイロット」(「2.0」はオプション)、カーナビ、通信機能、19インチアルミホイールなどを標準装備する。注意したいのは、アリアには100V・1500Wの電源コンセントが用意されないこと。災害時にも役立つ装備だから、今後は標準装着、あるいはオプション設定すべきだ。

一方、ソルテラET-SSの2WDは、100V・1500Wの電源コンセントを全車に標準装着した。その代わりタイヤサイズは18インチにとどまる。進化した運転支援機能の「アイサイトX」は採用されないが、車間距離を自動制御できるレーダークルーズコントロールなどは標準装着する。

こういった点を考慮すると、両車ともに一長一短だが、価格はアリアB6の2WDが539万円で、ソルテラET-SSの2WDが594万円だから後者が55万円高い。この価格差を考慮すると、アリアが買い得になる。販売方法を改善すれば、売れ行きも伸びるだろう。

(文=渡辺陽一郎/写真=トヨタ自動車、日産自動車、スバル/編集=藤沢 勝)

「スバル・ソルテラ」も2022年5月12日に発売。価格は「ET-SS」のFWD車が594万円で4WD車が638万円。上位グレード「ET-HS」(4WDのみ)が682万円。
「スバル・ソルテラ」も2022年5月12日に発売。価格は「ET-SS」のFWD車が594万円で4WD車が638万円。上位グレード「ET-HS」(4WDのみ)が682万円。拡大
駆動用リチウムイオンバッテリーの容量は71.4kWh。FWD車は最高出力204PSのモーターを、4WD車は同109PSのモーターを前後アクスルにそれぞれ搭載する。
駆動用リチウムイオンバッテリーの容量は71.4kWh。FWD車は最高出力204PSのモーターを、4WD車は同109PSのモーターを前後アクスルにそれぞれ搭載する。拡大
「ソルテラET-SS」のインテリア。回生ブレーキの強さをコントロールするシフトパドルが付いているのが「bZ4X」との違いだ。
「ソルテラET-SS」のインテリア。回生ブレーキの強さをコントロールするシフトパドルが付いているのが「bZ4X」との違いだ。拡大
webCG MoviesYouTube公式
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。