クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第235回:エリート特急からリゾート特急へ

2022.06.27 カーマニア人間国宝への道

足で使うべきはクーペではなくSUVか

BMWの新型「220iクーペMスポーツ」は素晴らしかった。よし、これを買おう! と思ってクルマを降りようとした瞬間、クーペのやや難儀な乗降性に逡巡(しゅんじゅん)し、「SUVを買ってみようかな……」と思うに至った還暦カーマニアの私である。

その遠因は、今年導入した「タントスローパー」にある。私はこれまで、こういった重心の高いクルマが苦手だったが、タントは重心の高さを感じさせないコーナリング性能を持っている。着座位置が高いぶん、大好きな首都高を走っていても見晴らしがイイ。防音壁越しに東京タワーもよく見える。もちろん乗降性は抜群。なら、多少背が高いクルマのほうがいいんじゃないか!?

軽ハイトワゴンほどではないにせよ、かつてはSUVも重心が高く、コーナリングが苦手だったが、近年はまったく変わった。「ランボルギーニ・ウルス」なんざ、フォーミュラマシンのようにコーナリングする。これだけコーナリングがよければ、このテのクルマを避ける必要はない!

これまで私はSUVを、自分の生活には何のメリットももたらさないと断じてきた。全高の高いクルマは、コーナリングや空気抵抗に関して全面的に不利。悪路を走る趣味がない自分には、SUVは無用の長物だった。

しかし、状況は変わった。現代のSUVは、コーナリングも視界も乗降性も全部よかったりする。フェラーリを持つ私が普段の足に乗るべきは、クーペではなくSUVかもしれない!

では、どのモデルを選ぶべきか。

フェラーリを持つ私が普段の足に乗るべきはクーペではなくSUVかもしれないとの結論に達し、今回「X2 xDrive20d MスポーツX」に試乗してみた。X2を選んだのは、日本上陸直後にガソリンエンジン車に箱根で乗り、その走りに感動したからだ。
フェラーリを持つ私が普段の足に乗るべきはクーペではなくSUVかもしれないとの結論に達し、今回「X2 xDrive20d MスポーツX」に試乗してみた。X2を選んだのは、日本上陸直後にガソリンエンジン車に箱根で乗り、その走りに感動したからだ。拡大
試乗車両の外装色は「サンセットオレンジ」というメタリックカラー。青い空と海によく似合う。電動パノラマガラスサンルーフは「セレクトパッケージ」に含まれるオプションアイテムで、「ラゲッジコンパートメントネット」や7スピーカーで総出力205Wの「HiFiスピーカーシステム」とセットとなる。
試乗車両の外装色は「サンセットオレンジ」というメタリックカラー。青い空と海によく似合う。電動パノラマガラスサンルーフは「セレクトパッケージ」に含まれるオプションアイテムで、「ラゲッジコンパートメントネット」や7スピーカーで総出力205Wの「HiFiスピーカーシステム」とセットとなる。拡大
「X2」は乗り降りがとってもラク。 ドアは長くないし、シートの高さもちょうどいい。「MスポーツX」グレードには「Mスポーツレザーステアリングホイール」や「アルミニウムヘキサゴンアンソラジットインテリアトリム」などが標準で装備される。
「X2」は乗り降りがとってもラク。 ドアは長くないし、シートの高さもちょうどいい。「MスポーツX」グレードには「Mスポーツレザーステアリングホイール」や「アルミニウムヘキサゴンアンソラジットインテリアトリム」などが標準で装備される。拡大

全高低めのSUVがドンピシャ

真っ先に思い浮かんだのが、「BMW X2」だ。

X2が登場したのは約3年前。試乗会で「X2 xDrive20i MスポーツX」に乗って箱根のワインディングを走り、その走りに感動したのである。あれ以来、ずっと心のどこかにX2が棲(す)んでいた。

そのときは、「これでディーゼルがあったなら」と思ったが、それ、考えてみたらとっくに出てるじゃないか! しかも当初の「18d」(最高出力150PS)は、今年マイチェンで「20d」(最高出力190PS)になったようだ。うおお、乗りたい乗りたい! 今すぐ乗りたい!

そこで、広報車をお借りすることにした。オレンジ色の「X2 xDrive20d MスポーツX」、しかもサンルーフ付きだ! わぁ~い!

それは、とってもステキなクルマだった。

まず、乗り降りがとってもラク! ドアは長くないし、シートの高さもちょうどいい。X2は全高低めのSUV。これくらいがドンピシャだ! これなら米寿まで乗れるかもしれん。

走りもスバラシイ。乗り心地は3年前よりもしなやかだし(19インチタイヤ装着)、ディーゼルは言うまでもなくトルクフル。スペック的にはわがエリート特急こと先代「320d」とほぼ同じながら、エンジンの進化によって、静粛性は段違いだ。特にアイドリングストップからの始動時は、とっても静かでガソリン車みたい~!

車両重量は先代320dに対して今回のX2ほうが4WDで150kgくらい重いこともあり、出足は少し劣るが、さすがFFベースの四輪駆動。直進性は明確にFRのエリート特急を上回る。アクアラインの橋梁(きょうりょう)部で横風を食らってもビクともしない。

インテリアもカジュアル&スポーティーで好みだ。極めつけはサンルーフ! 開口部が微妙に前寄りなので、前席でも開放感があって、ちょっとだけオープンカー気分が味わえる。とにかくラクチンでリラックスできてリゾート気分! コイツはエリート特急ならぬリゾート特急だ!

エリート特急こと先代「BMW 320d」(写真右)と、今回試乗した「X2 xDrive20d MスポーツX」(左)。エリート特急のボディーサイズは全長×全幅×全高=4645×1800×1440mmで、X2は同4375×1824×1535mm。セダンからの乗り換えも問題なさそうだ。
エリート特急こと先代「BMW 320d」(写真右)と、今回試乗した「X2 xDrive20d MスポーツX」(左)。エリート特急のボディーサイズは全長×全幅×全高=4645×1800×1440mmで、X2は同4375×1824×1535mm。セダンからの乗り換えも問題なさそうだ。拡大
「320d」に搭載される2リッター直4ディーゼルターボエンジン。最高出力190PS/4000rpm、最大トルク400N・m/1750-2500rpmというパフォーマンスを誇る。
「320d」に搭載される2リッター直4ディーゼルターボエンジン。最高出力190PS/4000rpm、最大トルク400N・m/1750-2500rpmというパフォーマンスを誇る。拡大
「X2」の「20d」に搭載される2リッター直4ディーゼルターボエンジン。スペック的には「320d」と同じながら、静粛性がアップした。アイドリングストップからのエンジン再始動時はとても静かで、まるでガソリン車のようだ。
「X2」の「20d」に搭載される2リッター直4ディーゼルターボエンジン。スペック的には「320d」と同じながら、静粛性がアップした。アイドリングストップからのエンジン再始動時はとても静かで、まるでガソリン車のようだ。拡大

3年落ちで約350万円のX2を発見

しかもX2は、登場から3年たっている。新型「2シリーズ クーペ」は出たばっかりなので、最低3年は待たないと中古車相場がこなれないが、X2はすでにこなれているはずだ。うおお、いくらなんだX2ディーゼルよ! エリート特急のように235万円くらいで買えるのか!?

ガーン。400万円前後……。

最近のBMWは中古車が高いっ! いや、正確には、先代3シリーズが安すぎた。なにせ3年前まで、BMWの新車は軒並み100万円引きで売られていた。だから中古車もそのぶん安く買えた。

しかし3年前、BMWの新車大幅値引きや登録済み未使用車の大軍団が突如絶滅し、そのぶん中古車相場がドーンと上がった。そこに追い打ちをかけたのが半導体不足だ。

400万円か……。エリート特急の下取りが100万円ついたとしても300万円。総額は330万円くらいに達するのか。うむう。

そんなとき検索に、1台の中古車が引っ掛かった。3年落ちで車両本体約350万円。ボディーは白でサンルーフ付き! うおおドンピシャじゃん!

私は早速メールで見積もりを依頼した。ソッコーで丁寧な返信があった。よし、実車を見に行こう! うおおおお買うぞ買うぞ買うぞX2! 待ってろよリゾート特急!

でも、ふと「なんでこれだけこんなに安いんだ?」という疑問が湧いた。修復歴アリか? いや違うな。走行距離も短い。おかしい……。

車名をよく見てがくぜん。それはX2 18dではなく、1.5リッター3気筒ガソリンターボ搭載の「18i」だったのだ!

3気筒はタントとハイゼットトラックジャンボだけでヨシ! エリート特急よ、オマエをまだまだ使い倒すぜ!

(文と写真=清水草一/編集=櫻井健一)

フロントフェイスは少し「2シリーズ アクティブツアラー」に似ているが、全体のフォルムが違うのでスポーティーな印象を覚える。「X2 xDrive20d MスポーツX」の車両本体価格は574万円。
フロントフェイスは少し「2シリーズ アクティブツアラー」に似ているが、全体のフォルムが違うのでスポーティーな印象を覚える。「X2 xDrive20d MスポーツX」の車両本体価格は574万円。拡大
「20d」はディーゼルなので、燃料は当然軽油。燃費値はWLTCモードで14.5km/リッターと発表されている。給油口の左に見える青いキャップは、排ガスを浄化するためのAdBlue(アドブルー)の投入口。
「20d」はディーゼルなので、燃料は当然軽油。燃費値はWLTCモードで14.5km/リッターと発表されている。給油口の左に見える青いキャップは、排ガスを浄化するためのAdBlue(アドブルー)の投入口。拡大
「X2 xDrive20d MスポーツX」の最低地上高は180mm。キャビン上部をぐっと凝縮することで、頭が小さくて肩幅の広い、BMWらしいスポーティーなフォルムになっている。ステキだ。
「X2 xDrive20d MスポーツX」の最低地上高は180mm。キャビン上部をぐっと凝縮することで、頭が小さくて肩幅の広い、BMWらしいスポーティーなフォルムになっている。ステキだ。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

webCG MoviesYouTube公式
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

BMW X2 の中古車
関連キーワード
X2BMW
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。