DS 4(前編)

2022.09.18 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「DS 4」に試乗。以前から同車のことが「気になっていた」という山野は、まずは前衛的なつくりの内外装をチェック。その事細かさが、どこか消費者目線だったのは気のせいだろうか。

どこかショーカーのようなたたずまい

試乗から戻ってきた山野哲也がステアリングホイールを握ったまま、「これは絶妙なサイズですね」と第一印象を語る。

「車両感覚をつかみやすいので、街なかでも運転がラクなんじゃないでしょうか」

今回俎上(そじょう)に載せられたのは、シトロエンの上級ブランドたるDSからリリースされたDS 4。流麗なクーペ調のボディースタイルを採るCセグメントのクロスオーバーモデルである。2022年1月に開催された「第37回国際自動車フェスティバル」において「Most Beautiful Car of The Year」を獲得したことがジマンの、おしゃれモデルだ。

そんな予備知識から、つい「実用性を少々犠牲にしてでもデザインを優先したクルマなのでは?」という先入観を持っていたので、山野のコメントはちょっと意外だった。

山野:DS 4には「超スポーツ」……というか、どこかショーカーのような趣があります。

webCG:カテゴリー的には、アーバンSUV的な、いわゆるクロスオーバーです。

 
DS 4(前編)の画像拡大
 
DS 4(前編)の画像拡大
 
DS 4(前編)の画像拡大
 
DS 4(前編)の画像拡大
関連記事
  • プジョー308SW GTハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】 2022.11.26 試乗記 方々で好評な新型「プジョー308」ではあるものの、バカンスの国のニューモデルなら、やはりステーションワゴンに乗らなければ始まらない。プラグインハイブリッドパワートレインを積んだ最上級モデル「308SW GTハイブリッド」を試す。
  • DS 4リヴォリBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2022.6.21 試乗記 世界で最も美しいクルマに選出されたDSオートモビルの新型「DS 4」。Cセグメントのベンチマークといわれる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の最新型に乗る筆者が、DS 4のディーゼル車に試乗し、肌で感じた両モデルの違いを報告する。
  • ホンダが新型「アコード」を発表 新世代のミッドサイズセダンを目指す 2022.11.11 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2022年11月10日(現地時間)、2023年の年初に発売予定の新型「アコード」を発表した。最新のコネクティビティーなどを採用し、新世代のミッドサイズセダンとして開発されている。
  • ステランティス ジャパンがDSオートモビルの各車種を値上げ 2022.9.29 自動車ニュース ステランティス ジャパンが、DSオートモビルの各車種の価格改定を実施。原材料費や輸送費の上昇に伴う、事業環境の変化に対応するためと説明しており、2022年10月1日出荷分から新価格を適用するとしている。
  • 触れて実感 走って納得! BRIDGESTONE BLIZZAK VRX3の真価と実力 2022.10.24 2022-2023 Winter webCGタイヤセレクション<AD> SUV向けサイズも追加されたブリヂストンのスタッドレスタイヤ「ブリザックVRX3」を、なんと都市部のドライ路でインプレッション! 本領以外でも質の高い走りを示すVRX3からは、どんなシーンにも柔軟に対応する、これからのスタッドレスのあるべき姿が感じられた。
ホームへ戻る