ハイブリッドもラインナップ 新型「ベントレー・フライングスパーS」登場

2022.06.14 自動車ニュース
ベントレー・フライングスパーS
ベントレー・フライングスパーS拡大

英ベントレーモーターズは2022年6月13日(現地時間)、スポーティーサルーン「フライングスパーS」の新型について、概要を発表した。実車は、同年6月23日~26日に英国内で開催予定の自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において初披露される。

 
ハイブリッドもラインナップ 新型「ベントレー・フライングスパーS」登場の画像拡大
 
ハイブリッドもラインナップ 新型「ベントレー・フライングスパーS」登場の画像拡大
 
ハイブリッドもラインナップ 新型「ベントレー・フライングスパーS」登場の画像拡大
 
ハイブリッドもラインナップ 新型「ベントレー・フライングスパーS」登場の画像拡大
 
ハイブリッドもラインナップ 新型「ベントレー・フライングスパーS」登場の画像拡大
 
ハイブリッドもラインナップ 新型「ベントレー・フライングスパーS」登場の画像拡大

ベントレー・フライングスパーSは、ラグジュアリーサルーン「フライングスパー」のスポーティーバージョン。今回発表された新型には、2種類のパワートレインがラインナップされる。

このうちV8モデルは、最高出力550PS、最大トルク770N・mを発生する4リッターV8ターボエンジンを搭載、0-100km/h加速4.0秒のパフォーマンスを誇る。コーナリング時のロールを抑制してタイヤの接地性を最大限に高め、快適な乗り心地と優れた操縦性をもたらす「ベントレーダイナミックライド」や、「エレクトロニック オールホイール ステアリング」と呼ばれる四輪操舵システムなどが標準装備される。

もうひとつは街乗り中心のドライバーや環境重視のドライバーを意識したというハイブリッドモデル。2.9リッターV6ターボエンジンにモーターが組み合わされており、システム最高出力544PS、システム最大トルク750N・mを発生する。0-100km/hの加速タイムは4.1秒で、EV走行での航続距離は最長41km。「ベントレー史上最高の効率性」とうたわれる。

エクステリアについてはダークカラーのドレスアップが特徴で、グロスブラックのバンパーロアグリルやダークティントのヘッドライトおよびリアライト、ブラックのクアッドテールパイプフィニッシャーなどが装着される。対照的に、トランクリッドの「ウイングドBバッジ」や「BENTLEY」ロゴはブライトクローム仕上げとなる。

足元には新設計の「グロスブラック」または「ペールブロガーサテン」の22インチホイールが採用されており、グロスブラック仕上げとブライトマシニング仕上げを施した21インチトライスポークホイールも選択できる。いずれのホイールを選択した場合でも、「Sモデルのスポーティーな魅力をさらに引き立たせる」というレッドのブレーキキャリパーが組み合わされる。

ツートンカラーのインテリアは、スエード調の素材であるダイナミカがヒーター付きステアリングホイールやギアレバー、シートクッション、シートバックレストにあしらわれ、シートボルスターやドアパッド、インストゥルメントパネルおよびセンターコンソール周辺はスムースレザー仕立てとなる。

Sデザインのフルートシートは、オプションでキルティング地が選べ、ヘッドレストには「S」エンブレムの刺しゅうが施される(無償オプションでベントレーウイングの刺しゅうに変更可能)。クロノメーターからインスピレーションを得たという意匠のメーターパネルや、フェイシアの金属製「S」バッジ、「S」ロゴのイルミネーテッドトレッドプレートなども特徴となっている。

(webCG)

関連キーワード:
フライングスパー, ベントレー, 自動車ニュース