「ボルボXC40」の電気自動車バージョン「XC40リチャージ」が上陸

2022.05.18 自動車ニュース
ボルボXC40リチャージ
ボルボXC40リチャージ拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2022年5月18日、「ボルボXC40」の電気自動車(EV)バージョンである「XC40リチャージ」を導入すると発表した。同年7月7日にオフィシャルサイトのオンラインストアにおいて予約受注を開始。デリバリーは同年秋に始まる見込み。

 
「ボルボXC40」の電気自動車バージョン「XC40リチャージ」が上陸の画像拡大
 
「ボルボXC40」の電気自動車バージョン「XC40リチャージ」が上陸の画像拡大
 
「ボルボXC40」の電気自動車バージョン「XC40リチャージ」が上陸の画像拡大
 
「ボルボXC40」の電気自動車バージョン「XC40リチャージ」が上陸の画像拡大
 
「ボルボXC40」の電気自動車バージョン「XC40リチャージ」が上陸の画像拡大

XC40リチャージは、クロスオーバーモデル「C40リチャージ」に次ぐ、ボルボ第2の量産型EV。XC40のCMAプラットフォームをベースとしながら、フロントセクションやフロア構造をEV専用とした車台が採用されている。

ラインナップはツインモーター仕様(4WD)の「XC40リチャージ アルティメット ツインモーター」と、シングルモーター仕様(FWD)の「XC40リチャージ プラス シングルモーター」の計2タイプ。XC40リチャージ アルティメット ツインモーターは、前後アクスルに1基ずつモーター(最高出力204PS、最大トルク330N・m)を搭載し、システム最高出力408PS、システム最大トルク660N・m を発生。駆動用バッテリーの容量は78kWhで、一充電走行距離は約434km(欧州WLTPモード)と公表されている。

一方、XC40リチャージ プラス シングルモーターは、フロントのみに同170PS、同330N・mのモーターを搭載。容量69kWの駆動用バッテリーにより、424kmの一充電走行距離(欧州WLTPモード)を実現している。なお、駆動用リチウムイオンバッテリーについては、8年・16万kmの保証が付帯する。

ともに9.6kW(AC200Vの場合)の普通充電と、最大出力150kWまでのCHAdeMO規格の急速充電に対応する。また、アクセルペダルのコントロールだけで加減速を制御できる“ワンペダルドライブ”を含め、ブレーキエネルギーを積極的に回生することでも電力をチャージする。

エクステリアについては、新デザインのフロントフェイスやホイールが採用されており、全車ブラックルーフ仕様となっている。インテリアは一部にリサイクル素材が使用されたスエードテキスタイルと、マイクロテックと呼ばれるハイテク合成素材を組み合わせた新シート素材がポイントで、ツインモーター仕様では、オレフォス社製クリスタルシフトノブとテイラードウールブレンドシートのコンビネーションがオプションとして選択可能。スウェーデンのアビスコ国立公園の地図等高線をモチーフにして描かれたバックライト付きのデコラティブパネルや、GoogleマップとGoogleアシスタントが利用可能なインフォテインメントシステム、チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフなども特徴的な装備となっている。

衝突回避・被害軽減ブレーキシステムや全車速追従機能付きACC、車線維持支援機能をはじめとするボルボ自慢の運転支援システムは標準で備わる。

価格は以下のとおり。

  • XC40リチャージ アルティメット ツインモーター:679万円
  • XC40リチャージ プラス シングルモーター:579万円

(webCG)

関連キーワード:
XC40, ボルボ, 自動車ニュース