ホンダが「ZR-V」の予約受け付けを開始 スポーティーで上質な走りを追求した新型SUV

2022.09.08 自動車ニュース webCG 編集部
ホンダZR-V e:HEV Z
ホンダZR-V e:HEV Z拡大

本田技研工業は2022年9月8日、新型SUV「ZR-V」の先行予約受け付けを開始した。発売は2023年春を予定している。

 
ホンダが「ZR-V」の予約受け付けを開始 スポーティーで上質な走りを追求した新型SUVの画像拡大
 
ホンダが「ZR-V」の予約受け付けを開始 スポーティーで上質な走りを追求した新型SUVの画像拡大
 
ホンダが「ZR-V」の予約受け付けを開始 スポーティーで上質な走りを追求した新型SUVの画像拡大
 
ホンダが「ZR-V」の予約受け付けを開始 スポーティーで上質な走りを追求した新型SUVの画像拡大
ZR-V X
ZR-V X拡大

ZR-Vは、ホンダのSUVラインナップにおいて「ヴェゼル」と「CR-V」の間に位置する新モデルである。2022年4月に北米仕様が世界初公開され(北米では新型「HR-V」として販売される)、日本でも同年5月に情報の先行公開を開始。発売については、当初は2022年秋を予定していたが、昨今のサプライチェーンの混乱により、2023年春に延期となった。

開発コンセプトは「異彩解放」というもので、SUVのコア価値である高い実用性や信頼感に加え、「異彩を放つ存在感あるデザイン」と「爽快かつ軽快な走り」を追求。特にダイナミクス性能については、「シビック」とCR-Vの特徴を併せ持ったプラットフォームの採用により、ひとクラス上の車格感と意のままに操れる楽しさを実現したという。

パワーユニットは2種類で、2リッター直4直噴エンジンに2基のモーターを組み合わせたハイブリッドシステム「e:HEV」と、1.5リッター直4直噴ガソリンターボエンジンを設定。いずれも現行型シビックゆずりのユニットだが、より重い車重や大径のタイヤに合わせてファイナルのギア比を変更し、また北海道・鷹栖のテストコースを走り込んでセッティングを煮詰めるなどの改良を加えている。駆動方式にはいずれもFFと4WDを用意しており、特に後者では、後輪へのトルク配分を高めることでスポーティーかつ安心・安全な走りを追求。同時に既存のモデルより雪上性能も高めたと説明されている。

一方、シャシーでは車高の高さを感じさせないコーナリング時のロールの小ささや、路面のギャップを確実に吸収するサスペンションのダンピング特性、ステアリング操作に遅れなく反応する操舵応答性を重視。剛性の高さに加えてしなやかさも考慮したというボディー構造や、優れたエアロダイナミクス性能とも相まって、高い静粛性や快適な乗り心地も実現しているという。

(文=webCG/写真=本田技研工業)

関連キーワード:
ZR-V, ホンダ, 自動車ニュース