クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第323回:地雷を踏んだらサヨウナラ

2022.05.30 カーマニア人間国宝への道

何が当たるかわからないガチャ的な面白さ

カーマニアにとって、レンタカーを借りるのは大きな楽しみだ。普段は自家用車かメーカーさまの広報車ばかり乗っているが、レンタカーはいわば外界。ひ弱なカーマニアが巣から飛び出し、野生の風をじかに感じることができる機会なのだ!

付け加えると、レンタカーはどの車種が当たるかわからない。「今日は何がくるかな~」とドキドキするのも楽しい。先の読めない弱肉強食の世界なのである。

私が借りるのはほぼ毎回コンパクトカークラス(たまに軽クラス)だが、そこには明確な地雷(カーマニア的見地におけるハズレ)が存在する。地雷があるからこそ、アタリがきた時のヨロコビは大きい。

昨年レンタカーを借りた際は、車種を見て息を飲んだ。それは「三菱ミラージュ」だったのだ! しかもダイナミックシールド付き! こんなの初めて~!

コンパクトカークラス最大の地雷は「マーチ」、続いて「ヴィッツ」と考えておりましたが、まさかミラージュがくるとは想定外! 地雷としては最大級なれど、めったに踏めないのでむしろヨシ!

思えば現行ミラージュが出てから約10年の歳月が流れ、顔はダイナミックシールドになりましたが、2014年末のマイチェンで1.2リッターモデルが出たのを最後に、試乗しておりません。その後の7年間で中身も進化したのでしょうか!?

JR岡山駅そばのレンタカー屋でコンパクトカークラスを予約。配車されたのは、なんと登録からまだ3カ月というほとんど新車の「トヨタ・ヤリス」。今回は大当たりだった! うおー最高! レンタカーはどの車種が当たるかわからないから面白い。
JR岡山駅そばのレンタカー屋でコンパクトカークラスを予約。配車されたのは、なんと登録からまだ3カ月というほとんど新車の「トヨタ・ヤリス」。今回は大当たりだった! うおー最高! レンタカーはどの車種が当たるかわからないから面白い。拡大
昨年レンタカーを借りた際に配車されたダイナミックシールド付きの「三菱ミラージュ」。「マーチ」でも「ヴィッツ」でもなくミラージュとはまさかの想定外!コンパクトクラスの地雷としては最大級なれど、めったに踏めないのでむしろヨシとする。
昨年レンタカーを借りた際に配車されたダイナミックシールド付きの「三菱ミラージュ」。「マーチ」でも「ヴィッツ」でもなくミラージュとはまさかの想定外!コンパクトクラスの地雷としては最大級なれど、めったに踏めないのでむしろヨシとする。拡大
中身がどれほど進化したのかと、ワクワクしながら7年ぶりにレンタカーで借りた「ミラージュ」のステアリングを握った。しかし、その間のライバルの進化がすごすぎたのか、走りに関しては……。地雷としての破壊力は「マーチ」より上か?
中身がどれほど進化したのかと、ワクワクしながら7年ぶりにレンタカーで借りた「ミラージュ」のステアリングを握った。しかし、その間のライバルの進化がすごすぎたのか、走りに関しては……。地雷としての破壊力は「マーチ」より上か?拡大

今回もコンパクトカークラスで勝負!

結論。走りの質感に関しては、むしろ退歩したように感じました……。周囲の進化ゆえの錯覚でしょうけど、地雷としての破壊力はマーチより上か? 実に貴重な体験でした。レンタカー屋さんありがとう! もちろんトラブルなくちゃんと走り切って、義務は果たしてくれたしネ!

前回の地雷がすごかったので、今回は少しビビっていた。2回続けて地雷は避けたい。それってなんかツイてないヤツみたいだから。

地雷を避けるなら、軽クラスを借りれば解決する。軽はどれがきてもハズレがないのだ。しかしそのぶんワクワク感もない。やっぱり男は逃げちゃダメだ! 今回もコンパクトカークラスで勝負!

岡山駅そばのレンタカー屋で、緊張しながら結果を待つ。見える範囲にあるのは、ヴィッツと先代「フィット」と「ヤリス」だった。ヴィッツは地雷で先代フィットはフツー、ヤリスがくれば大当たりだ。

と思ってたら、ヤリスがきた! しかもほとんど新車! 登録されてまだ3カ月、走行たったの3000km! うおー最高!

思わずレンタカー屋さんに笑顔で「新車ですね!」と話しかけたが、「あ、そうですか?」とスルーされた。レンタカー屋さんにすりゃ、どれも同じなんだろうなぁ。カーマニアが男の勝負をかけていたとは夢にも思うまい。

エンジンをかけ、走りだして100m。私は感動のあまり目の奥が熱くなった。このスムーズさ。この1.5リッター3気筒エンジンの分厚いトルク。そしてカッチリとスポーティーな足まわり。なんていいクルマなんだろう……。前回が前回だっただけに、狂ったようにいいクルマに感じる! レンタカーの場合、比較対象はあくまでレンタカー。他のクルマは無関係です。

岡山県の史跡巡りで借りた「ヤリス」のレンタカー。高速道路でのヤリスの走りはものすごくキモチイ~。しかもACCまで付いていて、とてもラクチンでした。
岡山県の史跡巡りで借りた「ヤリス」のレンタカー。高速道路でのヤリスの走りはものすごくキモチイ~。しかもACCまで付いていて、とてもラクチンでした。拡大
1.5リッター3気筒エンジンの分厚いトルクにカッチリとスポーティーな足まわり。「ヤリス」はサイコーだ。前回のレンタカーが「ミラージュ」だっただけに、めちゃくちゃいいクルマに感じる。
1.5リッター3気筒エンジンの分厚いトルクにカッチリとスポーティーな足まわり。「ヤリス」はサイコーだ。前回のレンタカーが「ミラージュ」だっただけに、めちゃくちゃいいクルマに感じる。拡大
岡山自動車道の岡山総社ICからクルマで約10分。全国第4位の墳丘規模を持つ「造山古墳」を訪問した。5世紀前半の前方後円墳で、近くには立派なビジターセンターも建っていた。
岡山自動車道の岡山総社ICからクルマで約10分。全国第4位の墳丘規模を持つ「造山古墳」を訪問した。5世紀前半の前方後円墳で、近くには立派なビジターセンターも建っていた。拡大
シルバーのボディーカラーはいささか地味だが、レンタカーの「ヤリス」はいいクルマだった。まぁ、レンタカー屋さんにすりゃ、コンパクトクラスはどれも同じ。カーマニアが一喜一憂しているとは思いもしないんだろうなぁ。
シルバーのボディーカラーはいささか地味だが、レンタカーの「ヤリス」はいいクルマだった。まぁ、レンタカー屋さんにすりゃ、コンパクトクラスはどれも同じ。カーマニアが一喜一憂しているとは思いもしないんだろうなぁ。拡大

ヤリスは前衛芸術だ

今回の旅の目的は岡山県の史跡巡り。自家用車で往復すると時間を食いすぎるので、新幹線&レンタカーにいたしました。

岡山インターから高速に乗り、「備中松山城」へ向かう。高速道路でのヤリスの走りがまたスゴイ! この路面に張り付くような感覚、キモチイ~! 前回(ミラージュ)のペナペナ感や接地感のなさがメガトン級だっただけに、感激もひとしおだ。

しかもラクチン! だって、ACCまで付いてるんだから! ミラージュと同クラスとはとても思えない。すべての基準がミラージュになっていて大変申し訳ございませんが、これはもう地方のローカル鉄道と新幹線くらいの差がある。いや、ローカル線も私は大好きですヨ! キハ40系最高!

実はヤリスについても、フロントマスクを「毒虫」と呼んで忌み嫌っておったのですが、前回ミラージュに乗って目が覚めました。これのどこが毒虫なんだ! 個性的で攻めたデザイン、いいじゃないか! 後付けのダイナミックシールドとはステージが違う! もうカケラも毒虫には見えない! 前衛芸術に見える! 

備中松山城に続いて、古代山城の「鬼ノ城」を訪問。ついでに吉備地方最大の「造山古墳」と、桃太郎伝説の「吉備津神社」も巡回。ヤリスのおかげで、大変充実した史跡巡りを楽しむことができました。レンタカー最高! 次回はマーチに乗りたいな。ハズレがないとアタリのヨロコビもないからネ!

(文と写真=清水草一/編集=櫻井健一)

「ヤリス」のフロントマスクを「毒虫」と呼んで忌み嫌っていたが、目が覚めた。これのどこが毒虫なんだ! 個性的かつ攻めたデザインでいいじゃないか! と、思うようになった。前回、「ミラージュ」に乗って目が覚めたのだ。
「ヤリス」のフロントマスクを「毒虫」と呼んで忌み嫌っていたが、目が覚めた。これのどこが毒虫なんだ! 個性的かつ攻めたデザインでいいじゃないか! と、思うようになった。前回、「ミラージュ」に乗って目が覚めたのだ。拡大
キハ40系は、鉄オタに人気の気動車。1970年代から80年代にかけて製造され、ほぼ全国で運用された。私はローカル線も大好き。
キハ40系は、鉄オタに人気の気動車。1970年代から80年代にかけて製造され、ほぼ全国で運用された。私はローカル線も大好き。拡大
「備中松山城」は標高430mの臥牛山頂上付近に建ち、その別名は「天空の山城」である。日本で唯一天守が現存する山城で、江戸時代に建造された天守や二重やぐら、土塀の一部が国の重要文化財に指定されている。
「備中松山城」は標高430mの臥牛山頂上付近に建ち、その別名は「天空の山城」である。日本で唯一天守が現存する山城で、江戸時代に建造された天守や二重やぐら、土塀の一部が国の重要文化財に指定されている。拡大
「日本100名城」のひとつに数えられる「鬼ノ城」も訪問。大和朝廷によって国の防衛のために築かれたとされる古代山城だが、詳しい歴史は解明されずに謎のままだという。
「日本100名城」のひとつに数えられる「鬼ノ城」も訪問。大和朝廷によって国の防衛のために築かれたとされる古代山城だが、詳しい歴史は解明されずに謎のままだという。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

webCG MoviesYouTube公式
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ ヤリス の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。