クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アルピーヌA110 GT/A110 Sアセンション(MR/7AT)

エブリデイ・スポーツカー 2022.06.17 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アルピーヌA110」が上陸。よりパワフルなエンジンを搭載し走りを磨いた「A110 GT」と、エアロパーツを初採用したハードな足まわりの限定モデル「A110 Sアセンション」に試乗し、フレンチロケットの進化を探った。

マイナーチェンジでブラッシュアップ

2017年3月にグローバルデビューし、2018年6月に日本導入が開始されたアルピーヌA110。2021年12月31日までの販売台数はグローバルで9586台、日本で809台と好調だ。デビュー時に取材したところ、仏ディエップ工場の生産キャパシティーは年産2500台程度。工場自体にはまだ余裕があるが、スポーツカー用の特別なパーツ等を少量生産で請け負ってくれるサプライヤーを多く開拓し、そちらのキャパシティーを増やすのがかなり難しいとのことだった。2020年までは2500台/年に届いていなかったが、知名度も上がってきて2021年には2500台/年を超えている。現状ではフルキャパといったところだろう。

そのA110が初のマイナーチェンジを受けた。タイムレスで評判のいいデザインには手を入れず、高性能仕様のエンジンをさらにパワーアップ。「Android Auto」と「Apple CarPlay」に対応したインフォテインメントシステムの採用に加え、グレード体系の変更がなされている。

エンジンは、標準仕様が最高出力252PS/6000rpm、最大トルク320N・m/2000rpmと変更はないが、高性能仕様は従来の最高出力292PS/6420rpm、最大トルク320N・m/2000rpmから同300PS/6300rpm、同340N・m/2400rpmへとスープアップされた。

従来の高性能仕様は、標準仕様と最大トルクは同じままに高回転化してパワーを稼いでいた。ゲトラグ製DCTのトルク容量がいっぱいだったからだが、今回はDCT内部のシャフトやクラッチなどを強化することでトルクアップが可能になったという。0-100km/h加速は、標準仕様で4.5秒、従来の高性能仕様が4.4秒なのに対して、新しい高性能仕様は4.2秒にまで短縮されている。

これまでは標準仕様のエンジンを搭載するモデルがスポーティーな「A110ピュア」とグランドツアラー的な「A110リネージ」、高性能仕様エンジンと強化シャシーでサーキット走行まで見据えたのが「A110 S」というグレード体系だったが、新型は「A110」(従来のピュアに相当)、「A110 GT」(従来のリネージに相当)、そしてA110 Sの3モデルに改められた。強化シャシーはシャシースポール、標準はアルピーヌシャシーと呼ばれる。

2022年1月に日本導入が発表された「アルピーヌA110」のマイナーチェンジモデル。ラインナップはエントリーグレードの「A110」、グランドツーリングを楽しむための新グレード「A110 GT」、そしてサーキット走行を見据えたハードコアな「A110 S」の3グレード展開となった。写真はA110 GTで、車両本体価格は893万円。
2022年1月に日本導入が発表された「アルピーヌA110」のマイナーチェンジモデル。ラインナップはエントリーグレードの「A110」、グランドツーリングを楽しむための新グレード「A110 GT」、そしてサーキット走行を見据えたハードコアな「A110 S」の3グレード展開となった。写真はA110 GTで、車両本体価格は893万円。拡大
「A110 GT」は、これまでよりもパワフルな最高出力300PS、最大トルク340N・mを発生する1.8リッター直4ターボエンジンを搭載。トランスミッションは従来型と同じく7段DCTだが、内部のシャフトやクラッチなどを強化し、パワーアップに対応したという。
「A110 GT」は、これまでよりもパワフルな最高出力300PS、最大トルク340N・mを発生する1.8リッター直4ターボエンジンを搭載。トランスミッションは従来型と同じく7段DCTだが、内部のシャフトやクラッチなどを強化し、パワーアップに対応したという。拡大
レザーシートに加えて、ブリリアントカーボンやアルミのパーツでスポーティーに演出された「A110 GT」のインテリア。フォーカル製軽量4スピーカー+軽量サブウーファーのサウンドシステムは、同モデル専用の装備となる。無償オプションで左ハンドル仕様が選択できるのもA110の特徴だ。
レザーシートに加えて、ブリリアントカーボンやアルミのパーツでスポーティーに演出された「A110 GT」のインテリア。フォーカル製軽量4スピーカー+軽量サブウーファーのサウンドシステムは、同モデル専用の装備となる。無償オプションで左ハンドル仕様が選択できるのもA110の特徴だ。拡大
写真のボディーカラーは12万円の有償色となる「ブルーアビスM」。「A110 GT」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4205×1800×1250mm、ホイールベース=2420mmで、いずれも従来型からの変更はない。
写真のボディーカラーは12万円の有償色となる「ブルーアビスM」。「A110 GT」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4205×1800×1250mm、ホイールベース=2420mmで、いずれも従来型からの変更はない。拡大

GTとしての資質が光る新グレード

改良型で興味深いのは、A110 GTにソフトなほうのアルピーヌシャシーと高性能仕様エンジンが組み合わされたことだ。ファンの間でよく聞かれた「ピュアのほうがシャシー的に普段乗りやワインディングロード走行に向いているが、Sのパワフルなエンジンの魅力も捨てがたい」という声に応えたかっこうだ。

個人的に「A110プルミエールエディション」(初期限定車でピュアのフルオプションに相当)を所有していてA110 GTが気になっていたので、今回早速ステアリングを握った。

従来型A110 Sのエンジンは、低・中回転では標準仕様と変わらぬフィーリングだったが、高回転域の伸びが違う。5000rpm以上でもパワーの頭打ち感がなく、突き抜けるように回っていくのが好ましかった。

ところが新しい高性能仕様のエンジンは全域でトルクの厚みが増して、走りだしから力強さが異なる。そのうえで高回転域まで、やはり突き抜けるように回るのだ。標準仕様でも速さは十分で、単体で乗っていれば気持ちがいいが、高性能仕様を味わってしまうとうらやましいという気持ちが生まれてしまう。

A110 GTはアルピーヌシャシーで、愛車であるプルミエールエディションと同じだが、わずかに乗り心地がよりスムーズになった印象を覚えた。シートがバケットではなくコンフォートシートなので感じ方が違うことと、1万4000km走った愛車と下ろし立ての新車という違いもあるが、GTと名乗るだけあってグランドツアラーとしての資質は高いといえるのはたしかだ。

ワインディングロードでの振る舞いも相変わらず理想的なものだった。このクラスでは唯一の4輪ダブルウイッシュボーン式サスペンションを採用し、たっぷりとしたストロークを生かすのがA110の最大の魅力。スポーツカーとしてはソフトタッチだが、荒れた路面をものともせず、きれいにいなしながらハイスピードでコーナリングしていけるのだ。

最高出力300PSの余裕あるエンジンパワーとアルピーヌシャシーの組み合わせが特徴となる「A110 GT」。ロングドライブを快適にするベストバランスをもたらす仕様とアルピーヌ・ジャポンは説明している。
最高出力300PSの余裕あるエンジンパワーとアルピーヌシャシーの組み合わせが特徴となる「A110 GT」。ロングドライブを快適にするベストバランスをもたらす仕様とアルピーヌ・ジャポンは説明している。拡大
試乗車両はオプションの18インチ「ブラックGrand Prix」アロイホイールに、前205/40ZR18、後ろ235/40ZR18サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ4」タイヤを組み合わせていた。
試乗車両はオプションの18インチ「ブラックGrand Prix」アロイホイールに、前205/40ZR18、後ろ235/40ZR18サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ4」タイヤを組み合わせていた。拡大
「A110 GT」にはサベルト製のレザースポーツシートを標準で装備。表皮はブラウンレザー(写真)のみの設定で、ヒーター機能を内蔵している。キルティングの入ったドアの内張りやダッシュボードも同色でコーディネートされている。
「A110 GT」にはサベルト製のレザースポーツシートを標準で装備。表皮はブラウンレザー(写真)のみの設定で、ヒーター機能を内蔵している。キルティングの入ったドアの内張りやダッシュボードも同色でコーディネートされている。拡大
「A110 GT」のボディーはアルミ製。車重は1120kgで、この軽さもA110のセリングポイントだ。サスペンションは前後ともダブルウイッシュボーン式で、バンプストップラバーの代わりに「ハイドロリック・コンプレッション・ストップ」が採用されている。
「A110 GT」のボディーはアルミ製。車重は1120kgで、この軽さもA110のセリングポイントだ。サスペンションは前後ともダブルウイッシュボーン式で、バンプストップラバーの代わりに「ハイドロリック・コンプレッション・ストップ」が採用されている。拡大

おきて破りのリアウイング

一般的なバンプストップラバーの代わりにハイドロリック・コンプレッション・ストップ(=ダンパー・イン・ダンパー)を採用しているためバンプタッチしたときの動きと落ち着きも見事。ラリーで培われた技術というが、A110はまさにラリーカーのようで、路面が荒れれば荒れるほど足さばきの巧みさに心酔してしまう。

この、追従性の高いサスペンションがあるからこそ、前後重量配分44:56を存分に生かして舵の利きを良くできる。リアにストラットを採用するモデルではミドシップであってもあえてアンダーステア気味にして安心感を確保することもあるが、A110は操舵に対して素直に気持ち良く曲がっていくのだ。

今回、A110 Sに新たに用意されたオプションのエアロキットと、「ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2」タイヤを装備した限定モデル「A110 Sアセンション」にも試乗した。

これまでA110の開発陣は、エレガントさを追求するためにリアウイングは“絶対に付けたくない”と主張。キャビン下あたりからテールエンドまで伸びる長大なアンバーパネルディフューザーを装備することにより、人目に触れる大げさなエアロデバイスを採用することなく、しかるべきダウンフォースを稼いでいた。

しかし、高性能化の要望も多いのだろう。エアロキットはフロントで60kg、リアで81kgの追加ダウンフォースを発生し、なおかつ空気抵抗も減少させることで、最高速度がA110 Sの260km/hから275km/hに引き上げられた。

シャシースポールはスタンダードに対してスプリングとアンチロールバーを1.5倍程度に強化し、ショックアブソーバーとバンプストップを最適化。タイヤは前後とも10mmワイドになっている。明らかにロール剛性が上がっているが、それでもA110らしいしなやかさは健在だ。路面が荒れたワインディングロードでも、硬すぎて路面追従性が悪いということはない。

コックピットの真下からテールエンドまでをカバーする、長大なアンバーパネルディフューザーを装備。フロア下部のフラット化などと合わせて効果を発揮し、250km/h走行時で275kgものダウンフォースを発生させるという。
コックピットの真下からテールエンドまでをカバーする、長大なアンバーパネルディフューザーを装備。フロア下部のフラット化などと合わせて効果を発揮し、250km/h走行時で275kgものダウンフォースを発生させるという。拡大
インストゥルメントパネルの中央に配置される7インチサイズのタッチパネル式ディスプレイに変更はないが、新たに車載インフォテインメントシステムが全車で「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応した。
インストゥルメントパネルの中央に配置される7インチサイズのタッチパネル式ディスプレイに変更はないが、新たに車載インフォテインメントシステムが全車で「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応した。拡大
リアトランクの容量は96リッター。フロントボンネット下にも、容量100リッターのラゲッジスペースが設置されている。
リアトランクの容量は96リッター。フロントボンネット下にも、容量100リッターのラゲッジスペースが設置されている。拡大
今回、マイナーチェンジした「A110」の特別仕様車として、限定で導入された「A110 Sアセンション」にも試乗。A110シリーズで初となるカーボン製のフロントスプリッター&リアスポイラーや、スプリングレートがフロント:47N/mm 、リア:90N/mmに強化されたサスペンションの採用などが特徴だ。
今回、マイナーチェンジした「A110」の特別仕様車として、限定で導入された「A110 Sアセンション」にも試乗。A110シリーズで初となるカーボン製のフロントスプリッター&リアスポイラーや、スプリングレートがフロント:47N/mm 、リア:90N/mmに強化されたサスペンションの採用などが特徴だ。拡大

エアロキット装着車はサーキット向け

ただし、コーナー進入時にしっかりとフロントに荷重をかける必要があるケースでは、アルピーヌシャシーよりもシャシースポールのほうがアンダーステア気味に感じることがある。サーキットならばコーナー入り口まで我慢して強いブレーキをかけられるが、ワインディングロードではそこまで詰めていけず、荷重が中途半端になるからだ。

したがってサーキットでは、全般的にコーナーの奥までブレーキをかけ続けたほうが上手に操れる。その代わり、アルピーヌシャシーではストロークが深すぎてアンダーステアになる場面でも、こちらは素早くノーズをインに向けられ、S字などでの切り返しでロスがなくなる。サーキットではシャシースポールの特性が生きるのである。

乗り心地は、例えば首都高速の目地段差などきつい入力があるところでもさほど悪くないが、左右でうねりがある場面などでボディーが揺すられることがある。スプリングとショックアブソーバーは乗り心地に悪影響を及ぼしていないが、アンチロールバーがビシッと張っている印象が強いのだ。

今回のA110 Sアセンションはエアロキットとタイヤの能力が高いので、操舵初期からゲインが高く、グイグイと曲がりたがる特性が強調されていた。アルピーヌシャシーのほうがどんな路面でも追従性が高く、ラリーカー的なA110の本懐といったところだが、シャシースポール+エアロキットは、レーシングカー的でこれはこれで面白い。サーキット志向が強い人にはおすすめだ。

初のマイナーチェンジとなったが、A110本来の魅力がどのモデルにも受け継がれているのがうれしい。刺激的なエンジンを搭載するA110 GTは、ひとつの理想形であり、これまで以上に多くのファンを喜ばせることになりそうだ。とはいえ、試乗を終えて自分のプルミエールエディションで帰路についても、魅力が全然あせていなかったのも発見だった。なぜなら、エンジンは他のメーカーにも魅力的なモデルがたくさんあるが、このシャシー性能だけは唯一無二だからだ。

攻めて走るのももちろん興奮するが、ゆっくりとコーナーを流すだけでも軽さや重量配分の良さ、しなやかなサスペンションの恩恵がしみじみと感じられる。エブリデイ・スポーツカーとしても優れているのがA110なのだ。

(文=石井昌道/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

箱根のワインディングロードを行く「A110 Sアセンション」。エアロキットはフロントで60kg、リアで81kgの追加ダウンフォースを発生する。他グレードよりも幅広サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2」タイヤが採用されるのも、同モデルの特徴。
箱根のワインディングロードを行く「A110 Sアセンション」。エアロキットはフロントで60kg、リアで81kgの追加ダウンフォースを発生する。他グレードよりも幅広サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2」タイヤが採用されるのも、同モデルの特徴。拡大
カーボン製のフロントスプリッターとリアスポイラーの装備により、「A110 Sアセンション」の全長は「A110」よりも25mm長い4230mmとなる。試乗車両のボディーカラーは「ブルーアルピーヌM」で、販売台数は15台の限定だった。
カーボン製のフロントスプリッターとリアスポイラーの装備により、「A110 Sアセンション」の全長は「A110」よりも25mm長い4230mmとなる。試乗車両のボディーカラーは「ブルーアルピーヌM」で、販売台数は15台の限定だった。拡大
アルミとカーボン、マイクロファイバー表皮でコーディネートされたインテリアは、レーシーな雰囲気。サベルト製のモノコックバケットシートには6点式のレーシングハーネスを装着するためのアダプターが付属している。
アルミとカーボン、マイクロファイバー表皮でコーディネートされたインテリアは、レーシーな雰囲気。サベルト製のモノコックバケットシートには6点式のレーシングハーネスを装着するためのアダプターが付属している。拡大
「A110 GT」のメーターパネル。ステアリングホイールの右下にレイアウトされた走行モード切り替えスイッチに連動して、液晶メーターのデザインも切り替わる。写真は「スポーツ」モード選択時の様子。
「A110 GT」のメーターパネル。ステアリングホイールの右下にレイアウトされた走行モード切り替えスイッチに連動して、液晶メーターのデザインも切り替わる。写真は「スポーツ」モード選択時の様子。拡大
「A110 GT」の走行シーン。1.8リッター直4ターボエンジンは全域でトルクの厚みが増し、走りだしから力強さが違う。マイナーチェンジによって、アルピーヌシャシーの乗り心地がよりスムーズになった印象も覚えた。
「A110 GT」の走行シーン。1.8リッター直4ターボエンジンは全域でトルクの厚みが増し、走りだしから力強さが違う。マイナーチェンジによって、アルピーヌシャシーの乗り心地がよりスムーズになった印象も覚えた。拡大
アルピーヌA110 GT
アルピーヌA110 GT拡大
 
アルピーヌA110 GT/A110 Sアセンション(MR/7AT)【試乗記】の画像拡大

テスト車のデータ

アルピーヌA110 GT

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4205×1800×1250mm
ホイールベース:2420mm
車重:1120kg
駆動方式:MR
エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:300PS(221kW)/6300rpm
最大トルク:340N・m(34.6kgf・m)/2400rpm
タイヤ:(前)205/40ZR18 86Y/(後)235/40ZR18 95Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4)
燃費:14.1km/リッター(WLTCモード)
価格:893万円/テスト車=917万7500円
オプション装備:ボディーカラー<ブルーアビスM>(12万円)/18インチアロイホイール<ブラックGrand Prix>(10万円) ※以下、販売店オプション フロアマット(2万7500円)

テスト車の年式:2022年型
テスト開始時の走行距離:535km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

アルピーヌA110 Sアセンション
アルピーヌA110 Sアセンション拡大
 
アルピーヌA110 GT/A110 Sアセンション(MR/7AT)【試乗記】の画像拡大

アルピーヌA110 Sアセンション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4230×1800×1250mm
ホイールベース:2420mm
車重:1110kg
駆動方式:MR
エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:300PS(221kW)/6300rpm
最大トルク:340N・m(34.6kgf・m)/2400rpm
タイヤ:(前)215/40ZR18 89Y/(後)245/40ZR18 97Y(ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2)
燃費:14.1km/リッター(WLTCモード)
価格:1059万円/テスト車=1061万7500円
オプション装備:なし ※以下、販売店オプション フロアマット(2万7500円)

テスト車の年式:2022年型
テスト開始時の走行距離:2549km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アルピーヌ A110 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。