クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第241回:「ボクスター」で黄金の老後を目指せ!

2022.09.19 カーマニア人間国宝への道

実はボクスターが狙い目?

私は常に、おっさんの理想的なカーライフを模索している。その結果が現在の「フェラーリ328GTS」「プジョー508 GT BlueHDi」「ダイハツ・タントスローパー」という3台のラインナップだが、正解は無限にある。私は、無限の正解を模索する求道者なのである。

無限の正解のなかに、ふと「ポルシェ・ボクスター」が浮かんだ。「911」の購入が超絶困難となった今、ポルシェのスポーツカーを買うなら、ボクスターか「ケイマン」以外にないんじゃないか。結論として、「約300万円で買える2代目ボクスターを狙え!」ということになった。

ボクスターというクルマは、大量生産……まではいかないにせよ、中量生産くらいを目指してつくられていて、古いほうが味わいがあるわけではない。かつ、操る楽しみを目的としているので、速ければエライわけでもない。初代は完成度的にも経年劣化的にも避けたい気がするが、2代目ならもうパーフェクト。極論すれば、2代目以降は同じようなものじゃないか? なら一番お安い2代目がオススメ! という結論に至ったわけだが、そんなとき、タイミングよく担当サクライ君よりメールが入った。

「近いうちに『718ボクスターT』にお乗りになりますか」

Tとはツーリングの略で、質実剛健なグレードであるという。

「乗る乗る~!」

常におっさんの理想的なカーライフを模索している私。中秋の名月が空に浮かぶこの夜は、首都高に「ポルシェ718ボクスターT」で出撃し、カーマニアが選ぶに値する胸アツ物件かどうかを確かめることにした。
常におっさんの理想的なカーライフを模索している私。中秋の名月が空に浮かぶこの夜は、首都高に「ポルシェ718ボクスターT」で出撃し、カーマニアが選ぶに値する胸アツ物件かどうかを確かめることにした。拡大
2020年6月に日本導入が発表された「718ボクスターT」。1968年に登場した「911T」のコンセプトを受け継ぎ、エモーショナルなポルシェの走行体験を提供するという。今回試乗したのは、鮮やかな「レーシングイエロー」の外装色をまとった6段MT仕様であった。
2020年6月に日本導入が発表された「718ボクスターT」。1968年に登場した「911T」のコンセプトを受け継ぎ、エモーショナルなポルシェの走行体験を提供するという。今回試乗したのは、鮮やかな「レーシングイエロー」の外装色をまとった6段MT仕様であった。拡大
「718ボクスターT」は最高出力300PS、最大トルク380N・mを発生する2リッター水平対向4気筒ターボエンジンをリアミドに搭載。車名の「T」はツーリングを意味している。
「718ボクスターT」は最高出力300PS、最大トルク380N・mを発生する2リッター水平対向4気筒ターボエンジンをリアミドに搭載。車名の「T」はツーリングを意味している。拡大
ポルシェ 718ボクスター の中古車

おとなしくなったエンジンサウンド

いつものように午後8時、サクライ君がブツを転がしてやってきた。

黄色いボクスターTは、あらためて見ると実に小さい。全長×全幅×全高は4379×1801×1276mm(欧州仕様車値)。わがフェラーリ328GTSは4285×1730×1128mm。ほんのひとまわり大きいにすぎない。先日乗せてもらった「アルピーヌA110 S」ともども、おっさんが胸キュンな小柄な美少女である。人間の美少女にはもはや何の関心もなく熟女一本だが、クルマはいくつになっても美少女が好き。しかも試乗車は6段MT。涙が出る。

思えばボクスターに乗るのは6年ぶりか。4気筒化の直後に試乗して以来だが、お元気だっただろうか。

うおおおお! ボクスターってこんなだったっけ!?

まず、極低速トルクがヤケに細い。信号の変わり際、ノロノロ状態から2速でつないだら、エンストをぶっこいた。328なら3速でもイケるのに! 328はエンジンが冷えてるときは2速を使わないので、こういうときも3速常用でラクラク加速するトルクがある。つまり328は旦那仕様だけど、ボクスターはとんがってる!

一方、回したときのサウンドは、ずいぶんスムーズかつおとなしくなった印象だ。6年前は、初代「インプレッサWRX」みたいな4気筒ボクサーサウンドにシビレたが、あの音、不評だったのだろうか?

たぶんそうだろう。世界中のカスタマーから「インプレッサみたいだ」とクレームが入ったのだろう。仕方なくポルシェは、一瞬4発だか6発だかわからない音に修正したのだろう。まったくもってすべて臆測です。

「ボクスター」に乗るのは実に6年ぶり。T=ツーリングを名乗るだけに最新の「718ボクスターT」は乗り心地もカイテキで、おっさんの腰にも優しい。ただし極低速トルクがヤケに細いので、運転には少々コツがいる。
「ボクスター」に乗るのは実に6年ぶり。T=ツーリングを名乗るだけに最新の「718ボクスターT」は乗り心地もカイテキで、おっさんの腰にも優しい。ただし極低速トルクがヤケに細いので、運転には少々コツがいる。拡大
いつもの首都高辰巳PAで休憩中、キメポーズの撮影シーンを担当サクライ君に撮影される。まぁ、毎回こんな感じで楽しく夜の首都高に出撃している。
いつもの首都高辰巳PAで休憩中、キメポーズの撮影シーンを担当サクライ君に撮影される。まぁ、毎回こんな感じで楽しく夜の首都高に出撃している。拡大
「718ボクスターT」のコックピット。グロスブラック仕上げのインストゥルメントパネルや「Boxster T」のロゴが入ったメーター、360mm径のモードスイッチ付き「GTスポーツステアリングホイール」などが標準で装備されている。
「718ボクスターT」のコックピット。グロスブラック仕上げのインストゥルメントパネルや「Boxster T」のロゴが入ったメーター、360mm径のモードスイッチ付き「GTスポーツステアリングホイール」などが標準で装備されている。拡大
シート後方にウインドディフレクターが装備される。ネットが張られたオーソドックスな手動固定式のアイテムだが、走行中はキャビンへの風の巻き込みを最小限に抑えてくれる。
シート後方にウインドディフレクターが装備される。ネットが張られたオーソドックスな手動固定式のアイテムだが、走行中はキャビンへの風の巻き込みを最小限に抑えてくれる。拡大

おっさんにもやさしいポルシェ

さらに驚くべきは、ターボラグのデカさだった。首都高に乗り入れ、2000rpmからアクセルを床まで踏みつけたところ、ほとんど加速しない! 3000rpm近くでようやくブーストがかかり始めた! ボクスターのエンジンってこんなとんがってたのか……。その割には、トップエンドでのパワーの伸びもそんなでもないので安心安全ナリ。

わかった! これは全部わざとやってるんだ! じゃないと運転がツマンナイから!

先日乗ったアルピーヌA110 Sは、どこからでもトルクが出ててつまんなかった。しかしボクスターTは、3000rpm以下だとタービンがまともに回らない! つまり、「ちゃんと加速したけりゃシフトダウンしろよ」ということなのだ、たぶん。かといって、ブチ回しても目がついていかないほどの超絶加速はしない。なんという親心だろう!

T=ツーリング仕様だけに乗り心地はカイテキで、おっさんの腰にも優しい。6段MTもある。エンストも簡単にできる。おっさんカーマニアが求める要素がすべてそろっている!

オレ:サクライ君、718ボクスターT、スバラシイね!
サクライ:スバラシイです。
オレ:これでおいくら万円?
サクライ:オプション込みで1000万円ちょっとです。

911で6段MTを買おうとしたら「GT3」しかない。それに比べるとウルトラ安い! この1000万円ちょいの718ボクスターTで、月に一度、夜の首都高をオープンで流せば、カーマニアとして黄金の老後ではないか!?

でもまあ、2代目ボクスターでもいいんじゃないかと思いました。300万円だし。

(文=清水草一/写真=清水草一、webCG/編集=櫻井健一)

首都高辰巳PAで、2シーターオープンの仲間である「ホンダS2000」を発見。この日はほかに車高を落とした「フォルクスワーゲン・ゴルフ」や「BMW M3」といったドイツ車軍団、R32型「スカイラインGT-R」などマニアの姿があった。夜の辰巳はいつもアツい。
首都高辰巳PAで、2シーターオープンの仲間である「ホンダS2000」を発見。この日はほかに車高を落とした「フォルクスワーゲン・ゴルフ」や「BMW M3」といったドイツ車軍団、R32型「スカイラインGT-R」などマニアの姿があった。夜の辰巳はいつもアツい。拡大
軽量化を目的としたドアオープナーストラップが採用される「718ボクスターT」。ボディーカラーとカラーコーディネートされているのはとてもおしゃれです。
軽量化を目的としたドアオープナーストラップが採用される「718ボクスターT」。ボディーカラーとカラーコーディネートされているのはとてもおしゃれです。拡大
自宅ガレージのスッポン丸こと「フェラーリ328GTS」と「718ボクスターT」の2ショット。718ボクスターTの全長×全幅×全高は4379×1801×1276mmで、328GTSよりもほんのひとまわり大きいにすぎない。
自宅ガレージのスッポン丸こと「フェラーリ328GTS」と「718ボクスターT」の2ショット。718ボクスターTの全長×全幅×全高は4379×1801×1276mmで、328GTSよりもほんのひとまわり大きいにすぎない。拡大
「718ボクスターT」の顔は、どこからどう見てもポルシェそのもの! きっと一般人は「911」と見分けがつかない。夜の首都高をポルシェのオープンモデルで流せるなんて、サイコーではないか!
「718ボクスターT」の顔は、どこからどう見てもポルシェそのもの! きっと一般人は「911」と見分けがつかない。夜の首都高をポルシェのオープンモデルで流せるなんて、サイコーではないか!拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ポルシェ 718ボクスター の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。