クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

国産スポーツモデルが続々登場! “走りのクルマ”との付き合い方を考える

2022.07.25 デイリーコラム

激アツのマニア車が豊作だが……

先日、「シビックe:HEV」に試乗して大変感銘を受けました。こりゃあメチャメチャ走りが楽しい! そのうえ燃費もかなりいい! おっさんカーマニアのラストワンにちょうどいい!

シビックには「タイプR」も登場している。そりゃあタイプRの走りはすごいだろう。でも私ならe:HEVを選ぶ。だって普段の足はATが圧倒的にイイから! ATがつまんないなんてこと、絶対ないよね! よくできたAT車は運転も楽しいしラクチンだし、言うことナス!

……てなことを言えるのは、私がMTのフェラーリ(328GTS)を持っているからです。乗るのは年に8回くらいですが、それくらい乗れば十分。そっちに関しても、免許を取って以来ほぼずっとMT車を所有していて、イヤってほど堪能したからなんだけど。

最近、MTのスポーツモデルが猛烈にアツいことになってます。シビック タイプRだけじゃなく、「フェアレディZ」とか「スープラ」とか「GRMNヤリス」とか。少し前まで、一部のカーマニアだけが喜んでいたような超マニアックなスポーツモデルが、今は出るたびに大きなニュースになって、注文が殺到、長い長い納車待ちになりますね。

考えてみれば不思議ですが、カーマニア的には大変うれしく、おめでたいことです。

ただ正直自分には、どういう方々がお買いになるのか、はっきりとは見えません。どこにそんなにマニアが隠れてたんだ?

2022年7月21日に世界初公開された、新型「ホンダ・シビック タイプR」。「ハイパワーエンジンに対応した究極のFFスポーツシャシー」を開発するなどして「FF車世界最高のパフォーマンスを目指した」とうたわれる。
2022年7月21日に世界初公開された、新型「ホンダ・シビック タイプR」。「ハイパワーエンジンに対応した究極のFFスポーツシャシー」を開発するなどして「FF車世界最高のパフォーマンスを目指した」とうたわれる。拡大
ブラックとレッドのコントラストが鮮やかな、新型「シビック タイプR」のインテリア。MTについては、操作性・シフトフィールともにこだわり抜いたとアピールされる。
ブラックとレッドのコントラストが鮮やかな、新型「シビック タイプR」のインテリア。MTについては、操作性・シフトフィールともにこだわり抜いたとアピールされる。拡大
2022年の夏には、トヨタから高性能ハッチバック「GRMNヤリス」も発売される。500台限定の販売台数に対して、およそ1万件もの購入希望があったという。
2022年の夏には、トヨタから高性能ハッチバック「GRMNヤリス」も発売される。500台限定の販売台数に対して、およそ1万件もの購入希望があったという。拡大
アツいスポーツモデルといえば、新型「フェアレディZ」もなにかと話題の一台だ。ただ、半導体不足やコロナ禍の影響で納期に遅れが出ており、2022年7月末で受注を一時停止する事態になっている。
アツいスポーツモデルといえば、新型「フェアレディZ」もなにかと話題の一台だ。ただ、半導体不足やコロナ禍の影響で納期に遅れが出ており、2022年7月末で受注を一時停止する事態になっている。拡大
ホンダ シビック の中古車

使い切らなくてもいいじゃない!?

現在のスポーツモデルはとてもとても速くて、公道でそのパフォーマンスをフルに引き出すのはムリ。モラルの観点からも、“アツい走り”は、昔のようには楽しめません。最新のスポーツモデルを買う皆さんは、ホントのところ、何を求めているんだろう。

「たぶんあんまり乗らないけど、もともとスポーツモデルにあこがれていたし、値段が下がらないんだから買っておこう」という人が多いんだろうな、とは想像できます。特別なスポーツモデルは、ごくたまに乗って、あとは眺めているだけでも十分満足できるから。自分のフェラーリのように。

なかには、「これでサーキットを攻める!」という方もいるんでしょう。それこそ究極の模範解答ですが、数は多くはないでしょう。サーキットを走るとクルマが傷むし、MTモデルの場合、ヒール&トウができないと、サーキットをまともに走るのはムリ。果たして今、ヒール&トウができる人って、どれくらいいるんだろう。昔必死に練習したおっさんくらいではないか……という気がするのですが。あ、自動ブリッピング装置が付いてるモデルもあるのか。でも、それ使ってサーキットを走ろうって人は、1000人に一人くらいのような。

私のように、カーマニアとしてやりたいことはだいたいやったという中高年なら、最新のスポーツモデルを買って、たま~に乗って、あとは眺めて、気が済んだら高値で売るという方向性で、すべて丸くおさまると思います。でも、最新のスポーツモデルを買っているのは、おっさんカーマニアだけじゃない。若い層も結構いるらしい。若い人はどういう風に接するのかな。かつてのわれわれのように、「もっとうまくなりたい!」とか、「もっともっと速く走りたい!」っていう激しい欲望を抱いている人はあんまりいないように思えるし、公道じゃそもそもムリなんだから。

でもたぶん、それは余計なお世話なんでしょう。最新のスポーツモデルは、最新のロレックスみたいなもの、ってことでいいんだと思います。普通の時計よりちょっと面倒くさいけど、そこがいい。そのぶん本物感はケタ外れ! って感じで。

ロレックスの「水深300mの防水性能」を使い切ってる人なんていないでしょう。それでいいんですよね! 難しいことを考えるのはヤメにします! さあ、最新のスポーツモデルにアツく燃えろ~~~~~!!

(文=清水草一/写真=本田技研工業、トヨタ自動車、荒川正幸、webCG/編集=関 顕也)

新型「シビック タイプR」は、2022年4月に鈴鹿サーキットでFF車最速のラップタイム(2分23秒120)を記録した。こうした事実があれば、あとは眺めているだけでも幸せになれるというものだ。
新型「シビック タイプR」は、2022年4月に鈴鹿サーキットでFF車最速のラップタイム(2分23秒120)を記録した。こうした事実があれば、あとは眺めているだけでも幸せになれるというものだ。拡大
新型「シビック タイプR」に搭載される2リッター直4ターボエンジン。詳細なスペックは明らかになっていないものの、ホンダは「高応答小型ターボの進化により、高出力・高レスポンスをさらに磨き上げた」と説明している。
新型「シビック タイプR」に搭載される2リッター直4ターボエンジン。詳細なスペックは明らかになっていないものの、ホンダは「高応答小型ターボの進化により、高出力・高レスポンスをさらに磨き上げた」と説明している。拡大
ボディー剛性の強化と軽量化が徹底的に図られた「トヨタGRMNヤリス」。後席は撤去され、代わりに補強ブレースが組み込まれている。
ボディー剛性の強化と軽量化が徹底的に図られた「トヨタGRMNヤリス」。後席は撤去され、代わりに補強ブレースが組み込まれている。拡大
サーキット走行を意識して開発された「GRMNヤリス」の性能は、実際にサーキットのような特別な環境以外で使い切れるものではない。それでもその“本物感”は、クルマ好きに深い満足を与えてくれる。
サーキット走行を意識して開発された「GRMNヤリス」の性能は、実際にサーキットのような特別な環境以外で使い切れるものではない。それでもその“本物感”は、クルマ好きに深い満足を与えてくれる。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ホンダ シビック の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。