ボルボC40リチャージ ツイン(前編)

2022.08.04 あの多田哲哉の自動車放談 元トヨタのチーフエンジニア多田哲哉さんが今回試乗したのは、100%電気自動車(BEV)として開発されたボルボのクロスオーバーSUV「C40リチャージ ツイン」。プロが注目する、この北欧メーカーならではのクルマづくりとは?

衝撃的だった最初の出会い

C40リチャージ ツインは、ボルボが日本に初めて導入する市販BEVであり、同社初のBEV専用モデルでもある。

また、ボルボといえば、昔から“安全”を前面に押し出したクルマづくりをしてきた。2008年には「2020年までに、新しいボルボ車での交通事故による死亡者や重傷者をゼロにする」という壮大な目標をかかげて、先進安全技術を率先して導入した。C40リチャージ ツインを前に、多田さんはまず、ボルボの安全にまつわる思い出を語り始めた。

「今から約30年前に、仕事で初めて行ったヨーロッパは、スウェーデンでした。カチンカチンの雪道を走るテストで、最初に運転させられたのがレンタカーのボルボでした。当時の私は制御コンピューターのソフトウエアを書くのが仕事で、自分以外はほとんど全員が走りのプロの人たちです。で、隊長が全部のクルマに乗って『このなかで一番へたくそでも安心なのはボルボだ。お前はボルボに乗れ』と言われたんです。その時のテスト車はほぼすべてFFか4WDで、ボルボだけがFRでした」

「そんなことを言われて一瞬『なんで!?』と思ったのですが、走りだしてすぐに、隊長の言っている意味が分かりました。とにかく動きがゆったりしていて、FRだからリアはしょっちゅう滑るんだけど、滑り出しも分かりやすい。ドライの舗装路で乗ると『こんなにかったるいクルマもない』と思っていたんですが、雪道で素晴らしく安全で乗りやすいんだと驚きました。クルマというのは、やはり育った道で決まるものだと知りました」

それから時は流れて、多田さんはスポーツカーである「86」のチーフエンジニアとなる。

 
ボルボC40リチャージ ツイン(前編)の画像拡大
 
ボルボC40リチャージ ツイン(前編)の画像拡大
 
ボルボC40リチャージ ツイン(前編)の画像拡大
 
ボルボC40リチャージ ツイン(前編)の画像拡大
関連記事
  • ボルボC40リチャージ ツイン(4WD)【試乗記】 2022.6.13 試乗記 ボルボの電気自動車第1弾として日本上陸した「C40リチャージ」。初号機ゆえに記録に残るのはもちろんだが、そのドライブフィールは乗った人の記憶にもまた強く残ることだろう。独特なのはクーペ風のスタイリングだけではなかった。
  • ボルボC40リチャージ ツイン(前編) 2022.8.4 あの多田哲哉の自動車放談 元トヨタのチーフエンジニア多田哲哉さんが今回試乗したのは、100%電気自動車として開発されたボルボのクロスオーバーSUV「C40リチャージ ツイン」。プロが注目する、この北欧メーカーならではのクルマづくりとは?
  • ボルボC40リチャージ ツイン(後編) 2022.8.11 あの多田哲哉の自動車放談 ボルボを大いにリスペクトしている、エンジニアの多田哲哉さん。それでも初の量産型電気自動車「C40リチャージ ツイン」には、首をかしげたくなる点がいくつかあるようで……。一体、どんなところが気になるのだろうか?
  • ボルボC40リチャージ ツイン(4WD)【試乗記】 2022.3.25 試乗記 2030年の全ラインナップEV化を宣言したボルボにとって、ブランド初のEV専用モデル「C40リチャージ」は、その先鋒(せんぽう)たる重要な存在である。408PSの最高出力やフル充電で485kmの航続距離を誇る、北欧製EVの走りやいかに。
  • ボルボC40リチャージ ツイン(後編) 2022.7.17 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者であり元レーシングドライバーの池沢早人師が、ボルボの電動SUV「C40リチャージ ツイン」に試乗。これまで70台を優に超える愛車遍歴を持つ漫画界のレジェンドは、“デンキのボルボ”に何を感じたのか。
ホームへ戻る