クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

DS 3クロスバック オペラBlueHDi(FF/8AT)

ラグジュアリーメゾンのかほり 2022.07.13 試乗記 今尾 直樹 デザインとディテールにこだわった「DS 3クロスバック」に、ディーゼルエンジン搭載モデル「オペラBlueHDi」が登場。優れた燃費と強力なトルクが自慢のパワーユニットによって、小さな高級車をうたうその走りはどう変わった?

伝統的で新しいインテリア

シェーッ! DS 3クロスバックにディーゼルが追加されたざんす。発売は2022年5月25日。近ごろ、燃料価格がシェーッ! と上がって家計が苦しいざんす。生活がキビシーッ。燃費がいいディーゼルはウレシーッ。売ってちょ〜だい。電話ちょ〜だい。と続けているうちに財津一郎になってしまいました。シェーッ!

さて、搭載されるディーゼルエンジンは、プジョーの「308」や「2008」、姉妹モデルである「DS 4」などでおなじみのDV5である。2018年に発表されたPSA(当時)キモいりのこれは、従来の1560cc直列4気筒ディーゼルターボのDV6をベースに、ストロークを縮めて排気量を1498ccに縮小。ヘッドをSOHC 2バルブからDOHC 4バルブに改め、最高出力を119PS/3500rpmから130PS/3750rpmに高める一方、 300N・m /1750rpmという最大トルクの数値は維持しつつ、中低速トルクの厚みを増やした傑作(といってよいと筆者は思う)である。

従来3つに分かれていた、アドブルーを含む排ガスの浄化システムを垂直に並べて統合することでヨーロッパの厳しい規制をクリア。ピストンの形状は、2009年にルマン24時間レースを制した「プジョー908 HDi FAP」のそれをベースにしている……など見どころもたっぷり。

次いで、DS 3クロスバックについて復習しておきますと、2019年6月に日本に上陸したPSAの、ヨーロッパでいうところのBセグメントに属するコンパクトSUVで、その最大の特徴は従来の自動車の文脈にはないちょっと風変わりなデザインにある。エクステリアが、2009年に発表された当時は「シトロエンDS3」と名乗っていた2ドアハッチバックの系譜に連なっていることは疑いない。シャークフィン形状のBピラーとか、ですね。

けれど、ボディー形状は4ドア+ハッチバックのみで、18インチという大径のホイールを採用。SUV、すなわち本来はアウトドア向きとされるタイプなのに内装はアールデコ調にきらびやか。あえて申し上げれば、1930年代に活躍したソーチックだとかフィゴーニ・エ・ファラッシ、あるいはアンリ・シャプロンといったフランスのカロシェ(コーチビルダー)たちのフラムボワイヤン様式……と、じつのところ、筆者もよく知らないのですけれど、そうした伝統をくむ、もしくはその現代的解釈、というようなことをいいたくなるムードを持っている。リモコンキーを持って近づくと、ポップアップ式のドアハンドルがゴトンと飛び出るギミックもステキだ。

2022年5月に導入された「DS 3クロスバック」のディーゼルエンジン搭載モデル。日本では豪華・快適装備を満載したトップグレード「オペラBlueHDi」のみの導入となる。車両本体価格は489万7000円。
2022年5月に導入された「DS 3クロスバック」のディーゼルエンジン搭載モデル。日本では豪華・快適装備を満載したトップグレード「オペラBlueHDi」のみの導入となる。車両本体価格は489万7000円。拡大
「DS 3クロスバック」の1.2リッター直3ガソリンターボエンジン車「PureTech」や電気自動車「E-TENSE」に次いで導入された、1.5リッター直4ディーゼル車「BlueHDi」。エンジンは1.6リッターの「DV6」をベースに、81%のパーツを改良した最新の「DV5」を搭載する。
「DS 3クロスバック」の1.2リッター直3ガソリンターボエンジン車「PureTech」や電気自動車「E-TENSE」に次いで導入された、1.5リッター直4ディーゼル車「BlueHDi」。エンジンは1.6リッターの「DV6」をベースに、81%のパーツを改良した最新の「DV5」を搭載する。拡大
日本に導入される「DS 3クロスバック」の全グレードに、前走車や対向車の動きを解析し自動調光を行う「DSマトリクスLEDビジョン」が標準で装備されている。
日本に導入される「DS 3クロスバック」の全グレードに、前走車や対向車の動きを解析し自動調光を行う「DSマトリクスLEDビジョン」が標準で装備されている。拡大
エクステリアと同じく、個性的なデザインのインテリア。トップグレードの「オペラBlueHDi」では、ダッシュボードやシート、ドアトリムなどが上質なナッパレザーで仕立てられている。
エクステリアと同じく、個性的なデザインのインテリア。トップグレードの「オペラBlueHDi」では、ダッシュボードやシート、ドアトリムなどが上質なナッパレザーで仕立てられている。拡大
キーを持った人物が車両から3m以内の距離に近づくと検知、1.5m以内に近づくと自動解錠される格納式の「リトラクタブルドアハンドル」を採用。解錠状態で3分間放置された場合や、キーが車両から2m以上離れた際には自動で施錠する。
キーを持った人物が車両から3m以内の距離に近づくと検知、1.5m以内に近づくと自動解錠される格納式の「リトラクタブルドアハンドル」を採用。解錠状態で3分間放置された場合や、キーが車両から2m以上離れた際には自動で施錠する。拡大
DS DS 3クロスバック の中古車

フランスの才気が随所に

DSオートモビルズはPSAの高級ブランドとして、2014年にシトロエンから独立。ブランドの源泉を1955年の「シトロエンDS」と位置づけ、アヴァンギャルドの精神でもって、「フランスのブランドだけがなしえるラグジュアリーをキーワードに、フランスの自動車文化の復活を目指す」と鼻息が荒い。という表現はエレガントではないですね。こころざしが高い。

“サヴォアフェール”というフランスのファッション界で使われていることばがブランドを語るのに用いられていて、DSオートモビルズではこれを「匠(たくみ)の技」と翻訳している。DS 3クロスバックも「匠の技」、すなわちフランスの才気を随所に感じさせる。

とりわけ、ダッシュボードとセンターコンソールのスイッチ周辺の宝石箱のような装飾が目を引き、亀の甲羅みたいな複雑なつくりのシート表皮に最上級のナッパレザーが用いられているのも特徴的だ。シェーッ! とオシャレざんす。高級レザーの使用は、ディーゼルエンジンがオペラというDS 3クロスバックの最上級グレードに設定されたから、ということもある。

プラットフォームは旧PSA系で最新世代にあたるCMP(コモン・モデュラー・プラットフォーム)を採用。CMPは伸縮自在、電動化にも対応しており、DS 3クロスバックにも「E-TENSE」なる100%BEVがある。興味深いのは、同じくCMPの「プジョー208」や2008と近しい関係にあるはずなのに、ホイールベースは208が2540mm、2008は2610mm、DS 3クロスバックは2560mmとそれぞれ異なっていることだ。これこそ、CMPの伸縮自在ぶりと同時に、PSAがキャラクターに合わせて丁寧なクルマづくりをしていることの証左ではあるまいか。

クル・ド・パリと呼ばれる小さなピラミッドがいっぱい並んでいるような文様に囲まれた、ダッシュボードの中央のちょっと下にあるエンジンの始動スイッチを押す。ちょっとわかりにくいところがまたシブい。

「DS 3クロスバック」は、旧PSA系の最新世代にあたるプラットフォーム、CMP(コモン・モデュラー・プラットフォーム)の記念すべき初採用モデル。CMPは、ユーロNCAP2018の要件も満たしている。
「DS 3クロスバック」は、旧PSA系の最新世代にあたるプラットフォーム、CMP(コモン・モデュラー・プラットフォーム)の記念すべき初採用モデル。CMPは、ユーロNCAP2018の要件も満たしている。拡大
グレードは最上級仕様「オペラ」のみの設定で、ディーゼル車にもガソリン車のオペラと同等の装備を採用。ダッシュボードやドアインナートリムの上部には、真珠のネックレスを模した「パールトップステッチ」が施されている。
グレードは最上級仕様「オペラ」のみの設定で、ディーゼル車にもガソリン車のオペラと同等の装備を採用。ダッシュボードやドアインナートリムの上部には、真珠のネックレスを模した「パールトップステッチ」が施されている。拡大
2種類の異なる密度のフォームを部位ごとに使い分け、包み込まれるような心地よさとサポート性を両立させたという「DS 3クロスバック」のシート。後席の背もたれには、60:40の分割可倒機構が備わる。
2種類の異なる密度のフォームを部位ごとに使い分け、包み込まれるような心地よさとサポート性を両立させたという「DS 3クロスバック」のシート。後席の背もたれには、60:40の分割可倒機構が備わる。拡大
シフトセレクターのまわりにパワーウィンドウやドアロックのスイッチをレイアウト。ワイヤレス充電規格Qiに適合したスマートフォン充電装置が、シフトセレクター前方に配置されている。
シフトセレクターのまわりにパワーウィンドウやドアロックのスイッチをレイアウト。ワイヤレス充電規格Qiに適合したスマートフォン充電装置が、シフトセレクター前方に配置されている。拡大
ボディーカラーは「ブランバンキーズ」「グリアルタンス」「ブルーミレニアム」「ルージュルビ」「ブランパールナクレ」「クリスタルパール」の全6色が設定される。今回の試乗車両は、ボディーがクリスタルパールでルーフトップが「ノアールベルラネラ」となるバイトーンカラーが選択されていた。
ボディーカラーは「ブランバンキーズ」「グリアルタンス」「ブルーミレニアム」「ルージュルビ」「ブランパールナクレ」「クリスタルパール」の全6色が設定される。今回の試乗車両は、ボディーがクリスタルパールでルーフトップが「ノアールベルラネラ」となるバイトーンカラーが選択されていた。拡大

都市型で泥んことは無縁

一瞬、ディーゼルらしいサウンドを発した後、DS 3クロスバックは静かにアイドリングを始める。アイドリング自体、室内にいる限り静かである。走り始めると、DV5エンジンはディーゼルであることをほとんど乗員に悟らせない。

1.5リッターのディーゼルターボエンジンが、まるでガソリンエンジンのように静かでなめらかに回ることに加え、わずか1750rpmで300N・mという最大トルクを発生するからだ。1750rpmなんて、軽くアクセレレーターを開けただけですぐさま到達する。300N・mといってもいまやもうだれも驚かないけれど、ガソリン自然吸気エンジンだったら3リッターに匹敵する大トルクである。それを全長4mちょっとの小型車に積んでいる。車重は1330kgと、1.2リッター3気筒のガソリン版に比べて50kg重い。それでも、この圧倒的低速トルクゆえ、力強い加速を披露するのだ。

このボディーにして18インチのホイールを装着しているため、路面の悪いところを低速で走るとバネ下に重いものをぶら下げている感があることは否めない。それでも、18インチだからこそ、DS 3は曲がりなりにもSUVを主張するにふさわしい180mmの最低地上高が得られているわけで、もしもこれでせいぜい16インチ程度のBセグメントハッチバック並みのホイールだったら、DS 3クロスバックは「DS 3ハッチバック」になってしまう……かもしれない。18インチはDS 3クロスバックの生命線だ。

ま、多くのFWDベースのコンパクトSUVはそういうものではあるけれど、であるにしてもDS 3クロスバックはいかにも都市型で、泥んことは無縁のように筆者には思える。

タイヤが乗り心地面でも定評のある「ミシュラン・プライマシー4」で、215/55とさほどの偏平でもないサイズ。ということもあり、18インチを問題提起したのは私だが、路面のよい都内ではほとんど乗り心地に不満を抱かなかったこともまた事実である。してみると、結局、筆者はなにがいいたかったのか? DS 3クロスバックの18インチはちゃんと成立している。ということである。

ひし形を5つ組み合わせたインストゥルメントパネルデザインは、「DS 3クロスバック」でのみ採用されるもの。その下に、クル・ド・パリ(ギョーシェ彫り)のエンジンスタータースイッチも配置されている。
ひし形を5つ組み合わせたインストゥルメントパネルデザインは、「DS 3クロスバック」でのみ採用されるもの。その下に、クル・ド・パリ(ギョーシェ彫り)のエンジンスタータースイッチも配置されている。拡大
最高出力130PS、最大トルク300N・mの1.5リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載する「オペラBlueHDi」。8段ATとの組み合わせで、前輪を駆動する。
最高出力130PS、最大トルク300N・mの1.5リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載する「オペラBlueHDi」。8段ATとの組み合わせで、前輪を駆動する。拡大
1920年代のアールデコ様式を現代的に解釈したという特徴的なメーターのデザイン。ADASの作動状況や速度などを表示するヘッドアップディスプレイも標準装備されている。
1920年代のアールデコ様式を現代的に解釈したという特徴的なメーターのデザイン。ADASの作動状況や速度などを表示するヘッドアップディスプレイも標準装備されている。拡大
「オペラBlueHDi」に装備される18インチの「サンパウロ」アルミホイール。試乗車は、これに215/55R18サイズの「ミシュラン・プライマシー4」タイヤを組み合わせていた。
「オペラBlueHDi」に装備される18インチの「サンパウロ」アルミホイール。試乗車は、これに215/55R18サイズの「ミシュラン・プライマシー4」タイヤを組み合わせていた。拡大
「DS 3クロスバック」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4120×1790×1550mmで、ホイールベースは2560mm。同じプラットフォームを用いる「プジョー2008」とは全幅と全高が同じで、全長が185mm短い設定だ。
「DS 3クロスバック」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4120×1790×1550mmで、ホイールベースは2560mm。同じプラットフォームを用いる「プジョー2008」とは全幅と全高が同じで、全長が185mm短い設定だ。拡大

当代随一のオシャレな小型高級車

100km/h巡航時のエンジン回転は8段ATのトップで1800rpm程度。このとき、エンジンはその気配を隠し、もちろん路面にもよるけれど、内房の圏央道で耳にしたのは控えめな風切り音のみ。

ガバチョとアクセレレーターを踏み込むと、ディーゼルエンジンは2000rpm以上でうなり声を高めるものの、回すほどにパワーが頭打ち感なく流れ出てくる。ディーゼルであることを忘れる。フロントヘビーということもあって高速直進性はすこぶる高い。コーナーでは軽くて穏やかなロールを見せるから、その足まわりは最初こそ硬めに感じるけれど、じつはしなやかなストローク感を備えている。

「スポーツ」「ノーマル」「エコ」とあるドライブモードのノーマルを選んでいる限り、ステアリングもペダルも比較的軽めで、デザインだけでなくマダム向きに仕立ててあることが想像される。

SUVらしく、「サンド」「マッド」「スノー」の3種類の走行モードがグリップコントロールと称して設定されているものの、駆動方式はFWDのみだし、あくまでさほど積雪のない都市住民のための小型車だと考えるべきだろう。

EVだと、いっそう静かでスムーズで、このエレガントなデザインにピッタリ。でもディーゼルにはEVにはない長い足がある。

正直いえば、シェーッ! とイヤミの筆者には縁遠い類いのオシャレな高級車である。それはシャネルやディオール、イヴ・サンローランやカルティエが筆者とは縁遠いのと同じことで、DSはなるほどフランス文化の厚みを教えているのである。

(文=今尾直樹/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

シャークフィン形状のBピラーは、コンパクトハッチバック「DS3」譲りとなる特徴的なデザイン。サイドパネルに中央が下がったプレスラインを入れることで、前後のフェンダーが強調されている。
シャークフィン形状のBピラーは、コンパクトハッチバック「DS3」譲りとなる特徴的なデザイン。サイドパネルに中央が下がったプレスラインを入れることで、前後のフェンダーが強調されている。拡大
アールデコ様式をモチーフとした表示デザインを採用する7インチサイズのタッチ式ディスプレイ。Apple CarPlayやAndroid Autoにも対応している。
アールデコ様式をモチーフとした表示デザインを採用する7インチサイズのタッチ式ディスプレイ。Apple CarPlayやAndroid Autoにも対応している。拡大
陰影が描かれたアートフィニッシュダッシュボードや、パールトップステッチが目を引く「オペラBlueHDi」のインテリア。エアコン吹き出し口がドアパネル側に設けられているのも特徴だ。
陰影が描かれたアートフィニッシュダッシュボードや、パールトップステッチが目を引く「オペラBlueHDi」のインテリア。エアコン吹き出し口がドアパネル側に設けられているのも特徴だ。拡大
ラゲッジスペースの容量は350リッター。後席の背もたれを前方に倒すとフロアに段差はできるが、容量を1050リッターまで拡大できる。
ラゲッジスペースの容量は350リッター。後席の背もたれを前方に倒すとフロアに段差はできるが、容量を1050リッターまで拡大できる。拡大
サスペンションはフロントがマクファーソンストラット式で、リアがトーションビーム式。路面状況に応じて「サンド」「マッド」「スノー」に走行モードを切り替えられる「グリップコントロール」も備わっている。
サスペンションはフロントがマクファーソンストラット式で、リアがトーションビーム式。路面状況に応じて「サンド」「マッド」「スノー」に走行モードを切り替えられる「グリップコントロール」も備わっている。拡大

テスト車のデータ

DS 3クロスバック オペラBlueHDi

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4120×1790×1550mm
ホイールベース:2560mm
車重:1330kg
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:130PS(96kW)/3750rpm
最大トルク:300N・m(30.6kgf・m)/1750rpm
タイヤ:(前)215/55R18 97V/(後)215/55R18 97V(ミシュラン・プライマシー4)
燃費:21.0km/リッター(WLTCモード)
価格:489万7000円/テスト車=524万3480円
オプション装備:パールペイント<クリスタルパール>(6万0500円)/バイトーンルーフ<ノアールペルラネラ>(2万5500円)/ナビゲーション(24万9810円) ※以下、販売店オプション ETCユニット(1万0670円)

テスト車の年式:2022年型
テスト開始時の走行距離:1332km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(6)/山岳路(1)
テスト距離:294.0km
使用燃料:--リッター(軽油)
参考燃費:--km/リッター(満タン法)/16.3km/リッター(車載燃費計計測値)

DS 3クロスバック オペラBlueHDi
DS 3クロスバック オペラBlueHDi拡大
 
DS 3クロスバック オペラBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】の画像拡大
今尾 直樹

今尾 直樹

1960年岐阜県生まれ。1983年秋、就職活動中にCG誌で、「新雑誌創刊につき編集部員募集」を知り、郵送では間に合わなかったため、締め切り日に水道橋にあった二玄社まで履歴書を持参する。筆記試験の会場は忘れたけれど、監督官のひとりが下野康史さんで、もうひとりの見知らぬひとが鈴木正文さんだった。合格通知が届いたのは11月23日勤労感謝の日。あれからはや幾年。少年老い易く学成り難し。つづく。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

DS DS 3クロスバック の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。