クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

FF系「クラウン」の登場はトヨタ車の生態系にどんな影響を与えるのか?

2022.09.21 デイリーコラム

クラウンの歴史が変わった

「FF系『クラウン』の登場は、トヨタ車の生態系にどんな影響を与えるのか? について述べよ」

webCG編集部も、ずいぶんと難しいお題を投げてきたものだ(笑)。ザッと状況を説明すると、先日発表された16代目の新型クラウン(のうち少なくとも最初に発売する「クロスオーバー」)は、脈々と受け継がれてきたエンジン縦置きの後輪駆動シャシーではなく、クラウンの歴史上初めてエンジンを横置きとするFF系プラットフォームでつくられた。これは確かに、クラウンの歴史を変える変革と言っていいのは間違いない。

ただし駆動方式はFFではなく全車とも後輪をモーターで駆動する電気式4WDなので、ニュアンスとしては「FRにこだわるBMWからFFベースの4WDとするアウディになった」くらいの感覚かもしれないけど。

新生「クラウン」の第1弾として2022年9月1日に発売された「クロスオーバー」。価格は435万〜640万円。
新生「クラウン」の第1弾として2022年9月1日に発売された「クロスオーバー」。価格は435万〜640万円。拡大
トヨタ クラウン の中古車

トップの大転換で何が起きるのか

編集担当者は「トヨタのモデルラインナップに大変革が起きるかもしれません。同じGA-Kプラットフォームを使う『カムリ』は割を食うのでしょうか。もしくは希少な後輪駆動のサルーンとして残る『ミライ』の躍進があるのでしょうか?」と鼻息が荒い。

だが、好き勝手に予想させてもらうと「あんまり影響ないんじゃないかなぁ?」というのが筆者の見立てだ。

だって考えてみてほしい。クラウンを買っている人は、FRプラットフォームだからあえてクラウンを買っているというのだろうか。いやそうではないだろう。クラウンという、トヨタブランドの頂点に立つセダンだから買っているわけであって「FFベースならカムリでもいいじゃん!」とはなりそうもない。

逆にカムリを買っている人も車体サイズと居住性と価格のバランスからカムリを選んでいるわけであって「クラウンがFFベースになった? じゃあ次はカムリをやめてクラウンにしよう」とはならないだろう。

同様に「よーし、クラウンがFFベースになっちゃたから後輪駆動のミライを買っちゃうぞー!」なんていう人もいそうにない。つまり、何も変わらないのである。

新しい「クラウン」と同じ「GA-K」プラットフォームを使う「カムリ」。パワートレインは2.5リッターハイブリッドのみの設定だが、FFだけでなくきちんと4WDも用意されている。
新しい「クラウン」と同じ「GA-K」プラットフォームを使う「カムリ」。パワートレインは2.5リッターハイブリッドのみの設定だが、FFだけでなくきちんと4WDも用意されている。拡大

きちんとセダンも残す周到ぶり

ただ、FFプラットフォーム化というよりは、コンベンショナルなセダン像からあまりにも離れた新型クラウンのスタイルに関しては受け入れられないと考える従来型クラウンオーナーも少なくないだろう。

しかしそれはトヨタだって織り込み済みで、だから新型はこれまで以上に海外に力を入れ、「(日本国内で販売減でも)グローバルでたくさん売れればいい」と狙っているのだ。クラウンのユーザー平均年齢はハイペースで高齢化が進み、それもあって需要もこれまでの路線を継承する限り先細りは否めなかった。そこで「ユーザー年齢層の上昇とともにクラウンブランドを消すわけにはいかない。だから世界に目を向けつつ若返りを図る」というのが、今回のフルモデルチェンジの狙いとみていい。

とはいえ、企業の役員車や公用車としてクラウンを指名するニーズも根強くあるのだから、そこはなんとかしないといけない。それをフォローする役割として用意されるのが今後登場する予定の「セダン」なのだろう。

筆者の気のせいでなければ、公開されたクラウン セダンの形は燃料電池車のミライによく似ている。シルエットだけでなくトランクリッドの仕切り線まで同じだ。燃料が水素なのかガソリンなのか、もしくは電気自動車なのかは分からないけれど、このクラウン セダンのプラットフォームはミライと同じ、つまり従来型クラウンや「レクサスLS」とも同じ「GA-L」と考えるのが自然だ。つまり後輪駆動である。どうしても後輪駆動でなければ、フォーマルなセダンでなければ……というユーザーはこれを選べばいい。

「クラウン セダン」と兄弟車になるかもしれない「トヨタ・ミライ」。パワートレインの使い分けですみ分けていくことになるのだろうか。
「クラウン セダン」と兄弟車になるかもしれない「トヨタ・ミライ」。パワートレインの使い分けですみ分けていくことになるのだろうか。拡大

駆動方式なんてささいなこと!?

「トヨタのモデルラインナップで選べるRWD車は『センチュリー』『ミライ』『スープラ』『GR86』そして『クラウン セダン』……ある意味で特殊なクルマばかりになります」と本コラムの編集担当はいうが、それはそれで結構なことではないかと思う。後輪駆動の希少性が高まるのは悪いことではない。「より特別なクルマ」としてキャラづけていけばいいのだから。

それにしても、クラウンがクロスオーバーSUV中心のラインナップとなる日が来るなんて夢にも思わなかった。

それに比べたら“いま振り返れば”ではあるが先日まで売っていた15代目が登場した際の「大胆な変化」なんて大したことがなかったし、実は「前輪駆動だ、後輪駆動だ」という議論も大して意味がないように思う。

だって、「BMW 3シリーズ」を選ぶ人も「メルセデス・ベンツCクラス」に乗る人も、大多数は「後輪駆動ベースだから」といって買っているわけではないでしょ?

(文=工藤貴宏/写真=トヨタ自動車/編集=藤沢 勝)

トヨタのFRサルーンには「センチュリー」もあるが、あくまでショーファードリブンであり、価格も飛び抜けて高い。
トヨタのFRサルーンには「センチュリー」もあるが、あくまでショーファードリブンであり、価格も飛び抜けて高い。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ クラウン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。