特別なカムフラージュ柄をまとう「ランドローバー・ディフェンダー」 25台限定で発売

2022.08.07 自動車ニュース
ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8 トロフィーII
ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8 トロフィーII拡大

英ジャガー・ランドローバーは2022年7月28日、これまで成し遂げてきたオフロード走破と探検のヘリテージに敬意を表する記念モデル「ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8 トロフィーII」を25台限定で発売すると発表した。

 
特別なカムフラージュ柄をまとう「ランドローバー・ディフェンダー」 25台限定で発売の画像拡大
 
特別なカムフラージュ柄をまとう「ランドローバー・ディフェンダー」 25台限定で発売の画像拡大
 
特別なカムフラージュ柄をまとう「ランドローバー・ディフェンダー」 25台限定で発売の画像拡大
 
特別なカムフラージュ柄をまとう「ランドローバー・ディフェンダー」 25台限定で発売の画像拡大
 
特別なカムフラージュ柄をまとう「ランドローバー・ディフェンダー」 25台限定で発売の画像拡大

今回のディフェンダー ワークスV8 トロフィーIIは、2018年に登場した「ディフェンダー ワークスV8」と同様、2016年に生産終了した“クラシック・ディフェンダー”の復刻版となるモデル。

外観上は、「フジホワイト」と「ナルヴィクブラック」のツートンカラーを基調に、ユニークなカムフラージュ柄でドレスアップ。このカラーリングは、70年以上にわたってランドローバーが冒険してきた23の場所をモチーフとしており、歴代ランドローバー車のアイコニックなフォルムも描きこまれている。そのほか、サテンブラックのボンネットやランドローバートロフィーのヘリテージバッジも特徴的なディテールだ。

一方インテリアには、ツートンカラーのレカロ製ウィンザーレザースポーツシートやダッシュボード、トリムがあしらわれ、ランドローバー・クラシック・インフォテインメントシステム、カムフラージュ柄を反映したエリオットブラウン製クロックが備わる。    

パワートレインは最高出力405PS、最大トルク515N・mを発生する自然吸気の5リッターV8エンジンとZF製8段ATで構成。さらに、高性能ブレーキとハンドリングキットがおごられ、フロントAフレーム、フルワイドLEDライトバー、ロックスライダー、エクスペディションエクステリアロールケージ、リアリカバリーポイントといった装備により悪路走破性も高められている。

ボディータイプはショートボディーの「90」(限定10台)とロングボディーの「110」(同15台)をラインナップ。110の内訳は、ステーションワゴンが10台、ダブルキャブピックアップが5台となっている。

ディフェンダー ワークスV8 トロフィーIIの購入者はランドローバー・クラシックが独自に企画した3日間のトロフィー・コンペティション・イベントに招待されるというのもトピックだ。

また2022年後半には、所有するクラシック・ディフェンダーをディフェンダー ワークスV8 トロフィーIIのようにカスタマイズしたいユーザー向けに純正アクセサリーが販売される予定となっている。

ディフェンダー ワークスV8 トロフィーIIの価格は、90の英国国内価格で22万5000ポンド(邦貨にして約3665万円)から。

(webCG)

関連キーワード:
ディフェンダー, ランドローバー, 自動車ニュース