フェラーリSF90ストラダーレ(前編)

2022.06.12 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者にして元レーシングドライバーの池沢早人師が、「フェラーリSF90ストラダーレ」に試乗。フェラーリ初となる市販PHEVの走りを、スーパーカーとの付き合いも深いベテランドライバーはどう評価した?

恐ろしいほどのレスポンス

リアミドに搭載される最高出力780PSの4リッターV8ツインターボエンジンに、合計最高出力220PSとなる3基の電気モーターを組み合わせたフェラーリ初の市販プラグインハイブリッド車(PHEV)がSF90ストラダーレである。

その流麗すぎるほど流麗なフォルムのマシンで箱根の山を快走し、戻ってきた漫画界のレジェンドであり元JGTCレーサーの池沢早人師先生。しかし、どこか複雑な表情を浮かべている。

ひょっとするとそれは苦笑いですね。どうかされましたか?
「いや実はさっきそこでね、レースモードにしている最中に、コーナーのクリッピングポイントからどれだけ気持ちいい立ち上がり加速をするんだとばかりにアクセルを踏んだら、1秒強の間に3回もシャシー系の制御が入ったんです(笑)。これまでの多くのクルマでは、何らかの電子デバイスが作動しても1度だけでしたが、この緻密な制御アルゴリズムは本当にスゴイ! しかも恐ろしいほどのレスポンスで! いやぁ、SF90に助けてもらっちゃいましたよ」

元JGTCレーサーを軽くビビらせるとはSF90ストラダーレ、かなりのものですね?
「公道ですから、もちろん(アクセルを)全開にしたわけではないんですよ。コーナーの出口でもう少しトラクションをかけようと思ってプッと踏んだだけなんですが、それでも『おっと!』となってしまったんです。これはエンジンが780PSで、モーターが確か……」

モーターのほうは3基合わせて220PSですね。
「以前、マクラーレンのオープンモデル『720Sスパイダー』に乗ったときも思いましたが、700PSを超えるクルマは、公道では本当にアクセルワークに気を使わないと……ですね」

フェラーリ初の市販PHEV「SF90ストラダーレ」は、2019年10月に日本導入が発表された。車名は、SF=スクーデリア・フェラーリの、90=設立90周年を記念する、ストラダーレ=公道仕様車という意味を持つ。
フェラーリ初の市販PHEV「SF90ストラダーレ」は、2019年10月に日本導入が発表された。車名は、SF=スクーデリア・フェラーリの、90=設立90周年を記念する、ストラダーレ=公道仕様車という意味を持つ。拡大
4リッターV8ツインターボに3基のモーターを組み合わせた、システム最高出力1000PSのプラグインハイブリッドユニットが搭載される「SF90ストラダーレ」。エンジンとリアモーターが後輪を、左右独立配置された2基のフロントモーターが前輪を駆動する4WDシステムを採用する。
4リッターV8ツインターボに3基のモーターを組み合わせた、システム最高出力1000PSのプラグインハイブリッドユニットが搭載される「SF90ストラダーレ」。エンジンとリアモーターが後輪を、左右独立配置された2基のフロントモーターが前輪を駆動する4WDシステムを採用する。拡大
【フェラーリSF90ストラダーレ】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4710×1972×1186mm/ホイールベース:2650mm/車重:1570kg(乾燥重量)/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:9段AT/エンジン最高出力:780PS(574kW)/7500rpm/エンジン最大トルク:800N・m(81.6kgf・m)/6000rpm/フロントモーター最高出力:135PS(99kW)(1基当たり)/フロントモーター最大トルク:85N・m(8.7kgf・m)(1基当たり)/リアモーター最高出力:204PS(150kW)/リアモーター最大トルク:266N・m(27.1kgf・m)/システム最高出力:1000PS(735kW)/タイヤ:(前)255/35ZR19 91Y/(後)315/30ZR20 104Y(ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2)/燃費:6.0リッター/100km(約16.7km/リッター、WLTCモード)/価格:5340万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:315.0km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:46.6リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.7km/リッター(満タン法)
【フェラーリSF90ストラダーレ】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4710×1972×1186mm/ホイールベース:2650mm/車重:1570kg(乾燥重量)/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:9段AT/エンジン最高出力:780PS(574kW)/7500rpm/エンジン最大トルク:800N・m(81.6kgf・m)/6000rpm/フロントモーター最高出力:135PS(99kW)(1基当たり)/フロントモーター最大トルク:85N・m(8.7kgf・m)(1基当たり)/リアモーター最高出力:204PS(150kW)/リアモーター最大トルク:266N・m(27.1kgf・m)/システム最高出力:1000PS(735kW)/タイヤ:(前)255/35ZR19 91Y/(後)315/30ZR20 104Y(ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2)/燃費:6.0リッター/100km(約16.7km/リッター、WLTCモード)/価格:5340万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:315.0km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:46.6リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.7km/リッター(満タン法)拡大
関連記事
  • 日産フェアレディZバージョンST(FR/6MT)/フェアレディZ(FR/9AT)【試乗記】
    2022.7.22 試乗記 2021年の発表以来、世のスポーツカーファンを沸かせてきた新型「フェアレディZ」が、いよいよ公道を走りだす。果たしてどんなクルマに仕上がっているのか? MT車とAT車の両方に試乗して確かめた。
  • フェラーリF12ベルリネッタ(FR/7AT)【試乗記】 2013.5.22 試乗記 フェラーリの新たな旗艦「F12ベルリネッタ」に試乗。740psのパワーを発する“跳ね馬”は、どんな走りを見せるのか? ワインディングロードへと連れ出した。
  • フォルクスワーゲンTロックTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2022.8.2 試乗記 フォルクスワーゲンの「Tロック」は、デビューからわずか4年で100万台を売り上げたという世界的に人気のコンパクトクロスオーバーSUV。日本に上陸したマイナーチェンジモデルのステアリングを握り、進化のポイントやその仕上がりをチェックした。
  • フェラーリ458スペチアーレ(MR/7AT)【試乗記】 2014.8.20 試乗記 単なる「458イタリア」の軽量ハイパワー仕様だろう、などと高をくくってはいけない。パワーウェイトレシオを2.13kg/psまでそぎ落とし、0-100km/hを3秒でこなす「458スペチアーレ」の走りはもはや別物。V8フェラーリの頂点と呼ぶにふさわしい、どう猛さと洗練を併せ持つスペシャルに仕上がっていた。箱根のワインディングロードで試乗した。
  • フェラーリF12ベルリネッタ 2013.9.26 動画ギャラリー
ホームへ戻る