クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

スバル・レヴォーグSTI Sport R EX(4WD/CVT)

プレミアム・ツーリングワゴン 2022.05.28 試乗記 「レガシィツーリングワゴン」に代わって、いまやスバルの顔となった「レヴォーグ」。そのラインナップに加えられた、2.4リッターターボモデルの実力は? 装備充実の最上級グレードに試乗して確かめた。

単なる新型にあらず

「“完璧なステーションワゴン”といえば、それは“このクルマ”かもしれない」……とまあ、「スバル・レヴォーグSTI Sport R EX」のステアリングホイールを握って走り始めたとたん、いささか前のめりな感想を抱いたわけです。下ろし立てパリパリの新車にちょい乗りしただけで。

STI Sport Rは、2021年11月25日に発売されたトップ・オブ・レヴォーグ。2.4リッター水平対向4気筒ターボを搭載し、スバルのラインナップでは、1.8リッターターボを積む「STI Sport」の上位に置かれる。

価格は、STI Sport Rが438万9000円。STI Sport R EXが477万4000円。後者は、運転支援システム「アイサイト」の機能を拡張した「アイサイトX」を採用し、センターコンソールに縦長の11.6インチモニターが埋め込まれるインフォテインメントシステムを標準装備。メーター類が12.3インチのフル液晶タイプになるのも、EXならではの特権だ。ホイールサイズ、内装のトリムレベルほか、両者に機関面での違いはない。

2020年のレヴォーグのモデルチェンジに伴い、先代の1.6リッターターボ(最高出力170PS、最大トルク250N・m)が1.8リッターターボ(177PS、300N・m)に、そして今回、2リッターターボ(300PS、400N・m)が2.4リッターターボ(275PS、375N・m)へと拡大された、とシンプルに説明したいところだが、それはちょっと違うと思う。新旧モデルの価格帯を比較すると、従来の1.6と2リッターモデルをまとめて現行の1.8リッターレヴォーグが引き受けて、新しいSTI Sport Rは、一種のプレミアムモデルと考えたほうがいい。

2020年10月にデビューした、第2世代の「スバル・レヴォーグ」。当初のラインナップは1.8リッターモデルのみだったが、2021年11月に2.4リッターモデルが追加設定された。
2020年10月にデビューした、第2世代の「スバル・レヴォーグ」。当初のラインナップは1.8リッターモデルのみだったが、2021年11月に2.4リッターモデルが追加設定された。拡大
「STI Sport R EX」のインテリアカラーはブラックとボルドーの2トーン。センターの大型ディスプレイが目を引く。
「STI Sport R EX」のインテリアカラーはブラックとボルドーの2トーン。センターの大型ディスプレイが目を引く。拡大
スポーティーなデザインの前席は、シートヒーター付き。運転席には10Way、助手席には8Wayの電動調節機構も備わる。
スポーティーなデザインの前席は、シートヒーター付き。運転席には10Way、助手席には8Wayの電動調節機構も備わる。拡大
「レヴォーグ」の2.4リッターエンジンは、1.8リッターエンジン比で98PS増しとなる最高出力275PSを発生。WLTCモードの燃費は2.6~2.7ポイントダウンの11.0km/リッターとなる。
「レヴォーグ」の2.4リッターエンジンは、1.8リッターエンジン比で98PS増しとなる最高出力275PSを発生。WLTCモードの燃費は2.6~2.7ポイントダウンの11.0km/リッターとなる。拡大

500万円でも高くはない!?

“ちょっと古い”クルマ好きのなかには、「スバルのワゴンが(乗り出し)500万円!?」と驚く人がいるかもしれない。ワタシも価格表を見てがくぜんとしました(ちょっと大げさ)。同社が強気の価格設定をできる背景には、もちろん「クルマのデキが素晴らしい!」ことがあるけれど、めぼしいライバルがいないのも大きい。

かつての「レガシィツーリングワゴン」vs「カペラワゴン」の故事(!?)を知る身としては、「アテンザ」改め「マツダ6ワゴン」はどうした? と声を上げたいが、実際、同車は価格控えめ、ディーゼルもあればMT車も用意されるとマニア心をくすぐる要素にあふれてはいるが、「ではレヴォーグの代わりに買いますか?」と問われたら、難しかろう。カッコはいいんだけれど。国内の販売台数にもそれが表れていて、マツダ6ワゴンの年間販売台数は1000台余りと、レヴォーグの“月間”販売台数並み。モデル末期とはいえ、マーケットは非情だ。

一方、ニッポンのフォーマル市場(!?)を席巻している輸入車ワゴンに目を転じると、にわかにレヴォーグSTI Sport Rが“割安”に感じられる。「メルセデス・ベンツCクラス ステーションワゴン」、「BMW 3シリーズ ツーリング」はもとより、「フォルクスワーゲン・パサート オールトラック」でも572万2000円からだから。エンジンの排気量や装備のレベルが異なるから厳密な比較対象とはならないが、それでも実績ある4WDの駆動方式を備え、ユニークなボクサーユニットを持つレヴォーグ STI Sport R、意外とうまい値づけかもしれない。

「レヴォーグ」の2.4リッターモデルは1.8リッターモデルと異なり、グレード名称に「R」が添えられる。今回は、なかでも運転支援システムの充実した「STI Sport R EX」に試乗した。
「レヴォーグ」の2.4リッターモデルは1.8リッターモデルと異なり、グレード名称に「R」が添えられる。今回は、なかでも運転支援システムの充実した「STI Sport R EX」に試乗した。拡大
フロントまわりは、STIロゴ付きのグリルやメッキ加飾が施されたフロントバンパーが特徴。
フロントまわりは、STIロゴ付きのグリルやメッキ加飾が施されたフロントバンパーが特徴。拡大
後席も前席と同様に、ボルドー×ブラックの本革仕立て。シートヒーター(左右席のみ)とリクライニング機能が備わる。
後席も前席と同様に、ボルドー×ブラックの本革仕立て。シートヒーター(左右席のみ)とリクライニング機能が備わる。拡大
5人乗車時の荷室容量は561リッター(床下のサブトランク69リッターを含む)。最大幅1120mmという開口部の大きさも自慢だ。
5人乗車時の荷室容量は561リッター(床下のサブトランク69リッターを含む)。最大幅1120mmという開口部の大きさも自慢だ。拡大

驚きのハイクオリティー

スバル・レヴォーグ STI Sport R EXを走らせて、いきなり感心させられるのが、2.4リッターの適度に厚いトルク、穏やかな特性、そしてボディーの高い剛性感とスポーティーなアシとのコンビネーションのよさである。クルマ全体の質感が高い。

そういえば、現行の「フォレスター スポーツ」に乗ったときにも同じような感想を抱いたっけ。かつて、トヨタの開発陣は「最初の100mでユーザーの心をつかめるよう」心がけていると聞いたことがあるが、最近のスバル車は、まさにその伝(でん)をいっている。トヨタとの業務提携の恩恵……というよりは、構造用接着剤を多用したフルインナーフレーム構造と新しいスバルグローバルプラットフォームのおかげである。

STI Sport Rの目玉となる2387cc「FA24」ユニットは、ボア×ストローク=86.0×86.0mmとスクエアだった1998cc「FA20」ユニットのボアを94.0mmに広げたもの。スバルの主戦場たる北米市場で、3列シートのSUV「アセント」に搭載されたのが最初で、自然吸気の3.6リッター6気筒ユニットの後継ということもあり、ピークパワーより常用域での使い勝手が重視されている。

アウトプットが仕立て直されたレヴォーグでは、前述のとおり最高出力275PS/5600rpm、最大トルク375N・m/ 2000-4800rpmを発生。燃費・環境性能との兼ね合いもあって、数値だけ拾うと2リッター時代よりスペックダウンしているが、日常使いでそのネガを感じることはまずないはずだ。

レヴォーグ2.4に先立って、同じエンジンを積み、スペックも等しい「WRX S4」に試乗する機会があった。その際には、「いいエンジンだけれど、WRXの名を冠するクルマの心臓としてはおとなしすぎるかなァ」と感じたものだが、ツーリングワゴンにはまさにピッタリ! 静かでスムーズ。クールな実用ワゴンのキャラクターを際立たせる。

「レヴォーグ」の2.4リッターモデルを走らせると、新開発シャシーの質感の高さが伝わってくる。エンジンとの相性のよさも印象的だ。
「レヴォーグ」の2.4リッターモデルを走らせると、新開発シャシーの質感の高さが伝わってくる。エンジンとの相性のよさも印象的だ。拡大
メーターパネルのデザインは「STI Sport R」専用。レッドリングや「STI」ロゴでドレスアップされている。
メーターパネルのデザインは「STI Sport R」専用。レッドリングや「STI」ロゴでドレスアップされている。拡大
12.3インチのフル液晶メーターには、円形メーターのほかに、カーナビのマップ(写真)やアイサイトの作動状況を大きく映し出すことができる。
12.3インチのフル液晶メーターには、円形メーターのほかに、カーナビのマップ(写真)やアイサイトの作動状況を大きく映し出すことができる。拡大
新型「レヴォーグ」で採用された新開発のパワーステアリングや電子制御サスペンションは、2.4リッターモデルと組み合わされることで、一段と洗練されたように感じられた。
新型「レヴォーグ」で採用された新開発のパワーステアリングや電子制御サスペンションは、2.4リッターモデルと組み合わされることで、一段と洗練されたように感じられた。拡大
ブラック塗装と切削光輝加工が施された18インチアルミホイール。タイヤはヨコハマの「ブルーアースGT」が組み合わされていた。
ブラック塗装と切削光輝加工が施された18インチアルミホイール。タイヤはヨコハマの「ブルーアースGT」が組み合わされていた。拡大

制御と調律のうまさに注目

特筆すべきは、CVTとのマッチングのよさ。「スバルパフォーマンストランスミッション」と名づけられた無段階変速機は疑似的に8段のギアが切られ、ツインクラッチ式に匹敵するシフトスピードがジマンだ。しかし、それ以上に感銘を与えるのが、その自然なフィールである。余裕あるフラット4と組み合わされ、運転者の足の動きに従って、思ったとおり、予想どおりの加速を示してくれる。リニアな反応。エンジンの回転数と実際の速度上昇が乖離(かいり)するCVTの悪癖はすっかり影を潜めた。

エンジンの出力特性、ステアリングのアシスト量、サスペンションの硬さ、4WDの設定、さらにはアイサイトやエアコンを個別に設定できる「ドライブモードセレクト」の調整幅が拡大したのも、2.4リッターモデルの美点だ。いまさら言うまでもないが、オーナーを驚かせる「おまけ」機能の次元をはるかに脱して、各モードともよく調教されている。例えば「ノーマル」から「スポーツ」に切り替えれば、過剰な感なく、ストレスフリーにレヴォーグ2.4をスポーツワゴンとしてドライブできる。

2代目レヴォーグが登場したときのトピックス、ぜいたくなZF製の電子制御ダンパーや、すっきりしたステアフィールをもたらす2ピニオン式の電動パワーステアリングの採用などが、STI Sport Rの登場でいよいよ花開いた印象を受ける。

ドコドコドコ……といったアグレッシブなボクサーサウンドと音に負けないスポーティーな走りで一世を風靡(ふうび)したレガシィツーリングワゴンが、ずいぶんとプレミアムなクルマになったものだ。皮肉を含まず、そう思います。ただし、冒頭の「完璧なワゴン」という評価が正しいかどうか。荷車としての真価は、オーナーの方の判断を待たねばならない。

(文=青木禎之/写真=郡大二郎/編集=関 顕也)

本革巻きのステアリングホイールは、レッドステッチやピアノブラックの加飾も特徴。
本革巻きのステアリングホイールは、レッドステッチやピアノブラックの加飾も特徴。拡大
トランスミッションは、8段のマニュアル変速機能が備わるCVTのみ。シフトレバーは本革巻きとなる。
トランスミッションは、8段のマニュアル変速機能が備わるCVTのみ。シフトレバーは本革巻きとなる。拡大
「STI Sport R」のドライブモード設定画面。エンジン、ステアリング、足まわりなどの特性が異なる4モードのほか個人設定(インディビジュアル)が選べる。
「STI Sport R」のドライブモード設定画面。エンジン、ステアリング、足まわりなどの特性が異なる4モードのほか個人設定(インディビジュアル)が選べる。拡大
後席の背もたれを倒し、荷室容量を最大化した状態。リアエンブレムに体を近づけただけでバックドアが開く機能も備わる。
後席の背もたれを倒し、荷室容量を最大化した状態。リアエンブレムに体を近づけただけでバックドアが開く機能も備わる。拡大
ボディーカラーは写真の「イグニッションレッド」を含む全8色がラインナップされる。
ボディーカラーは写真の「イグニッションレッド」を含む全8色がラインナップされる。拡大

テスト車のデータ

スバル・レヴォーグSTI Sport R EX

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4755×1795×1500mm
ホイールベース:2670mm
車重:1630kg
駆動方式:4WD
エンジン:2.4リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:CVT
最高出力:275PS(202kW)/5600rpm
最大トルク:375N・m(38.2kgf・m)/2000-4800rpm
タイヤ:(前)225/45R18 91W/(後)225/45R18 91W(ヨコハマ・ブルーアースGT)
燃費:11.0km/リッター(WLTCモード)
価格:477万4000円/テスト車=495万3520円
オプション装備:ボディーカラー<イグニッションレッド>(5万5000円)/スマートリアビューミラー(5万5000円) ※以下、販売店オプション フロアカーペット<STI>(3万6740円)/ETC2.0車載器キット<ケンウッドビルトインナビ連動>(3万2780円)

テスト車の年式:2022年型
テスト開始時の走行距離:1828km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(7)/山岳路(2)
テスト距離:222.9km
使用燃料:27.6リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:8.1km/リッター(満タン法)/8.4km/リッター(車載燃費計計測値)

スバル・レヴォーグSTI Sport R EX
スバル・レヴォーグSTI Sport R EX拡大
「スバル・レヴォーグ」は全車、運転支援システム「アイサイト」を標準装備。今回の試乗車「STI Sport R EX」には、さらに高度な地図データやドライバーモニタリングシステム、渋滞時のハンズオフアシストなどを加えた「アイサイトX」が備わっている。
「スバル・レヴォーグ」は全車、運転支援システム「アイサイト」を標準装備。今回の試乗車「STI Sport R EX」には、さらに高度な地図データやドライバーモニタリングシステム、渋滞時のハンズオフアシストなどを加えた「アイサイトX」が備わっている。拡大
上級グレードならではの11.6インチディスプレイ。多機能なインフォテインメントシステムが利用できる一方、オーディオや空調はタッチパネル以外の物理的スイッチでも操作できる。
上級グレードならではの11.6インチディスプレイ。多機能なインフォテインメントシステムが利用できる一方、オーディオや空調はタッチパネル以外の物理的スイッチでも操作できる。拡大
今回は220kmほどの道のりを試乗。燃費は満タン法で8.1km/リッター、車載の燃費計で8.4km/リッターを記録した。
今回は220kmほどの道のりを試乗。燃費は満タン法で8.1km/リッター、車載の燃費計で8.4km/リッターを記録した。拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

スバル レヴォーグ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。