フェラーリがオープンPHEV「296GTS」の国内導入を鈴鹿サーキットで発表

2022.06.24 自動車ニュース
フェラーリ296GTS
フェラーリ296GTS拡大

フェラーリ・ジャパンは2022年6月24日、三重・鈴鹿サーキットにおいてV6ミドシッププラグインハイブリッドのオープントップモデル「296GTS」の実車を国内初披露した。

「296GTS」のサイドビュー。ルーフには軽量な電動リトラクタブルハードトップが採用され、オープン/クローズが各14秒で完了する
「296GTS」のサイドビュー。ルーフには軽量な電動リトラクタブルハードトップが採用され、オープン/クローズが各14秒で完了する拡大
「ピュアでミニマリスト」なデザインが特徴とされる「296GTS」のインストゥルメントパネル。メーター全面が液晶ディスプレイとなる、フルデジタルインターフェイスが採用されている。
「ピュアでミニマリスト」なデザインが特徴とされる「296GTS」のインストゥルメントパネル。メーター全面が液晶ディスプレイとなる、フルデジタルインターフェイスが採用されている。拡大
「296GTS」のパワーユニット。最高出力663PSの3リッターV6ツインターボエンジンに、同167PSの電動モーターと8段DCTが組み合わされる。システム最高出力は830PS。
「296GTS」のパワーユニット。最高出力663PSの3リッターV6ツインターボエンジンに、同167PSの電動モーターと8段DCTが組み合わされる。システム最高出力は830PS。拡大
助手席側のダッシュボードには、速度やエンジン回転数が表示されるパッセンジャーディスプレイも組み込まれる。
助手席側のダッシュボードには、速度やエンジン回転数が表示されるパッセンジャーディスプレイも組み込まれる。拡大
発表イベントで「296GTS」を紹介した、フェラーリ・ジャパン代表取締役社長のフェデリコ・パストレッリ氏。
発表イベントで「296GTS」を紹介した、フェラーリ・ジャパン代表取締役社長のフェデリコ・パストレッリ氏。拡大

今回の発表は、4年ぶりの開催となったフェラーリのオーナーイベント「フェラーリ・レーシング・デイズ」の会場で行われた。

フェラーリ296GTSは、プラグインハイブリッドのミドシップスポーツカー「296GTB」をベースとした、オープントップモデルだ。ルーフには軽量なリトラクタブルハードトップを採用し、オープン/クローズが各14秒で完了する電動格納機構が組み込まれている。45km/h以下の車速であれば、走行中でもトップの開閉操作が可能だ。

パワーユニットは296GTBと共通。最高出力663PSの3リッターV6ツインターボエンジンに、同167PSの電動モーターと8段DCTが組み合わされ、システムトータルでの最高出力は830PS、最大トルクは740N・mを誇る。

外部充電が可能な容量7.45kWhの高電圧バッテリーを搭載し、135km/h以下の車速において最大で25kmのEV走行が行えるのも同モデルの特徴だ。また、サーキットでの走りを重視するオーナー向けに、フェラーリが究極のハイパフォーマンス仕様と紹介する「Assetto Fiorano(アセットフィオラノ)パッケージ」も用意されている。

オープンモデル化にともなう重量増は70kgに抑えられており、車両重量は1540kg(乾燥重量)となる。パフォーマンスについては、最高速が330km/h、0-100km/h加速が2.9秒、0-200km/h加速が7.6秒と発表されている。フェラーリのテストコース「フィオラノ」でのラップタイムは1分21秒80(296GTBは1分21秒)となる。

フェラーリ・ジャパンのフェデリコ・パストレッリ代表取締役社長は296GTSの導入にあたり、「フェラーリはV8ベースの『SF90ストラダーレ』と『SF90スパイダー』、V6ベースの296GTB、そして今回の296GTSと、4台のハイブリッドカーをラインナップするに至りました。日本ではこの数年で顧客基盤が大きく成長。若返りを果たしています。今後もフェラーリの体験をより豊かにするための活動を展開し、フェラーリとお客さまの関係を強化していきます」と抱負を述べた。

(webCG)

関連キーワード:
296GTS, フェラーリ, 自動車ニュース