ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(前編)

2022.06.26 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。そのリアミドには一度はケイマンから失われた自然吸気の水平対向6気筒エンジンが積まれている。いわばポルシェの至宝のようなパワーユニットを、山野はどう評価する?

自然吸気への回帰

「言葉のいらない気持ちよさ!」

レーシングドライバーの山野哲也が絶賛するのは、ポルシェ718ケイマンGTS 4.0の4リッター水平対向6気筒NA(自然吸気)エンジンだ。4カム、24バルブのヘッドメカニズムを備えるフラット6は、400PS/7000rpmの最高出力と、420N・m/5000-6500rpm(PDK車は430N・m/5500rpm)の最大トルクを発生する。

「8000rpmというレブリミットは最近あまり見ませんね。ピークパワーを7000rpmで得るという高回転型。ポルシェは、NAユニットのよさをあらためて追求してきました」と興奮冷めやらぬ様子である。
 
2016年に登場した「ポルシェ・ボクスター/ケイマン」改め「718ボクスター」と718ケイマンは、名称の変更もさることながら、ミドに搭載されるエンジンが、NAの水平対向6気筒からターボ付きの水平対向4気筒に変更されたことが大きな話題となった。排気量でみると、それまでの2.7リッター(275PS)と3.4リッター(325PS)から、2リッターターボ(300PS)と2.5リッターターボ(350PS)に変わったのである。最上級を示すGTSモデルも、翌年、チューンを上げた2.5リッターターボ(365PS)を積んで登場している。

ところが、熱烈なファンの要望に応えたのか、はたまた当初のロードマップどおりなのか、2019年には4リッターの水平対向6気筒NAユニットを採用した「GT4」(420PS)が新たなトップモデルとしてリリースされた。GTS 4.0は、GT4から1年遅れで加わった、同車よりわずかにデチューンされた4リッターフラット6を用いた718ケイマンである。

今回のテスト車は、GTS 4.0の6段MT車。コンベンショナルな3ペダル式ながら、かつて言われた「ポルシェ車のクラッチミートの難しさ」は、すっかり過去のものになっている。パワフルなMTケイマンに関して、山野哲也は「むしろ優しいクルマ」と表現する。

 
ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(前編)の画像拡大
 
ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(前編)の画像拡大
 
ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(前編)の画像拡大
 
ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(前編)の画像拡大
関連記事
  • 【ニューモデル情報】 ポルシェ911 GT3 RS 2022.8.8 アウトビルトジャパン ポルシェは間もなく、新型「911 GT3 RS」を発売する。2022年8月17日の初公開を前に、高性能スポーツカーはわずかにカムフラージュされ、ワイルドなエアロディテールが施された姿を見せている。
  • 日産フェアレディZバージョンST(FR/6MT)/フェアレディZ(FR/9AT)【試乗記】
    2022.7.22 試乗記 2021年の発表以来、世のスポーツカーファンを沸かせてきた新型「フェアレディZ」が、いよいよ公道を走りだす。果たしてどんなクルマに仕上がっているのか? MT車とAT車の両方に試乗して確かめた。
  • ポルシェ911カレラ4 GTS(後編) 2022.4.24 池沢早人師の恋するニューモデル 次期愛車候補の一台として期待した「ポルシェ911カレラ4 GTS」の走りに、当初は好意的な意見を述べなかった漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師。しかし「スポーツ」モードを試すや、その表情はがぜん明るくなった。注目の最終評価は?
  • ポルシェ911カレラ4 GTS(4WD/8AT)【試乗記】 2022.4.15 試乗記 締め上げられた専用チューンのシャシーに、パワフルな3リッター水平対向6気筒ツインターボを搭載する「ポルシェ911カレラ4 GTS」に試乗。GTSは各世代の節目を前にして登場する集大成的な存在ともいわれるが、果たしてその仕上がりやいかに。
  • ポルシェ911カレラ(前編) 2020.8.28 池沢早人師の恋するニューモデル 『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が話題のモデルを紹介する新企画がスタート。記念すべき第1回の試乗車は「ポルシェ911カレラ」。自然吸気フラット6を搭載する「911カレラS」(991型前期)をプライベートで駆るオーナーならではの視点も交えリポートする。
ホームへ戻る